« ホーム »

希望を手放す(ガンガジとの対話より)

希望というものは、美化され私たちの生きるよりどころのように言われることがほとんどかもしれません。

しかし、それはもしかなえば嬉しいけれど、期待しながらも、「でも本当にはならないんだよね」と心の奥では、あきらめていることもあるのではないでしょうか?

期待にもいろいろあります。

中には「これだけ真剣に望めば必ず実現するのだ」と信念の魔術を信じる人達。
しかし望むことと、実現することは、必ずしも一致しないことに気づいてはいるでしょう。

あるいは、口では「これが実現してくれさえすれば・・・」といいながら、でも本心では「ほら、やっぱり駄目だった」と失敗に終わるとほっとする人もいます。

期待の仕方と同様、こうした期待が次々と外れた時の耐性というのは、ひとによって異なります。

いくら期待はずれが続いても、また次を目指す人もいれば、2つ3つ失望が続くと、もうこの世の終わりのように感じる人もいます。

この違いは、期待していることへの入れ込みの度合いも大きく影響しますが、もうひとつは思ったことが実現できることと自分自身の存在価値とを同等に考えてしまう度合いにも関係しています。

あと感情次第で、実際に起きたことを客観的に見られなくなる傾向が強いことも影響するでしょう。

前置きが長くなってしまいました。


では、ガンガジとの対話からご紹介しましょう。
はるかさんの翻訳から一部を紹介させていただきます。
http://gangaji.jugem.jp/

m010080.jpg


『希望を手放す』

手放すという話をいたしましたら
ある方から、願望はどうだろうかと質問を受けました。

願望にはいろいろなものがあります。ある種の願望は他のものよりも強いですね。
でも、願望はどのようなタイプであれ、しがみついているよりも手放す方がずっと簡単です。

ところがマインドがそれをひっくり返し、
手放すのは難しいと、
まるで催眠術のように繰り返します。

実際は、しがみついているほうが困難です。
そして多大な労力が必要ですし、苦しみを産みだします。

なぜなら、
物語を覚えていなければなりませんし、
それがどのように展開するべきかを考えなければなりません。
どうあるべきだったか、
誰のせいでそうなったのかを考え、
そして最終的に、
ここに悪魔が入り込んでくる隙があるのですが、
状況が変わるようにと。希望を抱かなければなりません。

(笑い)

そのようなことを人類は伝承してきています。

実際に重さがある訳ではありませんが、
大変重い体験です。

そこで、質問者と私は希望について検証をしました。

私の見方では、
希望は子供たちには必要不可欠です。
希望は未来と関わっていますから、
神経系統が未発達である子供を心地よくしてやる為に、希望が必要です。

しかし、真に成熟をした者には、希望は悪魔のような代物です。
なぜなら希望は、執着へと引きずり込むからです。
希望は私たちを ”今ここ” から乖離させます。

子供のような人たちには希望が必要でしょう。(笑い)
今ここにじっと止まる、という恐れは、
何よりも深い絶望かも知れません。

でも、いかがでしょう。
生きる頼みの綱としての希望を進んで手放し、
無希望という絶望の内でじっと止まってみる。
人間であるという絶望の内に、
人間がしてきたあれこれへの絶望の内に、
あなたがしてきたあれこれへの絶望の内に、じっと動かずに止まるとどうでしょう。

私たちは、自分たちの住処に一体何をしてきたでしょう。
お互いの身に、何をしてきたでしょう。
子供たちに何をしてきたでしょう。
他人事ではありません。
あなたは何をしてきたでしょうか?
今も継続中ですね。
変化が起きるよう望み、
相手がやっていることを止めさせたいと望んでいます。

私が受けた質問は、
恋人との関係が変わってほしいという希望でした。
よくある話です。

希望は普通、誰かとの関係性の中に起こります。
あなたと他。
現在の恋人でなくても、未来の恋人かもしれません。
または相手は世界かもしれませんし、神かもしれません。
共通しているのは、あなたと何物かとの関係性です。

私たちは関係の中に自分の理想を重ね合わせ、
その結果、空虚感を体験します。
そしてそれを自分の成長の為に利用するかわりに、
もっと違ったふうならよかったのに。
こうでなければいいのに。
なんとか理想に近づけたい。
今度こそ状況を変えたい。
彼らを変えたい。
私を変えたい。と物語を紡ぎます。

私は皆様に、
たった今この瞬間に、そのようなすべてを諦めてはいかがかと提案します。
希望も、無希望も、両方とも、
すべて諦めてはいかがでしょうか。

どっちみち、実際に存在している訳ではないのです。
愚か者によって語られる作り話です。

(会場笑い)

そのとうり。
自分が愚か者だと気づくのは、
成熟がかすかに輝く一瞬です。

(会場爆笑)

「僕を見て見て! 強いだろう。すごいだろう。」
これは子供です。

ペッシャンコになり、
「私は何ひとつコントロールできないんだ。
何も知らない。
知る由もない。
誰に対しても、
どのような状況に対しても、
世界に対しても、
どんなときにも、何ひとつ自分の思うままになんてできないんだ。」
これが成熟です。

そこに、真の解放があります。

そして解放の二次的な作用として、責任があらわれます。
この責任は、
私たちが思い込んできたようなたぐいの責任とは異なります。
変化させる必要など何もない、光から、ハートから、やってきます。

変化への願望はあるかもしれません。
でも自分自身の充足の為に、私たちが願望を満たす必要などまったくありません。

人類の歴史の中で、たくさん見聞きしています。
変化を起こすこと、あるいは起こさないことに対し、全力を尽くさない人間は責任感の無い人間だと、私たちは思い込んでいます。

けれども、
究極的に、結果を自分の思い通りに操ることなどできません。
あなたは、あなたの生命のエネルギーを幻に注いできたのです。

もし実際に、あなたが思った通りにすべての事が運んだとしたら、皆にとっては大変悲惨です。

(会場爆笑)

例えば、バイオ ディーゼル(植物由来燃料)でしたでしょうか。画期的に登場しましたが、後に食料危機を招くかもしれないとわかりました。

私たちは、何が究極的にどのような結果を招くかなど、知る由もないのです。

ええ、もちろん知っているつもりでしょう。
これが変われば、彼らが変わり、
彼らが変われば、あれが変わり、
そうすれば、
私の状況が変わり、
そしてOKになるはずだ、と。

でも、そうはならないのです。

何世代にも渡って、そういうことをやってきました。
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
24位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX