« ホーム »

あなたが正しいと思っていることを他の人にも望むなら

11139004_10152885577164150_8243325988110520128_n.png

もしあなたが正しいと思っていることをするように、他の人にも望むなら、
かれらもまた自分が正しいと思っていることをやっているのだということに気づいてください。
そうでないと困ったことになるでしょう。
~バイロン・ケイティ

"If you want people to do what'right, notice that they're doing what's right.
Or suffer." - Byron Katie

https://www.facebook.com/theworkofbyronkatie/photos/a.10150536570889150.372583.93319279149/10152885577164150/?type=1&theater



わたしたちは、自分がやっていることが絶対正しいと思いたがります。
その絶対の正しさは、唯一無二の正しさであり、他に正しいものがあってはならないと思いだしたとき問題が起こり始めます。

わたしたちは、他の人も同じ考えを持ってくれることで安心します。
「この考えはいいみたいだから、あなたもやってみたら」と誘ってみるくらいならいいのですが、押し付けたくなるとき、そこで何が起こっているかを理解しておく必要があります。

あなたのすばらしいと思う考えを、受け入れようとしない相手が悪いのでしょうか?
そうではなく、あなたがなぜ自分の正しさを強要したくなるかを、知る必要があるのです。
それはあなたのエゴが、この考えが正しくないと困ることがあったり、他の考え方が自分のエゴの脅威となると感じてしまうのかもしれません。
そのことで、あなたは他者の考えが間違いだと攻撃したくなってくるのです。

エゴは、「それが相手のためにもなるから、自分の正しさを主張している」と言い張るかもしれませんが、それがどちらが正しいかの争いになっているなら、もはや正しさは置き去りにされているのです。

自分に関係のない「正しさ争い」が、いかにばかばかしいものに見えるか、あなたも経験があるでしょう。

「自分が正しい」という感覚は、よほど客観的な根拠がない限り、心理的な自己防衛のための争いの火種になってしまうのです。

その正しさは、
「あなたがそれにかかわっていなくても正しいことなのか?」
それとも、
「あなたを抜きにしたらどちらでも良くなってしまう正しさなのか?」
という問いかけが、あなたのエゴの存在を見破ってくれるでしょう。

そしてもう一つ、あなたと同じ考えの人がいてくれると、うれしいと思うかもしれませんが、それはあなたの思い込みでしかありません。
言葉の上では一致したとしても、あなたの正しさと相手の正しさは、異なるものです。
むしろまったく一致するという方が、不思議なことです。

あなたは相手の考えを変える必要などないのです。
それは、相手がかかわる領域です。あなたの仕事ではありません。

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。
私は私。あなたはあなた。
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。


「ゲシュタルトの祈り」より

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
9位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX