« ホーム »

平和は動揺や苦しみと同じ場所で見つかります

a0001_016949.jpg

「平和は心の中の動揺や苦しみと同じ場所で見つかります。それは森や、丘の頂上で見つかりませんし、先生によって与えられるものでもありません。あなたが苦しみを経験するその場所で、あなたが苦しむことからの解放もまた見つけることができるのです。苦しみから抜け出すためには、まさにそれの存在する所へ飛び込むことです。」
~ Ajahn Chah
(abiding-in-peaceを通して)
"Peace is within oneself to be found in the same place as agitation and suffering. It is not found in a forest or on a hilltop, nor is it given by a teacher. Where you experience suffering, you can also find freedom from suffering. Trying to run away from suffering is actually to run toward it."
- Ajahn Chah
(via abiding-in-peace)


要点はこういうことです。あなたの平和は苦しみと同じ場所にある。だから苦しみを避けようとして、その場所に近づくのを怖がるのではなく、まさにその場所にある心の平和を、そこに踏み入って取り戻すのです。

同じ場所にあるとは、別の表現をするならこういうことです。
あなたの苦しみとは、あなたの平和と同じ軸の上にあるのです。
その存在する軸上の位置によって、ある段階を超えると苦しみを感じ始めたり、逆に平和を取り戻せたと感じられるということです。

あなたはわざわざ苦しもうとして、そちらの方向に近づいたわけではないでしょう。
しかし、それをやりすぎてしまい、受け取る側の私にとっては、やすらぎから苦しみへと姿を変えたように思えるのです。ちょうど子供が遊びに夢中になり、無茶をやって、その結果痛い目にあった時、自分を楽しませてくれた、まさにそのスリルが、自分を痛めつける恐怖へと姿を変えるようにです。

たとえば、あなたが誰かの一言で傷ついたと感じた時、一時的にその人から離れるのはかまいませんが、何が起きたのかを知ろうとせずに、ただその人を避けたり怖がったりしても、解放される時はやってこないということです。

傷ついた私に何が起きたのか、その一言で私の何が軸を移動し、傷ついたと感じる側に振れてしまったのかを突き止めるのです。
その原理がわかれば、楽しさと苦しみは紙一重であり、正反対の別のものではなかったことが理解できます。今までほど怖いだけのものではなくなるでしょう。
今まであなたの守り神であったものが、今度はその防衛するやり方自体が自分を苦しめる原因に変わる可能性があるのです。
あなたが何かを当てにして依存し、それ以外を排除したために、その排除されたものから逆襲されるかのように、あなたは不安に陥ってしまうのです。

あなたを幸せに感じさせるものと、あなたを苦しめるものは、別々に関係なく存在するのではありません。同じものの裏返しが、そのどちらかの様相を見せ始めるのです。

逃げないで、その苦しさに只中に飛び込んで、それ自体が姿を変えてくれるのを待ちましょう。
一度経験すれば、次からはそれとわかるようになれるかもしれません。
突然見知らぬところからやってくる痛みではなく、あなたのおなじみの感情の別の側から見たものにすぎないとわかるようになるでしょう。
原因不明の腹痛が、食べ過ぎに過ぎなかったとわかるようなものです。痛みは残っていますが、あなたはどこか安心できるのです。


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX