« ホーム »

ひとりぼっちと孤独

器は、かならず
中がくりぬかれて空(うつろ)になっている。
この空(うつろ)の部分があってはじめて
器は役に立つ。
中がつまっていたら
何の役にも立ちやしない。
-------
私たちは物が役立つと思うけれど
じつは物の内側の、
何もない虚のスペースこそ、
本当に役に立っているのだ。

老子11章
『タオ―老子』 加島 祥造 筑摩書房 (2006/10)


老子はからっぽであることが役に立つという表現をよく使います。
老子は余計なものが入っていない状態「空」の状態が純粋で本質的なものであるととらえます。
また自分がからっぽで無である時、それは同時に全体になれるということでもあります。自分が何かである時は、それは部分でしかいられません。

ろくろ1


それはともかく、わたしたちは自分の中が、からっぽなことを恐れます。
何かを取り込んで、そこに存在させないと不安になります。

ですから、ひとりぼっちであることを恐れます。
ひとりぼっちであることは孤独であり、何か足りない状態だと感じます。
孤独という言い方を使う時、それは必要なものを欠いているというニュアンスになります。何か病的な状態を感じ取ります。

孤独を避けるために、人は常に誰かとのつながりを求めて動かずにいられなくなります。ひとりのままでいることは、不安で、何か取り残されていると感じるのかも知れません。
しかしもともと人はひとりぼっちであることを受け入れるなら、ひとりぼっちは孤独ではなく、まやかしのつながりなど必要としない純粋な状態だと思えてきます。

ひとりであることに気づいても、何も欠けているとは感じないで、そのまま受け入れて生きていれば、そこには何も問題はないことがわかってきます。

孤独1


1日中ひとりぼっちでいても、誰も話しかけてこなくても、誰も電話もメールもしてこなくても、自分ひとりでいることを楽しむことが出来ます。
そこでは、他人が存在することから起きてくる不純なものが入り込むことがありません。
しかし、それは引きこもりというわけではありません。
必要があれば、誰とでも自由に話せるし、誰かと会うことも出来ます。

他人がいなくても、何かが不足しているとは感じない状態です。
他人がいなくても自分の一部が欠けているとは思わないということです。

一方でひとりぼっちであることを恐れていると、孤独から逃れるために他人を巻き込もうとします。

そのような場合の他人の存在はあなたのエゴの一部です。
独立した実在の個人ではなく、あなたの幻想を満たすためのパーツとして存在します。

それはあなたが思い描いた、自分の欠けていると思う一部分を満たすために存在します。このような理由で誰かと恋愛しても、それはまやかしでしかありません。

孤独2


あなたのからっぽさを埋めるために、誰か他の存在で埋め合わせようとしてもそれは偽物であることがいずれわかってくることになります。

そのような恋愛は、結局どちらもだまされていたことに気づくという結末をむかえます。
そのとき、あなたが孤独を避けるために他人を利用しようとしたのだとしても、あなたは相手があなたを騙したのだと思ってしまいます。

なぜなら、相手があなたの思い描いた想像の人物像とくい違っていたからです。
あなたの希望的な想像から描いた人物像と実際に存在する相手が食い違っていても、それは当然のことです。

問題は相手ではなく、あなた自身にあります。

ひとりでいることを受け入れられない人間が、寂しさを埋め合わせるために相手を求めてもそれはうまくはいきません。

自分自身も受け入れられないのに、他人をそのまま受け入れる事はなおさら出来ない相談です。

この事実を受け入れた時、あなたはひとりでいることが孤独であることとは違う事に気づける様になります。

ひとりぼっちであることも、そのままでOKであり、自分とは違う相手をそのまま受け入れる事も同じようにOKでいられる様になります。

そして自分自身が空っぽの存在であることも、受け入れる事が出来る様になってきます。ひとりぼっちであることが別に怖いことではないことを知ります。

からっぽさを埋め合わせようとしなくてもOKになります。
孤独を紛らわすために他人を求めなくても済むようになります。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
絶望はあなたを解放する
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-113.html
老子の道はあたりまえの道
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-119.html
一億総白痴化から50年
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-121.html

 

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX