« ホーム »

自由になろうと考えることから自由になろう

phm20_0383-s.jpg


『私は頭のなかの思考ではありません。実際思考は私とは関係ありません。このことを知って、私は自由であろうとすることから自由になります。』

"I am not the thoughts in my head. In fact, they have nothing to do with me. Knowing this, I am free to be free."
http://motherofhermes.tumblr.com/post/118111101742/free-to-be-free

私達は、私の考えることのとおりに、動かされているようなものです。
次から次へと問題を作り出し、それを解決しなさいと言われて、動かされている思考の奴隷こそが、いまの「私」だと思っているのです。

今この文章を読んでいるあなたは、PCやスマホやタブレットを通じて文章をご覧になっていると思います。
パソコンも、もともとは私達の道具として作られました。
しかし使ってみると、決して私達の自由にできるものではないとわかってくるでしょう。

私は、ただ文章を書きたいだけなのに、パソコンの電源を入れると、なんだかんだと命令されます。
「エラーが発生しました」だの「新しい更新が利用できます。・・・してください。」だのと命令され、早く文章を書かせろと思っても、何かの私達のあずかり知らぬことで待たされるのです。

「私はもう今のままの機能で満足です。何も更新しません。」と突っぱねようとします。
しかし、絶えず新しい誘いを無視しなければならないでしょう。「更新しないと、私達はもう何も保証しませんよ」と脅しをかけられます。

パソコンのメーカーだけでなく、社会の仕組みも私達を強制してきます。
「これについては、ワードの文書にして提出してください。」「え~~手描きじゃダメなんですか?」
「すいません。そういう決まりなのでご理解ください。」

あなたがパソコンやソフトをある時点で凍結して、これ以上何も更新しないと頑張っても、ネットワークから勝手に更新をかけられたり、あるいは誰ともやりとりが出来ないようなはめに陥るでしょう。そして、マシンの方も寿命が来てしまいます。

さて、パソコンの話はそこまでにして、話を戻しましょう。
実は私達自身も、先ほど言ったように、自分の思考の奴隷になってしまっているのです。
それは思考こそが私自身だと信じこむようになってしまったからです。
思考の命令は、私の自由意志なのだと思っているのです。
しかし思考とは、今までのあなたの経験の寄せ集めを、なんとか筋書きをもたせているものに過ぎません。
今思いついたことだと思っても、本当かどうかは怪しいのです。

自由であろうと考えることすら、自由なんかではありません。
それはあなたが、どこかで自由とはこういうものだと教えこまれたことを実行しようとしているだけです。
ほんとうの自由とは、何も考えずに、いまここで起こっていることに反応し、行動できるということです。
そのとき、思考は道具としてしか使われません。あなたに対して思考が命令することはないのです。

パソコンがやりたいことだけに使える時、自由であるように、あなたの思考も、必要なときだけの道具であるべきです。
道具である思考に、主人である私が命令され、使われていてはいけないのです。
あなたが自然に感じると思っている、怒りや、悲しみや、嫉妬や、恨みの感情も、たいていは思考が作り出し、密かにあなたに送り込んだものなのです。

それらの煩わせる思考や感情が、全部なくても構わないものだったとわかったら、あなたはいまここで何をしようとするでしょう。
「自由にしていいよと言われたら、何をしていいのかわからない」と思うなら、あなたはまだ新しい思考で、何をすべきか考えようとしているのです。今までそうだったように、指針を示されないと何もできないのです。
「わからなくてもいい」自動的な反応こそが、自由なのです。

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX