« ホーム »

頭にくる相手に対処するために~いつでも動じない自分を見つけましょう(2)

a0002_006976.jpg

まぐまぐ!「タオに生きる」第11号(シリーズ)より

「いつでも動じない自分を見つけましょう」というテーマで、
具体的には頭にくる人とどう対処していくのか、あるいはどんな自分になればいいのか?

そういったテーマでしばらく書いてみようと思います。

さて、それではどんな自分になればいいのか?ということですが、結論をまとめたビデオを作成したので、
まずは御覧ください。

2014-07-06_061415.png
YouTube「人間関係の悩み1:言い返してやりたいと思う時」

すぐにご覧になれない方のために、文章のほうで進めていきます。

言い返したいと思うのは、いつも攻撃を受けた後だという事実に気がつくこと。

だからいつも、タイミングを逃すのは当たり前なのだ。



「いや、毎回あらかじめ準備して、今度こそ言いなりにはならないと決心してやっているけれど、なぜかうまくいかないんだ。」

と言われるかもしれません。

しかし、あなたと、あなたを攻撃しようする人とは、もともと、「被害者」と「迫害者」の役割を演じるのにピッタリの相性なのです。

相手からはあなたの作戦など、手に取るようにわかる。
なにしろ、相手はもともとそれに長けていて、いつもそれを使っている人なのですから。

いつのまにか、あなたの作戦は功を奏さないまま、相手のペースに巻き込まれてしまうので、最後にはあなたは悔しい思いをすることになります。


最初から攻撃を受けない自分になることだ。

柔道のように攻撃から素晴らしい反撃を見せようと思っているが、これがいつも悔しいまま終わってしまう悪循環を作っている。



今度こそ反撃してやると思っていても、あなたの作戦など赤子の手をひねるようにかわされてしまうでしょう。

何しろ相手は「迫害者」を演じることに長けていて、一方であなたは「被害者」を演じるベテランなのです。

「被害者」は最後には負けて悔しい思いをする。
それが「被害者」ゲームの筋書きなのです。

あなたは最後には負けるゲームをやっている。
負けて終わらないと意味が無いゲームだからです。

言い換えれば、いつも攻撃されるのが普通の自分で歩いているからいけない。

もう一方の、誰にも文句は言わせない自分で、いつもいようと決心すればいい。

そうすれば、あなたに隙はなくなる。



あなたが「被害者」ゲームを演じ続ける限り、いつもあなたをいじめてくる「迫害者」があなたのまわりに登場してきます。

あなたが、もうゲームはやめだ。本心から被害者になって、惨めな自分を演じることに飽き飽きした。

これからは、自分のほんとうの望みを追求する。それには被害者でいる必要はないのだと気づけば、事態は一気に解決するでしょう。


必要ならば、最初は何を言われたらどう返すか、必要なことを全部想定問答集にしておこう。

そして、いざとなったらいつでもそれを見ればいいようにしておく。



あなたは、いつも見かけだけ「今度こそ反撃してやる!」というゲームを演じているけれど、本心では勝つ気がないのです。

そのような負けを前提した対策など、いくら時間を書けても意味が無い。

相手が攻撃しようが、反対しようが、自分が満足するのは自分の望むことだけと決心する。

まず相手の攻撃ありきの反撃ではなく、最初から攻撃させないで、自分の望むことを発信するのが自分のやるべきことなのだと思い直すことです。

では、本当は何をしたいのか、それを徹底して自分に言い聞かせましょう。

負けるための反撃ではなく、あなたの望みを相手に正面から伝えることが目的であることを確認しましょう。

あなた自身が、これなら迷いはない。自分のほんとうの望みがわかったというところまで、想定問答集をつくり上げるのです。


こうして、あなたは「なんでも言ってみろよ、すぐに反撃できるぞ!」という気持ちで人に合う。

この結果、あなたの隙のなさに誰も何も言わなくなったことに気がつくだろう。



上記のように、今までとは違って、あなたは隙のない揺るがない自分を、そしてそれを感じさせるパワーをまわりに発信します。

あなたは最初、誰かがなにか言ってくるかと身構えますが、だれもあなたに近づいては来ないでしょう。

こうして、あなたは一言も反撃の言葉を使わないまま、戦わずして勝負に勝ちます。

もっとも、最初から勝ち負けではなかったことにも気がつくでしょう。

あなたは、むしろ自分から勝負を放棄していたのです。


いつまでも嘆いている人は、
本気でもう片方の自分になろうとはしていないのだ。

そして、また今日も反撃できなかったと悔しい思いで一日を終わる。
これが、本当は変わりたくない人間のその日の報酬になるわけだ。



報酬とは、「被害者」ゲームの結末です。

わざわざ自分をいじめるようなことを、自分からしたりするだろうか?

奇妙ではありますが、人はマイナスであろうがプラスであろうが、自分の書き上げたストーリーのためには、そこに書かれた報酬を追い求めます。

いつも嘆いてしまう結果が待っている人は、そのような結末のストーリーに生きているわけです。

自分を「被害者」に仕立てて、「かわいそうな私」を演じたり、「私をいじめて!」というゲームを行うのです。

それは、かつて子どもの頃に親からひどく叱られて、「かわいそうな私」になってしまった場面を再現しているかのようです。


つまり、嘆きと、意地悪な攻撃とはセットになっているということ。

攻撃を避けるやり方や反撃の仕方ではなく、嘆きをまずやめることだ。



嘆きは、報酬だと理解すれば、あなたが攻撃を受けやすい理由も、自ずから見えてくるでしょう。
あなたのまわりにばかり、意地悪な人がたまたま多いわけではないのです。

むしろ、「私は嘆きたい!」というオーラを発しているから、ではそれに応えて、いじめてあげましょうという人が近づいてくるのです。

そうすれば、あなたは「私をいじめて」というサインを出さなくなってくる。

もう、誰かにいじわるなことを言われたらどうしようと構えることも、いつの間にか忘れていることに気がつくだろう。



あなたが「私をいじめて」というサインを出さなくなって、自分の望むことを正当に求めるようになれば、
あなたをカモにしてゲームを仕掛けようという人も近づいて来なくなります。

ベテランの「迫害者」は、「被害者」を嗅ぎ分けることに長けているとともに、ゲームに参加しそうにない人間を見分けることも容易にできます。

もうあなたは、カモにはならない。
あなたを相手にするには、仕掛ける方はそれ以上のパワーが必要になるからです。
そのように判断すれば、あなたにいじわるすることは、向こうから諦めて避けるようになっていくのです。

そして自分自身も、もう惨めな役回りは必要ないことに気がつくようになるでしょう。

人に会う前に、
どんなリハーサルをしていたか
気がつきましたか?



本当のところ、あなたは痛い目にあったと思った時、その前にどんな結末を想像していたか考えてみてください。

口では今回こそ勝ってやると言いながら、実際にイメージしているのは惨めになった自分なのです。

嘆いている自分、それが「かわいそうな私」にはふさわしいから、そのような筋書きを自ら無意識に書いているのです。

あなたが、本当にほしいものを相手に要求したり、お願いしたりしている姿が見えるようになれば、あなたにいじわる人はもう必要がなくなります。

あなたの望みと行動は、ようやく一致するようになってくるのです。


もともと、頭にくる問題のある人への対策だと思っていたでしょうが、
自分を抜きにした悪者はそうそういるものではないということなのです。

☆----------------------------------------------☆
人間は、自分をいじめるゲームをしたがる奇妙な生きものです。
しかし、必ずしも人を真似て自分までゲームを演じる必要はないのです。
☆----------------------------------------------☆

まぐまぐ!「タオに生きる」第11号より
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント


いじめられたいとは
思っていないけど
関わりたくないとは思っています。
でも 解らずに関わってしまったり 避けられない時に どうしたらよいかわからない。
でも 関わらなくなると 陰口を言われますよね。 避けてたら 嫌ってるんだなと思われて 嫌がらせされるじゃないですか。

誰とでも そつなく仲良く出来る人って 確かにいて 羨ましいと思ってます。やっぱり 人に出会って
温和な人なのか 隙があったら突いてやろうと思ってる人なのかは 気になります。
人の事しょっちゅう言う人って
自分が 言われたくないから 言ってるように見えて厄介です。

Re: タイトルなし

あきこさんの気になっていることはよく解りました。

しかし、安心して下さい。解決はあります。
少し整理して考えて見ればわかることです。

多くの人が勘違いしている2つのことがあります。

1つ目は、他人の反応で自分がOKかどうか決めようとしてしまうことです。
もちろん、本心から嫌われ者になりたい人はいません。

しかし、だからといって、他人の反応が自分の幸せを左右する力の全てだなんて思うのは大きな勘違いです。
人が自分に賛成してくれたり、心地いい反応を示すか、その反対であるか、そんなことは自分の側では決められないことです。

あなたがどれだけ、理想的な人になろうと、やはり反対する人や、意地悪い人は存在するのです。
それをなくすことは出来ません。

そうではなく、避けられないことを何とかしたいと思うのでなく、まずは自分自身であること、自分が飾らないで孔ありたいと思う自分を見せることです。

そしてそれは、無理をしてやるようなことではなくて、自然にしていればただそうなっているのです。
それをみて、人は反応します。
ある人はそれを私と同じ傾向だと思って支持してくれるでしょうし、別の人はそれに反対したり、そのやり方は気に入らないと思うのです。

そんなことはアタリマエのことであって、どうにかしなければいけない問題ではありません。
あるとすれば、それを自然なことだと思わずに、悪い反応ばかり気にして大げさに問題にしてしまう習慣です。

不思議なもので、他人の反応ばかり気にしないで、自分を素直に表現していれば、それだけでうまくいくことに気がつくでしょう。あんなに気を使って、言い間違いをしないようにしていたのに、そんなことは実は大した問題では無いことがわかってくるでしょう。
もちろん相変わらずあなたが気に入らないと思う人も中に入るでしょうが、そんなことも気にならないほど、自然な人間関係に溶け込んでいる自分を発見するでしょう。

ただそれだけのことなのです。

2つ目の勘違いは、「理想の自分になれた暁には、すべて厄介事は消えてなくなり、私が話すことは全て受け入れられ、気に入られて人気者になれる」というような現実離れしたことを信じこむことです。

どんなにあなたが「完璧な人」(そんなものがあればの話ですが)になろうと、相変わらずあなたへの反応は、いいものと悪いものが存在します。

それに、そもそも良いニュースしか存在しなくなるなんて、なんで願うのでしょう。
もし、すべてがあなたの思い通りになったりしたら、あなたは何の楽しみも感じなくなるでしょう。

うまくいかないことのあとに、それが叶うから喜びを感じるのですから。

理想の自分になれた暁には・・・」というのは、勝手に作り上げた幻想です。
そんなものを目指してもいいことはありません。

心配しなくても、あなたは失敗した結果、自分を変えようと思うことも自然に行うでしょう。
また、あなたらしく振る舞って、それを喜んでくれる人がそこにいれば、それを大いに楽しむでしょう。
ただ、そのまま自分自身であればいいだけです。

何とかしようと力まないこと!
あなたがそのように拳を握りしめるから、厄介な人が現れたり、自分を攻めたりすることになるのです。

力を抜いて、もしなにか気になりだしたら「そのままでいいんだ」ととなえて、抵抗するのをやめてご覧なさい。
そうすれば、何も特別悪いことなど起こらないことがわかるでしょう。

「構えていないと大変なことになる!」などという呪いの言葉を信じないこと。
直ちに捨ててしまいましょう。

何も変えなくても、そのままでいればいい。これを実感してみることです。

なお、今回の2つの勘違いについて、そのうちまとめて文章を書きたいと思います。
多くの方に、参考になると思いますので。

それでは。


> いじめられたいとは
> 思っていないけど
> 関わりたくないとは思っています。
> でも 解らずに関わってしまったり 避けられない時に どうしたらよいかわからない。
> でも 関わらなくなると 陰口を言われますよね。 避けてたら 嫌ってるんだなと思われて 嫌がらせされるじゃないですか。
>
> 誰とでも そつなく仲良く出来る人って 確かにいて 羨ましいと思ってます。やっぱり 人に出会って
> 温和な人なのか 隙があったら突いてやろうと思ってる人なのかは 気になります。
> 人の事しょっちゅう言う人って
> 自分が 言われたくないから 言ってるように見えて厄介です。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
10位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX