« ホーム »

心に開放を求めないでください、かえってこじらせることになります

70c109ad9236e9d9cda37c79e43d1be6_s.jpg

「閉じたハートに対して、もっと開いていなければならないとは、決して言わないでください;
それは、あなたの抵抗感を感じ取り、身を守るために、よりしっかりと閉まります。
状況が正当な時だけ、ハートは広がります; 開放を求めるあなたの要求は、閉鎖を招きます。
ハートの最高の知性がそうさせるのです。」
~ジェフ・フォスター(abiding-in-peaceより)

"Never tell a closed heart it must be more open; it will shut more tightly to protect itself, feeling your resistance. A heart unfurls only when conditions are right; your demand for openness invites closure. This is the supreme intelligence of the heart."
- Jeff Foster. (via abiding-in-peace)



心を開いているとはどういう状態でしょう。
これは、逆から考えるほうが、わかりやすいかもしれません。

閉ざされた心の状態が、共通して持つ特徴とは、何かとの闘いや防衛、そしてその元になる恐怖です。

心が閉ざすのは、受けとった内容が、自分への脅威であると感じるときです。
その気配を感じとっただけで、それ以上聞こうとはしなくなります。

そのような脅威を感じないでいられるためには、心が自由で平和であり、余裕を持てる必要があります。
そのためには、心が思考や思い込みに占領されていないことが必要なのです。

「心を開きましょう。それは良いことです」と教えられても、思考がそれを受け取ったのでは、うまくいかないでしょう。
同じ思考の働きが、それに対して警戒してしまうからです。

ごまかしではなく、本当に平和を信じられるためには、心が思考や言葉を介してではなく、自然な状態で、現実を受け入れられる必要があるのです。
そこには、強制も努力もあってはならないのです。

自分の思考を信じないで、現実をそのまま受け入れようと決めた時にだけ、他のどんな方法がだめなときでも、嘘のように変容することが出来るでしょう。

もともと、心は、思考以前には現実をありのままに受け入れていたからです。
現実をごまかして、それをそのまま受け入れなくても済むような、余計な入れ知恵を持っていなかったからです。

加工された心は、どんなに良い意図からなされた思考でも、副作用として抵抗すべき対象をつくりだすのです。

新しい思考で解決しようとはしないでください。
付け加えるのではなく、思考そのものを解き放ちましょう。

「それがなくても、何も問題はない」と心から信じられないと、それまでは真の平和は訪れません。

他の人の心を開かせようと思う時も同じことです。
「もっと心を開いてあなたを見せなさい」と言っただけで、相手が変われるようなら、その人は最初から開いていたのです。

相手を変えようと思わずに、あなたの方から心をひらいて見せなければなりません。
あなたが何も操作しようとしていないとわかった時、ようやく相手も心を開く気になるでしょう。

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX