« ホーム »

いつまでも建設中

本当に完成しているものは、どこか欠けているように見えるものですが、実際にこれを用いてみると不完全なところは一つもないのです。

老子45章より


老子の描く理想は道(Tao)と呼ばれるように過程でありゴールではないと考えられるでしょう。

したがって老子は完成された完璧な聖人のようなものを目指すことはないわけです。

完成された完璧な聖人とは、通常他人が咎めるようなことを罪とし、それらを心の奥に封じ込めてしまったような存在です。

咎めるものを持たない存在は、あなたが拒否してしまうようなものがないので、理想的に見えます。
あなたは自分の聞きたいと思う言葉を、他人が語るのを聞くと心地よく感じるかも知れません。

しかしそこでは、あなたが咎めてしまうような要素を無いものとして扱っている訳です。その結果、完璧主義で完成された聖人は、常に自分の行動を見張っていなければなりません。

完成されたものはそれ以上発展できません。
完成された聖人はそれが崩れることを常に気にしなければなりません。

また一方でよからぬものとして封じ込めてしまった部分は、常にあなたの心の奥から扉を叩いてきます。
あなたはそれらを見えないフリをしなければなりません。
そうしないとあなたの完璧さは崩れ去ってしまいます。

建設中

老子のいう完成されたものとは、固定した完成ではなく、常に建設中の発展し続けるものです。

あなたがいつも未完成で建設を続ける時、何かを継続的にやり続ける時、あなたは生き生きとしています。

あなたが何もかも完成してしまったと思った時、それはそれ以上発展しない死んだものになってしまいます。

完成するとは、いつも部分的なものです。
トータルに生きようとすれば完成してしまうことはないでしょう。
常に変化する部分が全体にも変化を求めます。

しかし一方でいつも不安定な状態をあなたは嫌います。
これで完璧と言う言葉にあなたは惹かれます。

この方法でやれば完璧で間違いないというものを求めようとします。

この店では全ての商品が揃っています。
ここにないものは1つもありませんという完璧なディスプレイを誇る店が完成します。

ウインドウショッピング


その時点では完璧かも知れませんが、商品は流通して入れ替わらないといけません。
入れ替わりのない商品は、すぐにほこりを被ってみすぼらしいものになってしまいます。
そして全部が揃っていたはずの商品も、すぐに流行遅れの商品群になりはててしまいます。
商品は常に入れ替わって流通しなければ死んでしまいます。
細胞は新陳代謝で常に新しく作り替えられなければ死んでしまいます。

身体の新陳代謝と同様にこころも作り込まれて、変化に対応しなくなったものは死んでしまいます。

完成することが死を予感させるという話は色々あります。
「交響曲第9番」を作曲すると死ぬという作曲家のジンクスや、完成すると死ぬと予言されて常に建設中にしていたと言われる宮殿の話など。

完成したものはどこか危うさを感じます。
完成された人格はどこか胡散臭い。
完成したものは流れが止まって澱み出します。

川と土地


「動いている安定」こそが本物の安定だという気がします。

自分の澱んでいる場所を見つけて流れを作れば、道は開けてくるのではないでしょうか。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
荒木のままでいる
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-85.html
グレーの領域
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-58.html

 

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX