« ホーム »

エックハルト・トール~「悟りは日常生活の中に」



この動画で語られていることは、特に目新しいことではありません。

今に生きること、自分をいまここに連れ戻すことを訴えているのです。

それをあえて取り上げるのは、私たちがいつの間にか、絶えず「目的」の為に生き、
「未来」のどこかに所属して生きることが、まるでリアルな生き方のように錯覚してしまうからです。

目的のために生き、いつも未来の中に存在する生き方では、いつになっても「いま」を生きている時間を持てません。

そのことが当たり前になってくると、人はだんだん自分をいまここで生きている感覚を失い、「目的のために動く誰かさん」としてしか、自分を認めることが出来なくなってきます。

いつになっても、『この仕事が終わったら自分自身に帰れるのだ。それまでは我慢して仕事に専念しよう(仮の自分で我慢していよう)』と思いながら、そのいつか(仕事が終わるとき)は永遠に巡ってこなくなってしまうのです。

なぜそうなってしまうかは、実にわかりやすい理由があります。
私たちは仕事をするようになります。
そして仕事とは目的のために動くことで有り、それはいつでも未来のある時点の成果を指し示しているわけです。
その未来に成果が出て、良い結果であれば喜び、失敗に終われば落胆する。

それを繰り返すうちに、目指すものは、そして注意を向けるものは、未来における結果でしかなくなっていくのです。
そして、いつも「いま」は通り越して置き去りにされてしまうのです。

奇妙な話ですが、実在できるのは、いまでしかないのに、いまには滞在せずに未来に生きているのです。
その結果、一日を振り返っても、いつ何をやったのか、自分でもちっとも覚えていない。
いまは、ただ何も注目せずに素通りするだけで、意識は絶えず仮想の未来に飛んでいってしまっていたからです。

それを積み重ねれば、自分というものがわからなくなります。
ただ目的のために動いている、はっきり自分だと認識できないロボットのような存在が活動しているようなものだから。

今日を生きた感触が持てない。
それどころか、今日できずに終わったことばかり、ただ自分にのしかかり、責め立てる。
その責められている自分とは、「いったいどこにいるんだ?」それも怪しくなってしまう。

ですから、ビデオでは、いまとの接触を取り戻そうと訴えるのです。
息をしている自分を感じよう。
五感をしっかり働かせて、いまと繋がっている自分を感じよう!と訴えます。

目的こそが生きることだと勘違いし出すと、こんな話は何のためにあるのかわからなくなるでしょう。
「息をしている自分を感じるだって?」
「何のためにそんなことをすう必要がある。そんな暇はないのだよ私には」
このときの私とは誰なんでしょう。
それこそが自分から分離しかかっているロボットが語っているのです。

関連記事

ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX