« ホーム »

頑張る人と罪悪感

phm23_0764-s.jpg


これは自分の仕事、自分の責任と感じて、ついつい頑張りすぎるタイプの人がいます。自分もそうかもしれないと思い当たる方もいらっしゃるでしょう。

人を助けることが好きな場合も多く、そのことで自分の役割を発揮できると感じられるので、自分では無理していることに気がつかないまま、自分の気分を犠牲にしてでも頑張るような人です。

妥当な範囲に収まっていればいいのですが、このようなタイプの人には、ついつい無理をしてしまうことになる心理要因が隠れています。

「自分が頑張ることで喜んでくれる人がいる、だからがんばろう!」という面だけが強調されて、その裏で自分自身の「疲れた」という心身の状態や、「たまにはサボりたい」といった個人的な気分の変化などに気がつきにくくなります。

気づかないのは、「そんな事を考えてはいけない」という思いが強いためでもあります。
「気分で仕事が左右されるようではいけない。」、「私がやらないで誰がやる。」
といった責任感を感じて、私の気分など後回しにしてしまうのです。
また自分でも「私はこの仕事を好きでやっているから全然平気だ。」と言い聞かせていたりします。

しかし、そのような状態が続いて、「私」の気分や感情を軽視することが続けば、だんだん感情に気づくことが鈍くなり、自分や他人にそれを表現したり説明することも難しくなってきます。だから「全然平気!」と自分でも思ったり周りの人にもそう言ってしまうのです。

このようなタイプは、周りの人が見ていても、愚痴を言ったり、イライラしたりする様子も見えないし、ただ頑張り屋さんと映っていますから、問題なくうまく行っていると思ってしまいます。

ですが、顧みられない自分の気分や感情が積み重なってくると、気づかれないまま心身の異常となって現れる可能性があります。
身体を検査しても特に原因はないけれど、症状は現れる(例えば血圧が高い)といったことが起きる可能性があります。

本人は、自分の気分を感じ取ることに鈍くなっているので、平気だと思っていますが、何となくいつも不安であったり、罪悪感を感じやすいのです。
そして、それさえも責任感の強さで我慢しようとしてしまいますが、耐えられなくなってきて初めて、それらの症状に気がつき、「この耐えられない思いをどうすればいいの?」ということになるのです。

罪悪感すらも、自分の仕事への頑張りが足りないから感じるのだと思って、余計に頑張ってしまうのですが、むしろその罪悪感は、自分自身を偽っていることから来ると考えたほうがいいでしょう。
「私の悲鳴も聞いて!」と訴えるもう一方の自分を無視しているから、私を忘れていますよと訴えているのです。

ですから、罪悪感を消そうとして仕事を頑張るのは、皮肉にも逆の努力をしていることになります。
やるべきなのは、むしろ自分自身の心の悲鳴に気づいて、その人から見れば「自分勝手」だと思っているような、気分や感情に流される時間を持ってあげる事です。

暇ができたらやってみたいけれど、今は忙しいからそんな贅沢は言っていられないと思うようなことを、何も考えずにやってみましょう。

最初は仕事もしないで遊んでいると感じて、逆の意味から表面的な罪悪感を感じるかもしれませんが、やがて置き去りにしてきた自分を無視していたことへの訴えが本当の罪悪感の原因だった時がつくでしょう。

何もかも計算通りに仕事をこなすことは、仕事という面からすれば有能で人からも評価される良い面ですが、それだけが全てだと思わないことです。

全体を一歩離れて眺めてみて、計算通りの時間だけでなく、計算外のでたらめな時間も過ごすこと、この両方のバランスが必要であることを感じられるようになりましょう。

もっと、でたらめで、贅沢な時間の使い方をしてみましょう。
意味のないことに時間を使っていると、自分を責めないようにしましょう。
もっと自分のやりたいこと、それも思いっきり「自分勝手」なことをやってみましょう。

皮肉にも、あなたが罪悪感の原因になると考えて押さえつけていたことが、一向に消え去ってくれないもう一つの罪悪感を作り出していたのです。

全体のバランスが取れてくれば、しつこい罪悪感も徐々に鳴りを潜めてくれるでしょう。
いつも何かに追われているような感じ、なにかやり忘れていいるような強迫観念から解放されてくるのです。

『夕陽など見る余裕がないと思う時こそ、夕陽を見なければならない時なのだ』



Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

☆~こちらででご相談サービスが受けられます。⌒☆

サービス10~心の支えが欲しい、拠り所を求める方へ~その時実際には何をしようとしているのだろう?|元気になる方法|ココナラ

サービス9~ブログを始めたいけれどなかなか続かない、時間が取れないという方へ|文章に関するコツ・ノウハウ|ココナラ

サービス8~この絵何に見えます?~そして見なかった背景に隠れているものは?|心の悩み・メンタル|ココナラ

サービス6~ゲシュタルトの祈り~私は私と言い切れたらどんなにいいだろう|心の悩み・健康|ココナラ

サービス5~勝ち犬と負け犬のゲーム~最後は負け犬が勝つからくりとは?|心の悩み・健康|ココナラ

サービス4~人間関係の3つの役割(迫害者・犠牲者・救助者)私はどれ?|心の悩み・健康|ココナラ

サービス2~一方的に攻撃してくる人に対応するには(モラハラ・パワハラ)|心の悩み・健康|ココナラ

サービス1~人間関係の悩みや、このままの私でいいのだろうか?自信が持てない。ちょっと一押しが欲しいなと思ったら|心の悩み・健康|ココナラ


PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX