« ホーム »

立場を入れ替えてみる

あなたが誰かの行動に不満を感じている時、それがあなた自身の不満、問題であることをあらわしていないか考えてみましょう。

それには、その誰かさんとあなたを入れ替えて表現してみるのが、有効な手がかりを与えてくれます。

不満1


「時間は守らないといけない」

あのひとは、いつも時間に遅れてくる。
あのひとは、時間にルーズであってはいけない。

これを「わたし」に置き換えてみます。

「わたしは、時間にルーズであってはいけない。」

これを言う時、あなたはどのように感じるでしょうか?

多くの場合、あなたは自分が時間にルーズになることを恐れています。

わたしは、いつでも時間も守らないといけない。
わたしは、ひとを待たしてはいけない。

わたしは、いつもいつも、時間を一生懸命守っている。
だから誰であろうと、時間を厳守すべきである。

しかし、わたしはこんなことにうんざりしている。
時間になど縛られたくない。

こんな思いを発見するかも知れません。

急ぐロボット


「嘘をつくべきではない」

あのひとは、嘘をつくべきではない。

これを「わたし」に置き換えてみます。

「わたしは、嘘をつくべきではない。」

わたしは、嘘などついたことがないのに。
わたしは、過去に嘘をついたかも知れないが、ひとは嘘をつくべきではない。

わたしは、どんなときでも嘘をついてはいけない。
そんなことが、出来るでしょうか。

「あのひと」に入れ替えてみます。

あのひとは、どんなときでも嘘をついてはいけない。

どんな感じでしょう?



「注意深くチェックすべきだ」

あのひとは、もっと注意深くしなければならない。

これを「わたし」に置き換えてみます。

「わたしは、もっと注意深くしなければならない。」

わたしは、いつでも注意して、気を使っているのに、
他のひとは、ちっとも注意していないのが不満。

わたしは、いつでも、いつでも注意していなければならない。

わたしは、そんな自分にうんざりしている。

しかる親


「人を批判すべきではない」

あのひとは、人を批判すべきではない

これを「わたし」に置き換えてみます。

「わたしは、人を批判すべきではない。」

わたしは、どんなときでも、人を批判してはならない。
それは本当でしょうか?

わたしは、人を批判したい時もある。
あんな馬鹿な人を、何で批判してはいけないのか。

わたしは、いつでも批判してはいけないと考える時、苦痛を感じる。

相手に対する不満が、自分自身の抱えている問題であることに気づけば、 それは、消え去ります。

少なくとも現実的に、もっと穏やかに対処する方法を見つけることにつながるでしょう。
そのとき、同時に、もともとの相手に対する不満というのも感じなくなっているでしょう。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
他人の中に見る自分のこころ
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-35.html
他人の中に見る自分のこころ(2)
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-45.html
批判を恐れる心理
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-62.html

 

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人間関係
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

 そうですね。 

  心理学でいうところの投影、、、

  真理でいうところの?鏡像、、、、

このことに多くの人が気づき、自分のことととらえると、世の中はもっと平和になれますね。

自分にも、人にも思いやりをもって生きられたらいいですねe-420

Re: こんにちは

他の人になってみて演じてみる(ロールプレイング)の技法というのは、結構色々使えますね。

頭での理解よりも直接実感できるので、思っている以上に有効な方法だと思います。

まずは自分がスッキリすれば、相手の立場もありのまま見ることが出来るでしょうね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX