« ホーム »

自分から離れる勇気があれば・・・

a0002_006753_m.jpg

自由とは、失う経験ができる能力である、そうしても本当には失ってはいないのだ。
Freedom is the ability to experience being lost, though you are truly never lost.

http://www.returningtowhatis.org/thoughts/2015/06/04/being-lost


「何かから自由になる」という時、私たちはそれから逃れるために闘おうとします。
逃れたい、もうそれを、あるいは誰かを見たくないと思ってもがくとき、私たちは実際にはその対象のことを、そのつど考えることになるのです。
ですから、逃げようとしているのに、追いかけてくるように思ってしまうのです。

では、「何かに捕まらないように、最初から近づかないようにしよう」という考えはどうでしょうか?
捕まることはないかもしれませんが、それでは自由に経験することもできなくなってしまいます。

実は、「出会う前に避けてしまう」というやり方は、別の意味で私たちが使ってきているやり方です。
例えば、参加したくない集まりには、最初からいけなくなる理由を作り上げます。
その人と正面から対決したくないと思うとき、先手を打って自分が相手とまともに競えないような状態に自分を追い込む人もいます。他の人も「そういうことならしかたないね」と思ってもらえるように、例えば、怪我や病気になるなど、自分から対決できない状態にしてしまうのです。

これも問題だらけだとすれば、他に方法はあるでしょうか?
それは、「出来事が終わったら、さっさと自分から離れる」ことです。

その結果が良くても悪くても、私たちはそこにグズグズいすわろうとしてしまいます。
良い結果だった時は、その余韻に浸っていたいのかもしれません。あるいはもっとその楽しみを持続させたいと思うのかもしれません。
不思議なことに、悪い結果に終わった時にも、私たちはいつまでも引きずってしまうのです。
それを思い起こしては、自分を責めるか、相手を責めるかしてみたり、奇跡的に事態が好転しないだろうかと思って、グズグズしているのかもしれません。

この逆をやるのです。「宴もたけなわですが、私は帰りましょう」という気持ちで、その件から、あるいはその人達から離れるのです。
いつまでもぬるま湯につかっていないで、思い切ってそこを飛び出しましょう。
そして次に自分を迎えてくれる経験に飛び込みましょう。
自由に動ける人を見ていれば、その人はいつまでもグズグズとどまっていないことに気づきませんか?そういう人は忙しい人なんだと思ってしまうかもしれませんが、それだけではないはずです。

グズグズするのが良くないのは、時間泥棒だからではありません。変化すること、自然な流れを拒否することが、執着を作り出すことになるのが問題なのです。
いつまでもい座っていないで、他の人に席を譲りましょう。あなたには次のイベントが待っているのです。

あなたはもう何かに捕まってしまうことはなくなるでしょう。逃げたいのに抜けられないのは、あなたがいつまでもそこにいたい気があったからです。
いつまでも続く宴も、いつまでもまとわりつく憂鬱もありません。
すべてはあなたの引き際次第なのです。それを身につければ、失うことも怖くなくなるでしょう。


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX