« ホーム »

何も拒んではならない

Honeyview_m020639.jpg


「私」がなければ
あなたは自由だ
「私」があるとき
あなたは束縛されている

このことを見極めなさい
それはたやすい

何にもしがみついてはならない
何も拒んではならない

アシュターヴァクラ・ギーター



私たちが慣れ親しんでいる考え方のひとつ。

「その時がくればよくなる。だからそれまでは我慢しなさい。」

というものです。

それは、幼い頃から叩き込まれる。

最初に出くわすのは、学校かもしれない。

卒業すれば、新しい世界が待っている。それまでは我慢してがんばりましょう、となだめられる。

3年間がんばれば、自由な世界が待っているかのように、匂わせる説得を信じ、卒業までがんばったのに、その後に待っている世界は、今までと一向に変わってはいない。

それどころか、徐々に社会に組み入れられて、束縛は増えてきているようにも感じてしまう。

学生時代は、自分で判断したり、それをやめたりする力は持てないかもしれない。

しかし、今ならそれを打ち破ることもできるでしょう。

今の自分が自由でないなら、あるときまで我慢すれば、それができるようになる、自由になれるというのは、ごまかしでしかない。

今が自由でないなら、いつまで待っても自由にはなれない。

今が束縛を感じないでいられるなら、これから先も自由でいられる。

そうでないなら、いつまで待っても変わることはない。外側から自由が与えられることはないのです。


「何にもしがみついてはならない」


その時がくればよくなるという発想につきものなのは、「成果」というゴールです。

それまでは、ゴールをめざして、それの邪魔になるものは排除しなさい。

暗黙のうちに、そう教えられていることになる。

その排除を続けていること自体、もはや自由ではないことに気がつかなければならない。

ゴールに到達すれば自由になれるなんていうのは、大嘘なのです。

今現在、自ら自由を放棄して束縛を課している自分がいるのに、その路線上の自分があるとき突然、違う自分に慣れるはずはありません。

表面上のゴールにたどり着いても、卒業しても何も変わらなかったのと同じで、新しい世界など待ってはいないのです。

同じような錯覚は、今いる環境から、別の環境や、別の場所や、別の人間関係やらに移れば、自分も突然別の人間に変われるというものです。

今の人間関係が、束縛や障害だらけなら、それを受け取る自分を変えなければ、どこに移っても、同じような人たちが現れるのは当然なのです。

しがみついているのは、「今の自分」のやり方や信念なのです。

それはしがみつくほど、断ち切ることが難しくなります。

こんなにがんばって、こんなに尽くしてきたのに、それが間違いだなんてとても信じられない。

今までやってきたことが、間違っていたと認めるなど、とてもできない信じがたいことになっていくのです。

しがみついていることを見極めることと平行して、それを阻止してくれるきっかけは、起きてくることをそのまま受け入れてもいいと思える余裕です。


「何も拒んではならない」


現実を拒まないとき、ようやく今までしがみついていたものが、「私」だったことに気がつきます。

すべては、「私」のやり方、「私」の信じるもの、「私」が受け入れるもので構成されてきたことに気がつきます。

そして、「私」が受け入れがたいものは、排除すべき敵だったのです。

無意識のうちに拒んでしまうのはだれか?

それこそが「私」であり、現実とは異なるものだったのです。

私にこだわるほど、「私」から見える世界は、必然的に拒みたいいやなものにあふれてくるようになります。

受け入れがたいできごと、いやな社会、どうしてこんな人が世の中にいるの?という思いは、あなたの「私」しだいで、いくらでも醜悪なものにもなる。

しかし、そんな「私」にこだわるのをやめて、拒むことをやめるにしたがって、世界は快適なものに変わります。

まさに「世界はわたしのためにあるみたい」と思うこともできます。

「私」に従うのではなく、あなたが世界と一体になることを受け入れたのですから、当然の成り行きで、束縛する相手も居なくなるわけです。

敵対する相手も、「私」がいなければ成り立ちません。

あなたが絶えず抵抗しようとしてきた相手こそ、「私」の中に存在し続けていたのです。

あなたの敵も、あなたにとって不愉快な人や社会も、すべては「私」が作り出してきたものなのです。


「私」がなければ
あなたは自由だ

「私」があるとき
あなたは束縛されている

このことを見極めなさい
それはたやすい
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
15位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX