« ホーム »

私はかつて『良い』人であることは寛容なことを意味すると思っていました~Me

a0001_008160.jpg

~人生を変える「いいね!」セッションさんがMeさんの投稿をシェアしました。
(Me - I once believed that to be a 'good' person meant being...

私はかつて『良い』人であることは寛容なことを意味すると思っていました。そして、適応できて、決して動揺を引き起こさないことだと。

実は、これはしばしば、私が自分自身に最も深い不親切さを見せたやり方でした。
しばしば『良い』人であるイメージを支えるために費やしたものは、私自身の真実への拒絶を含みます、そして、その整合性は殉教の影へ追いやられます。

他人への真実を守って、私自身のものを否定することは、両方の偽装です。 愛に基づく真実は必ずしも同意されないかもしれないし、受け入れられないかもしれません。

しかし、私自身のハートの真実を拒絶することは私がこれまでに苦しんだ中の最も大きな裏切りです、そして、それは『他人』が引き起こすことはありえません。

私は私が拒否を避けて、誰かに受け入れられたのを感じるので、それが私を『良い』人にすると思っているかもしれません、しかし、彼らが私から受け入れたすべてはうそです。

自分自身に対する心からの愛情と尊敬の場所から私自身の真実を受け入れて、その名誉を守ろうとするなら、私は本来の力を持ちます。

この種の誠実さは害を与えることはありません、間違ったものが埋葬されるとき、涙は落ちるかもしれません、

しかし、そこに残るものは決して失われることができない贈り物、
私自身の魂の美しさ、強さと明快さなのです。

Me

I once believed that to be a 'good' person meant being tolerant, accommodating and never causing upset. In truth, this is often how I have shown myself the deepest unkindness. The cost of upholding the image of being a 'good' person often involves the rejection of my own truth and integrity is banished to the shadows of martyrdom. To uphold an other's truth and deny my own is a deception of both. A loving truth may not always be agreed with, or accepted, but to reject the truth of my own heart is the greatest betrayal I will ever suffer and no 'other' can cause it. I may believe it makes me a 'good' person because I have avoided rejection and feel I have gained someone's acceptance, but all they have accepted in me is a lie. When I begin to accept and honour my own truth from a place of deep love and respect for myself, I hold my own power. This kind of honesty can do no harm, tears may fall as the false is laid to rest, but what remains is a gift that can never be lost; the beauty, strength and clarity of my own soul.
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 自己探求
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX