« ホーム »

退屈・不満・落ち込み(redux)

a0001_016465.jpg


退屈だと感じるとき、そこには本当はもっとやりたいことがあると訴えている自分がいるのでしょう。

やりたいことがあるのに、現実はそうでないことをやらされていると感じるから、それは退屈でしかない。

しかし、それを放棄して、本当にやりたいことへ踏み出すのは恐い。

このジレンマが、退屈でも今のままを我慢するしかないと思わせる。

しかし、見方を変えれば、退屈は他にやりたいことがあると告げている警告だと考えることが出来ます。

結果どうなるかわからなくても、いい加減そこから一歩踏み出そうと決心すれば自由が待っています。

それは恐いけれど、どうやっても出来ないと言うものではない。

思いっきり退屈を極めてみれば、そこから抜け出す踏ん切りが付くかもしれない。

もし誰かが、その考えは正しい、やってみれば必ずうまくいくと応援してくれるなら、

それを実行するだろうと思えるなら、やはり今いったことが当たっているということでしょう。

そういってくれる人が、現れそうにもないのなら、その許可を自分で出すしかないのです。

人を巻き込んだら、うまくいかないと他人のせいにして事態を複雑にしてしまう。

一番いいのは、自分で許可を与えること。



不満は、自分が遣ったことが自分の基準に合っていなかったといって、自分を責めようとしている状態。

自分が決めた成果にたどり着かなかったら、無駄に過ごしたせいだと思い不満を感じる。

もっとうまくできたはずだと、果てしない改善を求める指令が出される。

基準に達したら、その瞬間に次の目標が登場する。

終わりはいつまでも来ない、果てしない要求のシャワー。

不満は消えることがない。

無駄だったと感じないために、いつもどこかへ向かっている自分を確認したい。

目標がないと不安になり、他の人にまで目標がないことも責めたくなる。

自分への要求が、相手に投射されて相手を責めるのは、要求を出す相手が自分であることを隠したいから。

だから、自分にないものほど、相手にそれを持つべきだと唱えたくなる。

これも、退屈と同じように、惰性で不安から来た縛りの中に住むのを拒否するしかない。

それを自分で選択する。他の人には言わせずに、自分で断行する。

今の課題を本当にやりたいのか問い直し、もしそうでないとわかったら無駄だと思ってやらずにいたことに切り替えて見る。

そうすれば、不満は消えて本当は今までが無駄をやっていたのだと感じる様になるでしょう。

どうしてもやらないといけない事など、もともと何も有りはしないのです。



ちょっとしたことでも落ち込みを感じるとき、あるべきことを満たせなかった自分を責めている。

それは「あるべきこと」であって「あるがまま」ではない。

「あるべきこと」が、当たり前の自然な真実であると勘違いしているのです。

「あるべきこと」は過去のどこかで作られた、今あるものに合っているかどうかは目をそらしてしまう。

そのずれが大きいときの違和感を無視しないで、大切にしたい。

落ち込みは、過去によってしか作られない。

いつだって「あるべきこと」は書き換えられる可能性がある。

一見過去に縛られていないと思わせるが、それが気分をやんわりと滅入らせるなら、いまあるものを本当に見ることで取り戻したい。

気分を手がかりに、いま自分がどこにいるかを振り返れば、いつまでも引きずられることをストップできる。

いま目の前に見ている巨大に見えるひとは、あなたの過去が作り上げた幻想にすぎない。

複数のひとが同じ意見を持っていると思うのは、あなたの過去が作り上げた幻想にすぎない。

いまに照らしてみれば、ひとりひとりは正当な大きさにしか見えないことがわかる。

手がかりにしているものを、別のものに変えてみよう。
言葉にとらわれているのなら、話している相手をよく見てみよう。
相手も同じく過去に縛られているのが見えて来る。

いまできることを完璧なものにしようなどと考えないこと。

いつでも本番、練習ではない代わりに、いつだって練習のつもりで望むことは出来る。

いまやっていることが、いまできる最善のことだと信じればいい。
実際その通りなのだから。

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

私は
昔から 結婚して子どもが欲しかった。
今は それが叶って満足。
子どもは可愛いし
彼は いまどき珍しいくらいの素朴でやさしい人柄です。
仕事が忙しすぎて
滅多にゆっくりできないけれども
それでも会うと安心感があります。
ほんとは
夢は現在 すべて叶っているんです。
無理して これ以上望んだり 何かしたいとは思いません。
今の暮らし これからの暮らし 手放したくありません。
これが 私らしい人生なので。
これ以上は 何もしたくないです。

私ね
どうしてこんなに結婚したい 結婚したいって思ってきたのかって考えたら やっぱり寂しいからなんですけど。 どこに行っても自分の居場所だって思えるところはなかったと思う。
このたび
妊娠して
赤ちゃんはもちろんそうだけど
彼も今まで 私を必要としてくれていた
きっと 彼も子どもが欲しいからって 焦っていたと思う。
それでも結果的に良かったと思う。
田舎の男性と シンプルに気をつかわずにのんびりと暮らすのもよいと数年前から感じていたんです。 世間で言われている幸せよりも
私の幸せのほうが合っていますから。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX