« ホーム »

不愉快な思いをしたら嘆くより、そこから大いに学ぼう

phm21_0278-s.jpg


「だから嫌だったんだよ。やっぱりやらなければよかった!」
私たちは、そんなふうに嘆きながら、不愉快な思いをしたことに何とか説明をつけようとします。

一番ありそうなのは、状況が悪かったとか、相手が悪かったという理由で説明しようとすることです。
「あいつのせいだよ、どう考えても。それ以外にない。私はちっとも悪くない」と言いたくなるのです。

しかし、そんなふうに決めつけてしまえば、せっかくの経験から学ぶ機会を失ってしまいます。

「不愉快な思い」の中には、たいてい自分の側の落ち度が含まれているのです。
自分にも悪いところがあったからこそ、単なるアクシデントではなく「不愉快さ」を感じたのです。

その原因となった自分の問題は、正直に取り組めば、自分の中にある弱点を知るいい機会になります。
実際私たちは、なんとなくそういうことを感じてはいますが、やはり自分の失敗は認めたくない。
それと向き合うのは辛い。また今度考えようと思う。
あるいは似たような状況での嫌な経験を思い起こすから、そっと蓋をしてしまいたいのかもしれません。

そんな時に、自分と向き合わずに済むのが、先ほどの誰かのせいにしてしまうというやり方です。
ですが、現実には一方的に、絶対的に悪い人間がそこに存在するというのは考えにくい。
あなたがそのように、しつらえてしまわない限りです。

そこに無理があるのは、自分でも気がついているでしょう。
自分も良くないところがあったのだ。しかも、それは前にもやってしまったことだ。
なぜか、こういう状況になると、わかっているはずが、同じ失敗をしてしまうのだ。

そうやって自分の問題に気がついているからこそ、自分の後ろめたさや、見たくない自分が露呈したことに対して、不愉快だと感じるのです。

「なぜか、こういう状況になるとわかっているはずが、同じ失敗をしてしまうのだ。」
これはじつは、「なぜか」ではなく、はっきりしたパターンがそこに有ると考えたほうがいいでしょう。
そこには、あなたの弱点が隠れています。
それを避けようとするから、同じ失敗を繰り返すのです。
正面からそれに向きあえば、状況や事態ではなく、その原因を作り出している自分が変われるのです。

封印してしまっているその「私のごまかし」に思い切って取り組んでみましょう。
実はそう決心してしまった方が、ずっと楽なのです。
一時的には自分の嫌な面と向き合うことになりますが、
それを乗り越えれば、あとは同じことを繰り返さなくて済むようになります。

閉じ込めていた封印が解かれると、思いもしなかったエネルギーが開放されるでしょう。
ときどき思い出しては、急いで見ないように蓋をしてきた、その不自然な行動からも開放されます。
『戸棚の中の骸骨』を処分してしまえるのです。

そして、「あいつが悪いんだ」といっていた人、その人の中に見つけていた自分こそが、
その人を嫌いになる原因だったのです。
その人を見ると、自分の嫌な面を思い出す。
これが嫌いな人を作り出す一つのパターンです。
他ならぬ、自分自身にこそその起源が隠れていたのです。

『せっかく不愉快な思いをしたんだから、元を取ろうよ!』
それくらいの思いで、逆境を逆手に取ってみせましょう。
あなたを開放してくれるきっかけにもなれる、貴重な経験です。
大事に扱いましょう。



Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

☆~こちらででご相談サービスが受けられます。⌒☆

サービス1~人間関係の悩みや、このままの私でいいのだろうか?自信が持てない。ちょっと一押しが欲しいなと思ったら|心の悩み・健康|ココナラ

サービス2~一方的に攻撃してくる人に対応するには(モラハラ・パワハラ)|心の悩み・健康|ココナラ

サービス4~人間関係の3つの役割(迫害者・犠牲者・救助者)私はどれ?|心の悩み・健康|ココナラ


PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


お尻ニキビやデリケートゾーンの黒ずみに。
美尻専用トータルケアジェルです。

インターネット学習塾のショウイン
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX