« ホーム »

強迫観念的な考えは、どのようにムードに影響を及ぼしますか

tumblr_inline_nl2egyL8pC1szxb0t.jpg

強迫観念的な考えは、どのようにムードに影響を及ぼしますか

思考は、感情に先行します。 常に。 思考がなければ感情も起きません。 システムは、事実上電気化学的です。 あなたの神経系は、いくつかのレセプターを持っています。 これらのレセプターは、ロックされていてキーになる特定の形状の、特定の分子を受け入れます。 キーがロックに適合するたびに、電気衝撃は感情的な影響を生じる脳の特定地域に送られます。 それで、より多くのシステムのこれらの分子があるほど、より多くのロックに対するキーが存在し、その結果、感情的な反応は、より強力になるのです。

強迫観念的な考えは、循環する考えです。 すなわち、あなたはフィードバックのループに巻き込まれてしまうのです。 同じ反復的な考えは何度も何度も起こります、そして、それぞれの時にその感情と関連したキーの数を増します。 しばしば、この感情は、恐れまたは絶望です。 システムは圧倒されてしまいます、そして、あなたはパニック発作または自殺的な鬱病の発作を生じます。

それは、これらの脳化学物質の過度な飽和から、すべて起こります。 特定のドラッグは、これが起こるのを防ぎます。 その一つは、アルコールです。 短期的には、キーがロックに達しないように、アルコール類の効果の1つとしてレセプターをブロックすることによって、恐れに関するキーの数を減らしてロックに到達しないようにさせます。 そういうわけで、あなたは、あなたが酔っぱらっているときには、踊りだすことがあるのです、あるいは、バーの片隅で仕事のことを考え続けるラインバッカーを痛めつけることができるような気になるのです。

考えるのをやめて、感情をストップさせましょう。

How Obsessive Thinking Affects Mood

Thought precedes feeling. Always. No thought, no emotion. The system is electrochemical in nature. Your nervous system has a number of receptors. These receptors accept certain molecules with a particular shape like keys in a lock. Every time a key fits into a lock an electrical impulse is sent to particular areas of the brain which produce an emotional effect. So, the more of these molecules in the system the more keys in the locks and the more powerful the emotional response.

Obsessive thinking is circular thinking. That is to say you are caught up in a feedback loop. The same repetitive thought occurs again and again and each time adds to the number of keys associated with that emotion. Often this emotion is fear or despair. The system can become overwhelmed and then you have a panic attack or an attack of suicidal depression.

It all comes from oversaturation of these brain chemicals. Certain drugs will prevent this from happening. One is alcohol. In the short term one of alcohols effects is reducing the number of fear keys in the locks by blocking receptors so that the keys do not reach the lock. This is why you think you can dance when you are drunk or you think that you can beat up the linebacker minding his own business in a corner of the bar.

Stop the thought, stop the emotion.


これは脳の働きを説明する一つのモデルですが、注目すべきなのは、思考を成り立たせる仕組みに伴って、感情が起きてくるということです。
そして、強迫的な思考とは、循環するフィードバックが作り出す連続した思考なのです。
恐れや絶望といった感情が、このようなループを引き起こしたままだと、パニック発作や鬱病的な自殺願望を引き起こすことにもなるのです。

薬物がこのループを鈍らせることは出来ますが、根本的な解決にはなりません。
まずは思考の循環に入り込むのを防ぐことです。そうすれば感情が起きることも防ぐことが出来ます。

思考をストップすることを自分のものにするには、まず最初に、自分が思考に入り込んでいる時と、いまここの現実との接触をとれている時とを区別できるようにしましょう。
その練習によって、たとえ一時的に思考に入り込みそうになっても、それに気がついて流れをストップさせることもできるようになります。
ストップしたら、すかさず、いまここの現実との接点を取り戻し、特定の伝達物質の流れを止めてしまうのです。
感情そのものを止めることが難しいのは経験上お分かりでしょう。感情を無視したりやめようと思っても失敗します。むしろ止めないで自由にさせておきましょう。
そして、その元になる思考の循環をストップするのです。

私達にできるのは、いつもの問題を引き起こしそうな思考に気づき、入り込むのをやめて、現実との接触に切り替えるということです。

そして、信念や思い込みといったものは、特定の思考の循環の引き金になりやすいので、それらを手放すことです。その都度現実を見ながら、新たに考えることにすれば、信念がいかに古ぼけた思考パターンに過ぎないかがわかるでしょう。過去にそれでうまくいったから、いつでもそれを使おうとすることに無理があることはお分かりになるでしょう。

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX