« ホーム »

引き寄せたいものは何ですか

「引き寄せの法則」というのが最近ブームになっているようですね。
「自分が意識したものを引き寄せる」という法則は、昔から何度かブームになったり廃れたりを繰り返しているようです。

「そういうこともあるかな」とは思います。
あなたの意図的・能動的に願うことが実現するのはいいことかも知れません。

ただこうした法則を目にした時にいつも感じるのは、あなたの意図はどこから来るのでしょうという点です。

あなたの願い、あなたが欲しいもの、あなたが実現したいこと、これらはどうやって決まるのでしょう。

はっきりとした願いや実現したいことというのはもともと持っているものなのでしょうか。
そういうものがまず存在するものなのでしょうか。

探す1


あなたがやりたいことや欲しいものがいっぱいあって、どれから手をつければいいのか迷うくらいなのであればすばらしいことでしょう。

しかしあなたは願望を上げてみて下さいと言われて、すぐにすらすらと出てくるでしょうか。

そこで願望というものについて3つの点から考えてみました。

1.社会的な要因

子どもの頃は親の顔を見ながら、親に気に入られるように行動するのが普通になってきます。学校や会社に入れば先生や上司、同僚を気にしながら競争し、いい成績を取ろうとします。
他者の目を気にすることや競争原理のなかで、あなたは社会的に望ましいものになりたいと思います。

もちろん環境的な要因だけで全て決まるわけではなく、あなた自身がそれに答えたいと思うことを選んでいく訳でしょう。
また社会的な影響というのはその時代によっても社会の価値観が変わるわけで、そのことに影響されることになります。

2.ないものを欲しがる

ないものを欲しがるというのは、別に子どもだけに言えることではありません。
大人になっても常に何か足りないものを探して求め続けます。
時には足りないものがないと、新しい足りないものを作り出すかも知れません。

これには自分の側と、周りの社会の両方に要因があるのかも知れません。

自分の中には、いつも欠乏感があります。
何か足りないという思いは、外側ばかり見ている限り止まることがありません。

自分の内側を見ることに視点を切り替えれば、自分がすでに持っているものに気づきます。
そこには必要なものは全てそろっていることに気づきます。
あるいは、外に求めていたために見つからなかったものを、自分の中に発見することで欠乏感が解消されるかも知れません。

一方で、外側にないものを探し求める時、そこでは社会が作り出してくれる欲しいものがどんどん出てきます。

テレビのコマーシャルは、今あなたに必要なものを常に知らせてくれます。
「あなたに今必要なのはこれですよ。」
「これを持っていないと出遅れますよ。」

しかしそれらはいくら集めてもあなたの欠乏感を消してはくれませんし、集めれば集めるほど物足りなさを感じる自分が強化されていきます。

一方ですでに持っているものを見なおすという余裕はどんどん失われていきます。

3.欲しいものがわからない

「いまは何が欲しいのかわからない。」

それであれば、なにも無理に必要なものを作り出す必要はありません。
社会に毒されずに、自分には今、必要なものがわからないと正直に認められることは貴重なことです。

何も目標を持たないことを、向上心がないとか批判する人がいても影響されないことです。そういう人は競争原理に毒されすぎているのかも知れません。
※ただし病的に意欲がわかないというのはまた別の問題ですから他の対処が必要かもしれません。

いまはわからないのであれば、そのまま流れに任せて起きてくることを、待つのがいいと思います。すぐに結果を出したがるのは不安や恐れから来るものです。

まわりに合わせたり、今のままが不安だからという理由で、無理に目標や願望を作り出してもろくなことはありません。

最初から目指すものが見えているとは限りません。
動いていく中でしか見えてこないことがあります。

安易に自分が欲しものを作り出したりして妥協しないで、自分に正直に自分が目指すものを見つけ出しましょう。

あせってもがくことは一番良くない結果をもたらします。
「無為はこの世に比べるものがないほど有益なものである。」

天使・妖精1


このように考えてくると、ひとは最初に願望ありきで、それを引き寄せればいいというような単純な話ではないとお解りかと思います。

それに、「ないもの探し」にいい加減うんざりしたら、必要なことは、引き寄せることではなく、持っているものを手放すことにあると気づくかも知れません。

持っているガラクタを放り出すと気持ちいいものじゃないですか。
それにスペースが広くなってゆったりしてきます。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 



[関連記事]
あとはおまかせ
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-56.html
まかせること(あずけること)
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-73.html
求めない(1)
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-114.html

 

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

共感します

こんばんは!

社会人になってからビジネス書を読むようになり、
引き寄せの法則も沢山目にするようになりました。

でも、引き寄せの法則イマイチ分からないです。

paoさんが最後に書かれているように手放す方が
分かりやすいですね!!
スッキリする感じがします。

まずは、自分の整理整頓が必要だとも思いました。

Re: 共感します

> まずは、自分の整理整頓が必要だとも思いました。

そうですね。
自分が整理できていないと、目指すこともわからないはずです。
しかし以外と何かを手に入れると解決するかのような幻想を持つ
人も多いような気がします。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX