« ホーム »

与えるものが受け取るもの~その機能不全の原因とは

YouTubeの動画はこちらから
エックハルト・トール~「与えるものが受け取るもの」 - YouTube


エックハルト・トールさんの動画はYouTubeでもたくさん紹介されていますが、この動画はそんな中でも日本語のナレーションと癒される映像で出来上がっていますので、気が向いたら見直してみるといいでしょう。

「与えるものが受け取るもの」というテーマ、私たちが普段から受け取ることにばかり目が向き、自分が与えているかどうかについては、あまり考えなかったり、自分には与えるものなどないと思っている。

さてそこで、そもそも考えるべきなのは、何を与え、何を受け取りたいと思っているかではないでしょうか。

あれが手に入ったら、これを差し出してくれる人がいたら、私は幸せになれるのに、と考えているその対象とは何で、それが欲しいと思うようになった経緯はどこから来ているのかを、あまり考えようとしていません。

老子の言葉に『知足者富 足りることを知るものは豊かである』というのがあります。

「足りることを知る」などと言うと、すぐに禁欲的であるとか、清貧のようなことに飛びついて考えそうになります。
しかし、その時「何が足りる」と思っているのか、そこを考えてみることも必要ではないでしょうか。

先ほどのように、「あれが手に入ったら、これを差し出してくれる人がいたら、私は幸せ」という考えの時、欲しいものとは、エゴが要求してくるもの、思考が作り出した「欲しがるべきもの」と言えるのではないでしょうか。

あなたが社会の中で生きて行くうちに、「私が欲しがるべきもの」とは何であり、あるいは一般に人が欲しいと思うものはこういうものということを、その社会、その時代ですり込まれてしまいます。

まさにその刷り込みで、それこそが自分自身の本当の望みのように思
い込んでしまうことが、実際簡単に起きているのです。

それは、社会のシステムが、それに従った方が楽に生きられるように誘導どうしているとも言えます。

たとえば、あなたがサラリーマンであれば、会社の目指すことに沿って行動する方が、昇進するなどのメリットもあるし、居心地もいい。
あえて、自分の考えは違うなどと反旗を翻すのは、リスクや抵抗ばかり大きく見えて、賢い判断ではないと思ってしまうのです。

いつの間にか、あなたが考えるべきは、いかにシステムに沿って自分
の能力を発揮できるかに乗っ取られていきます。
その代償として自分の「力を持たない」欲求などは、奥の方に押しやられて、いつのまにか思い出すことに罪悪感を感じるようになってしまいます。

話を元に戻すと、老子の「知足」とは、このような思考の作り出した要求に見切りをつけることだと考えてみるとどうなるでしょうか。
そうすれば、それは、あなたを全面的に押さえつけることではなく、思考の作り出すあなたから離れて、本来の自分を取り戻すことを意味していると考えることも出来ます。

実際エゴの作り出す要求に振り回されることから解放され、自分の中からのささやきを、もっと力強い声に高めていけば、あなたは変わります。
あなたはむなしい要求を振り回して、「与えて欲しい」「与える人が現れて欲しい」と叫んでいることもなくなるでしょう。

エゴの重要な役割の一つは、あなたに不足しているものを、何とかして手に入れることであり、寝ても覚めてもそれを忠実に実行しようとします。
それはもともとは必要だったけれど、いつのまにかあなたの思い込みによる目的のための目的になってしまうのです。

そのような要求をいったん脇に置き、もう十分役割は果たしたと思えるとき、あなたが本当は、そんなにいろいろなものを求めてはいなかったことに気がつくでしょう。

あなたが欲しがるものの多くは、それがないと大変だという思い込みから来る恐怖に根ざしています。
その恐れさえリセットして考えれば、欲しいものは全く様変わりしてしまうでしょう。

あなたは自分には、人に与えられるような大したものはないと考えている。
しかしその考えも、あなたの今まで「欲しがるべき」ものを裏返して考えているからです。
あなたが本来持ち合わせているものとは、だんだん関係が無くなってしまったのです。

その結果、あなたは本来自分が持ち合わせている、他の人への影響力や魅力といったものがあったことを、忘れてしまっているのです。
他の人が欲しがるような特別な能力ばかりに目がいっているのです。

あなたがそこにいるだけで、ほっとしている誰かが、そこにはいるということ。
自分では役に立たないと思っている、あなた独自の考えが、他の人には貴重なものであるということ。
そういったことに気づかないまま、自分には与えるほどのものも、その資格もないと何となく思い込んでいるのです。

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

なぜでしょう?

与えるものが受け取るもの、よく言われます。動画の中で試してみましょうと言うことを、もう数年やっています。人をほめ賞賛してきました。それは、相手に対して 素直に心から そう思えるからです。でも、相手からはそのように扱われていると思えないのです。これはなぜでしょう。

Re: なぜでしょう?

> 与えるものが受け取るもの、よく言われます。動画の中で試してみましょうと言うことを、もう数年やっています。人をほめ賞賛してきました。それは、相手に対して 素直に心から そう思えるからです。でも、相手からはそのように扱われていると思えないのです。これはなぜでしょう。

こちらの回答をご覧ください。

『行きづまりと義務感』 タオに生きる
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-1406.html#cm
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX