« ホーム »

感情とは単なるエネルギー~素直に表現する人に憧れます

a0001_008193.jpg

感情とは感情にすぎないことを知ってください。それは単なるエネルギーです。
感情自体は、よくも悪くもありません。そのように判断を下すからそうなるだけのものです。

"Know that feeling is feeling, it is only energy; it is not good or bad. It is only judgment that makes it so."
- P'taah (via iam-youis)


例えば、良い感情ばかり続くのが幸福で、逆に悪い感情ばかり続くのが不幸だというように勘違いしていないでしょうか?
現実にはそのようなことはありません(その人が無理やりそうしない限り)。
悪い感情(あえてそう呼ぶなら)があるから、それと比較して良い感情も感じられるのです。
もし良い感情ばかり続いていたら、もっと良い感情が現れないかぎり、あなたは良い感情に巡り合わなくなることになるでしょう。比較して良くない感情が起こってくるから、それが過ぎ去った時いい気分にもなれるのです。
感情もまた、やってきては通り過ぎていくものです。

これに精神的な時間の要素が加わると、脚本というものが出来上がってきます。

UNTILLの脚本は、「私が~できるまでは、幸せになれない。だからそれまでは我慢します」ということになります。しかし、それまでの我慢の期間こそが、いまあなたがいるこの瞬間であり、それこそがあなたの人生そのものです。この脚本では、あなたはいつまでも、我慢する人生を最後まで過ごすことになるでしょう。なにしろ、毎日いまは我慢するときと言い聞かせて過ごしてしまうからです。

AFTERの脚本は、「私に~が起こったら、その後は今の幸せはなくなってしまうだろう」というものです。この脚本では、起こるかどうかもわからないことが、いつやってくるか怯えて暮らすことになります。このような脚本を描いたのは、誰かモデルになる人がいたのかもしれませんが、それが起こるまでの間も、ちっとも平和にはなれないで過ごすのです。

このような脚本は、自分から自由を奪ってしまう筋書きを自分で書いてしまったのです。
その筋書きに合わせて考えますから、定期的に自分を嫌な気分にさせないとならなくなります。
こんなにいい気分が続くわけがない、きっと何かが起きると考え、その思考が嫌な感情を引き起こすのです。

本来現れては過ぎ去っていく、という自然に変化するのが感情ですが、脚本のような思考パターンは、不自然にその人のおなじみの感情をリピートしてしまうのです。
「そして王子様と一緒に一生幸せに暮らしましたとさ」などということは起こりません。
そのようなイベントは、ありえません。何が起ころうと感情の免罪符などありません。良い感情も悪い感情も、あるいはその他の名前の無い感情も、たえず起こっては過ぎ去っていきます。

そのことを受け入れること。
そして、不自然な感情の繰り返しを引き起こすような思考、脚本を手放しましょう。
感情も風景と同じように、変化します。起きては過ぎていくのをただ見送りましょう。
それらに引きずられなければ、今というどの瞬間も、よくも悪くもない、なにも問題のない瞬間の繰り返しであることがわかるでしょう。
あなたの人生を送るということは、外側の出来事に依存して、ただそれへの反応を返すだけではありません。何も制限されない今という瞬間に「あなたがあなたである」とはどういうことかを差し出すことがあなたの存在そのものです。

他の人が、自分をどのように評価しているかが、絶えず気になる人がいます。
しかし、他の人達もまた、あなたと同じように気になっているのです。
実際にはあなたのことに判決を下すような余裕はありません。
自分らしくあるとはどういうことか、みんな自分自身でわかりかねているからです。

あなたを批判するように見えても、それはその人自身が自分を素直に表現できないのに苛立っているのです。あなたが自分と同じように、表現するのを躊躇しているのが、自分の苛立ちを刺激するからです。

ですから、むしろ、あなたにお手本を見せて欲しいのです。
あなたが脚本にも、感情にも振り回されないで、自然にあなたらしさを表してくれるのを見たいのです。それを見れば、自分も勇気を持てるからです。
あなたの素直な表現が本物だと感じられた時、それをとやかく言う人はいないのです。

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX