« ホーム »

「いまここ」にいられるとき問題は消え去る

phm23_0165-s.jpg


「いまここ」に留まりなさい、とはよく言われる言葉ですが、
なかなか腑に落ちる説明に出会えません。
それは、おそらく説明を聞いて頭で理解することではなく、体感しなければならないことだからでしょう。

本当に「いまここ」にとどまれば、問題は何もないと言われても、
実際には、そこらじゅうう問題だらけじゃないか。
それが見方を変えるだけで変わるとは思えない。
一体何を言っているんだと思われるでしょう。

そこでそのあたりを何とか納得できる理解がないかどうか探ってみたいと思います。

あなたが問題があると感じる時何をしているでしょうか。
まずこれが問題だという状況をあれやこれや上げ立てて、これが解決しないと私は解放されないのだと思うわけです。
しかし、その「問題」というのは、あなたが一括りにした概念であって、いまここにそれが見えているわけではありません。
過去の後悔や、これから起こりそうに見える不都合、そしてそれにうまく対処できないかもしれないという不安、そして最後にそれに加えて、唯一いまここに存在している問題のある出来事があります。

これらのことを一括りにして問題と呼び、そこから後悔や、不安や、恐れや、怒りや、悲しみを引っ張りだしては、やっぱりここに問題があるじゃないかと確認しなおしているのです。
いったい、なんのためにそんなことをしているのでしょう?

それは「何もしなければ問題などないなんて、とても信じられない!」という思いからの、強迫的な行動にすぎないのです。
言い換えれば、問題をこねまわしていれば、少なくとも何かをやっている気になって、おびえから開放されると思っているのです。

それをやめようとすると、もっともらしい強制力を発揮する言葉が登場します。
「問題を放り出すなんて、とんでもないことだ!無責任きわまりない。」

しかし、いまここに繋がっていない「問題」など、放り出した所で何も恐ろしいことは起こりません。おびえはあなた自身が作り出しているだけです。
嘘だと思うなら、思い切ってやって見ることです。
ただのまやかしに過ぎなかったことがわかるでしょう。

あなたが無理に何かをしようとしなくても、いまここで起こることが起きてきます。
そして、それらに対して、時には喜び、時には苦痛を感じ、時には驚き、と言った具合に様々な反応をしている自分がそこにいるだけのことです。
あなたはただ、それらの過ぎていくことを眺めていればいいだけです。

もちろん、自分の関わり方や意識は、様々に変化するでしょう。
外から眺めているような気になる時もあれば、起きていることのまっただ中に入り込んで、ワクワク、ドキドキして夢中でいる時もあります。
何が起きているか、自分が何をやっているのか、その時には気づけないこともあるでしょう。
そうやって絶えず変化しているのが、生きているということです。
静止して説明できるのは、あとから振り返って解釈しているだけです。

現実に起きていることを見てみれば、自分がその出来事のまっただ中に、入り込んでいるときは、まさに今ここにいるわけで、問題など感じたりはしません。
あれやこれやと問題をほじくり返しているのは、いまここを離れて、観念の世界に遊んでいる時だけなのです。当然その時は、「いまここ」との接点を失っています。
目の前を何かが通りすぎても、眼中にないのです。いまここで起きていることなど、知ったことかと問題をこね回しているのです。いわゆる「問題」が存在するのは後者の場合だけなのです。

しかし、過去を反省したり、未来の設計をすることには意味がある、それまで放り出せというのかと、目くじらを立てられる方もいらっしゃるかもしれません。
別にそんなことを言っているわけではありません。
いまできることなら、なんなりと、それも真剣に取り組めばいいのです。
いまとの接点を失って、観念の世界に遊ばないでいようと言っているのです。

しかしながら、観念に入り込んでしまうのは、非常にたやすいのも事実です。
たとえば、最初は未来の予定を立てているつもりが、予期できないことに思い当たると、それはどうなってしまうのだろう?と不安が独り歩きしてきて、いつのまにかおびえる人の一丁上がりになってしまいます。
将来に活かそうと、自己を反省し始めたのが、いつの間にか自分いじめや、あの人が悪いゲームに入り込んでしまうのです。

言葉でこうしましょうと決めた所で、なかなかそのとおりにはできません。
例えて言うなら、私たちは、出来上がったばかりのコンピュータのプログラムのように、純粋な回路ばかりではなくなっているのです。
プログラムを改造して、バージョンアップしていくうちに、最初はきれいだったコードがだんだん複雑になり、これ以上手を加えると暴走を招きかねないと思う時が来ます。
残念ながら、私達の人生は、あらかじめ綺麗な設計をした上で構築するわけには行きませんでした。いろいろなくせをあちこちに貯めこんで、いまの自分が出来上がっています。
一つの言葉で、自己改造するなどといっても、純粋な回路だけ通るわけにはいかないのです。

ですから、無理な方法で改造するのではなく、たえず原点に戻るという動的な修正こそが現実的なのです。
そして、戻るべき原点とは、唯一現実と接点を持てる「いまここ」というわけです。

肝心なのは、あちこち彷徨ったとしても、たえずいまここに戻ってくるということを覚えておくことです。
そして、いつまでもまとわりつくようなら、きっぱり問題を放り投げてしまうぐらいの荒業を使えばちょうどいいのです。

心配しなくても、観念に入り込む状態は、いたるところであなたを招待してくれます。
それがなくなってしまうことはない。
だからこそ、「問題」や「悩み」といったかたまりは、一気に放り投げてしまうくらいでないと対抗できないのです。そして、それをやっても問題などなにもないことを実感して見ることです。

最初は勇気がいるでしょう。
そんな怖いことをするぐらいなら、お悩みの世界に遊んでいようと思うでしょう。
しかし、それを続けては、こじれさせてしまいます。
たまってきた一時ファイルを削除して、動きを軽くしましょう。
それも、定期的にです。
クリアしたあとでは、いつもまっさらな「いまここ」に戻って来られるでしょう。




Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

☆~こちらででご相談サービスが受けられます。⌒☆

サービス17~不安になるのは当たり前~むしろより添って生きてみる|愚痴・不安・悩み聞きます|ココナラ[coconala]

サービス16~あなたは、強くなりたいと思っているでしょうか?~心の強さは、勝つことを諦めるところから|心の悩み・メンタル|ココナラ[coconala]

サービス15~ゲシュタルトの祈り~どんな環境にいても本当に私らしく生きる13のポイント|人間関係の悩み・トラブル|ココナラ[coconala]

サービス14~まわりに振り回されないで生きるための5つの問いかけ~もうあなたを邪魔する人はいなくなる|元気になる方法|ココナラ[coconala]

サービス13~ココナラサービスであなたの夢を実現!~夢につなげる一歩を踏み出すアイデアと将来の展開に向けた運用方法|仕事効率化・ノウハウ|ココナラ[coconala]

サービス12~苦手な人とのつきあい方~その人はあなたにとってどんな人なんでしょう?|人間関係の悩み・トラブル|ココナラ

サービス11~心配性を何とかしたい方へ~そんな自分と付き合う新しい生き方|元気になる方法|ココナラ

サービス10~心の支えが欲しい、拠り所を求める方へ~その時実際には何をしようとしているのだろう?|元気になる方法|ココナラ

サービス9~ブログを始めたいけれどなかなか続かない、時間が取れないという方へ|文章に関するコツ・ノウハウ|ココナラ

サービス8~この絵何に見えます?~そして見なかった背景に隠れているものは?|心の悩み・メンタル|ココナラ

サービス6~ゲシュタルトの祈り~私は私と言い切れたらどんなにいいだろう|心の悩み・健康|ココナラ

サービス5~勝ち犬と負け犬のゲーム~最後は負け犬が勝つからくりとは?|心の悩み・健康|ココナラ

サービス4~人間関係の3つの役割(迫害者・犠牲者・救助者)私はどれ?|心の悩み・健康|ココナラ

サービス2~一方的に攻撃してくる人に対応するには(モラハラ・パワハラ)|心の悩み・健康|ココナラ

サービス1~人間関係の悩みや、このままの私でいいのだろうか?自信が持てない。ちょっと一押しが欲しいなと思ったら|心の悩み・健康|ココナラ


PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX