« ホーム »

ある人生相談

phm11_0036-s.jpg


学校を卒業してこれから社会に出ようという人、でも自分のやりたい仕事がわからない。
そんな人に向けて、こんな人生相談を見かけます。

自分のやりたい職業に就ける人はそれだけの努力をした人か、飛び抜けた才能の持ち主だけです。

たいていはどこの学校を出たかで就職はきまってしまうので、何をしたいかを考えたところで、
内定が貰える企業はそんなに変わりません。
どの大学に入れたかという時点で、ある程度職業や企業レベルは限られてきます。

自分で選べることがあるとすれば、 自分がどういう人生を送るつもりかを考えましょう。
結婚を優先するのか、一人でもいいから仕事の内容重視で、あくまで強く生きていくのか。
女性は結婚相手で人生が大きく変わります。
いい結婚相手と出会いたいなら、どんな職種でも良いのでより大手を目指しましょう。
結婚相手は自分の所属する会社のレベルに応じた男性になる可能性が高いわけですから。
中小企業で働けば、結婚相手も中小企業のサラリーマンになるだろうし、大企業、公務員、
自分がどこで働くかで結婚できる相手も変わってくるでしょう。

昔、「親を見れば子供の将来しれたもの」みたいな考えがありましたけれど、
こういった考え方は現実的だと呼ばれます。
何を持って現実的かといえば、「その時の社会が期待する人間像に的確に合わせられる」
という意味での現実的な方策なのです。
しかし論理思考というのは、前提が正しい限り有効に働きますが、
前提にしなかったことは、いくら懸命に考えても導き出されません。

このような思考で、前提の段階で削られてしまった「私の望み」は、
いくら頑張っても復活はしてこない。
論理を超越して「バ~~ン」と発想の転換をできる人ならいいかもしれませんが、
生真面目に考える人ほど、考えても考えても、何かが足りないと思うことになる。
とりあえず仕事を確保してから考えようと思っていると、
論理に忠実なほど、社会に従順なほど、救われる道は閉ざされてしまいます。

随分生きることをバカにした考え方に思えてしまう。
聞いている方の人も、教わる人から、自分で考える人に変わらなければならない。
確実な秘密の方法など、どこにもないのだから。

どこかで手放せるかどうか、これだけ懸命に、忠実に守ってきたものを、
いまさら馬鹿げたことだったとは、だれだって思いたくない。
しかし、手放すとは、自分の問題にこだわるのをやめること。
問題とはかならず自分自身の投影として出現してくるものです。
これが現況だと気づきながら、これだけは手放したくないと思うものが、
いつまでも私にのしかかってきます。

何かきっかけになることが起これば、そうすれば私は変われると信じたい。
しかし、私の方が変わらない限り、そんなきっかけになることは
いつまで経っても起こりません。それを作らないように私がしているのだから。

変わる気になれば、手放すことは、外側ではなく、自分の内面でだけ達成出来る。
内面が変化すれば、出来事は起こってくる。外側は後からついてくる。

本当の自分を生きるか?いままでの自分を取りつくろって生きるか?
直ちに選択しましょう。いつだってそれが転換の日になる。

そんなことは無理だと思っていますが、無理なことをやろうとしているのは、
今やっていることの方です。無理をしているから、それが苦しいのは当たり前なのです。

問題が何かがわかれば、解決は見えてくる。
弱点が何かに気がつけば、それは排除できたも同じだ。

手放す怖さではなく、執着することの辛さをじっくり認識してみよう。
自然とどちらをとるかが変わってくるだろう。

いつでも不幸なことは自分の中から生まれてきている。
状況は誰にも公平だ。

『自分はこうあるべきだ』から『自分はこうしたい』に切り替えよう。
いつでも、どこでも、なんどでも、繰り返して!

挫折感とは、自分の立てた計画への未練が捨てられないということ。
世界は動いてる、変わり続けている。あなたも動こう、あなたも変わってもいいのです。

追い詰められたら、これをチャンスと変革に取り掛かろう。
いい加減捨ててしまおうと観念したらいい機会だと思って。
そうでもしないと、あなたは手放さないだろうから。

『自分を束縛しているものがなくなれば・・・』ではなく、
『自分を束縛している自分をなくせばいい』と考えよう。
状況支配から、主体的な生き方に変えるのだ。
もともと、それがあなたのやっていたことだから、
その気になれば、すぐに思い出すだろう。

phm23_0087-s.jpg


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

☆~こちらででご相談サービスが受けられます。⌒☆

サービス4~人間関係の3つの役割(迫害者・犠牲者・救助者)私はどれ?|心の悩み・健康|ココナラ

サービス3~無料アウトラインプロセッサを利用した文章作成~(ツールの紹介と原稿作成のテクニックの実際を解説します|心の悩み・健康|ココナラ

サービス2~一方的に攻撃してくる人に対応するには(モラハラ・パワハラ)|心の悩み・健康|ココナラ

サービス1~人間関係の悩みや、このままの私でいいのだろうか?自信が持てない。ちょっと一押しが欲しいなと思ったら|心の悩み・健康|ココナラ


PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


お尻ニキビやデリケートゾーンの黒ずみに。
美尻専用トータルケアジェルです。

インターネット学習塾のショウイン



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX