« ホーム »

怖いのは現実ですか?解釈ですか?

a0001_016474.jpg


「明日はいい天気になってほしい。」

こんな単純な願いにも、現実と私達の関わり方が現れています。
明日の天気には、私達は何も関われないことを十分承知しています。
今日は晴れていても、明日の天気はどうなるかわかりません。

私達が言いたいのは、「明日はようやく休みがとれて、家族でお出かけの日だ。いい天気になってくれないと困るのだ。そう、明日はいい天気に決まっている。」という希望なのです。

「~はこうあるべきだ」だから「~できるに決っている」という具合に、最初は期待に過ぎなかったことも、だんだん自分の現実認識と期待との区別がつかなくなってきます。

そして「~になるはずだったのに、どうして現実は私を裏切るんだ!」「現実は厳しい。私の味方をしてくれない。」と嘆くようになります。

つまり私達は、この時点で現実そのものよりも、現実への願いで書き上げたストーリーの中で生きようとしているのです。

しかし、「もともと現実とは私の願いとは関係なく、現実そのものの流れで変化するもの」という認識がはっきりあれば、どうでしょう?
「ああ、雨になってしまったか!」と一瞬がっかりするかもしれませんが、それで終わりです。「雨だから室内の施設に出かけようか」とか、次の考えにスムーズに移行できます。

お天気を恨むくらいならまだいいのですが、あなたの期待の積み重ねが、だんだん現実の流れとは関係なく独自のストーリーを築いていってしまうと、もっと深刻な問題が起きてきます。

現実とは、意地悪で、気まぐれで、私が困ることばかり起きてくる世界だ。
「うかうかしていると困ったことになる、油断のならない世界だ。」と思う様になってしまうのです。

油断のならない、何が起きるかわからない世界は怖い。だから私は、自分のストーリーに逃げ込みます。
「私のストーリーは、いつも私を裏切らない。思ったとおりになる。」だからいつもこの中にいようと・・・。

しかし、私の作り上げたストーリーですから、私を裏切らないのは当たり前です。
もし気に入らないことがあれば、ストーリーを書き換えてしまえばいいわけですから。

実は私達が現実が怖くなるのは、「現実とは袂を分かった私のストーリの中で生きようとするからです。」

現実とちらっと見たあと、「これは怖そうだ。こんな時私のストーリーではこうすることにしている。」というルールで現実にフィルターを掛けて、ストーリーに逃げ込むわけです。

あなたが逃げ足が速いほど、現実は恐怖に姿を変えてあなたを追いかけてきます。

あなたが逃げるから、恐怖に見えるものが現れて来るのです。
言い換えれば、あなたが用意した逃げ道があるときだけ、恐怖は存在します。

もともと現実は怖いものではありません。
あなたの望みと一致しようと、期待はずれであろうと、時には怖いことが起ころうと、現実は現実の起きるように起きます。
あなたの願いだけかなえてという裏取引などできないのです。

逃げ道はないと覚悟を決めれば、あなたは現実を受け入れられます。
現実は、あなたの感情ほど気まぐれではありません。
現実に関わろうとする、あなたの姿勢通りに応えるだけなのです。

あなたがストーリーなど投げ捨てて(この時点であなたはすごく自由になったのを感じるでしょう)、
そこに逃げ道など作らなければ、怖れからも開放されるのです。

怖さから逃げるためにと、あなたが作り上げたストーリーは、皮肉にもあなたに恐怖を見せる元凶になってしまうのです。

現実はただ現実です。怖いものではありません。逃げ道があるときだけ恐怖が存在するのです。

今度怖くなったら、ストーリーを探って逃げ道を求めている自分がいないか探してみましょう。
それを見つけたら、その可能性を有無を言わせず捨てましょう。


すべてに立ち向かえと言っているのではありません。無謀さは恐怖の裏返しです。
あなたが用意したもの「ではない」逃げ道があるのなら、そちらを選べばいいのです。

いつまでも繰り返し襲ってくる恐怖とは、あなたのストーリーの中に原因があるのです。
現実であれば、同じことが繰り返し起こるはずはありません。
あなたがストーリーを読みなおそうとするから、恐怖が蘇ってくるだけなのです。

現実とは、あなたの自分勝手な期待など持たずに、見せてくれる変化をただ楽しむところです。
そのように付き合うとき、あなたは重い荷物がようやく下ろせている自分に気がつくでしょう。
いつも気を張っていた自分を解放し、ようやく現実そのものと、つきあえるようになったのです。

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX