« ホーム »

サレンダー~あなたにいなくなってもらう



パパジ~『エゴ意識にサレンダー』 - YouTube


この話は一番難しい部分なので、いつも書くのは気が重いテーマです。

おそらく読者の多くは、途中で読むのが嫌になるかもしれません。

しかしながら、これがわからなければ、他のことなど大した意味は無いのです。

サレンダーとは、譲り渡す、降伏する、放棄する、といった意味の英語です。

ここでは、エゴ意識をサレンダーしようと言っているわけです。

エゴ意識とは、いわゆる「私」のことです。

「私とは~である」といっている「私」の事、意識されている自我のことです。

つまり、あなたにいなくなってもらおうと言っているのです。

『私がいなくなったのでは、何もなくなるじゃない。』
『私がいなくなるのなら、どんないいことがあろうとも、何にもならない。』
『そんなことならごめんだわ。』
と思われるのも当然かもしれません。

しかし、あなたのよく知っている「私」とは、あなたが今までに積み上げてきた記憶に過ぎません。

それが無くなったところで、あなたはいなくなるでしょうか?

答えろと言われても無理な話ですね。
答えられるくらいなら、この話を読む必要はないでしょうから。

少し挑発的な書き方をしているかもしれませんが、それくらいエゴは強力で、極めて巧妙なので、あなたの知っている私に考えさせてしまえば、たちまちあなたはエゴの中から考えていることになってしまうのです。

あなたが、

『この話を理解したら、どんないいことがあるのかね。』

とか

『私の今までの知識からすると、これはこういうことを言っているのかな?』

というような聴き方をしている限り、あなたのエゴの知識を増やすだけに終わってしまうでしょう。

あなたが小さな子どもの頃、自分と世界の区別もはっきりしないような頃、まわりは未知の世界でわけがわからない、頼りない自分を頼るともなく生きてきたはずです。

その頃のあなたは、これにはこの知識を使って対処しようという頼るものはなかった。

しかし、いまのあなたなら、私のストックの中から役に立つ道具を取り出して対処すればいいと思っている。

その財産があるから、今の私は何とかやっていけるのだと信じています。

だからこそ、その私を放棄することなど思いもよらないのです。

しかしそれらの知識をすべて消そうというわけではありませんし、そんなことは、そもそも出来ないでしょう。

ですが、その財産に頼ろうとすることなら、放棄することは出来るのではないでしょうか。

「私はこう思う」というとき、「私の財産のエゴはこう言ってるよ」ということなのです。

その「私」に黙っていてもらうと言うことです。

ルールを覚えた自分は、知らなかった自分には戻れない。
今度はそれを、手放していく番です。

老子流に言えば

学を為せば日々に益し、道を為せば日々に損ず。
これを損じて又た損じ、以て無為に至る。
無為にして為さざるは無し。
老子道徳経 第四十八章

なくすことは怖くない。
無くして無くして、なくし尽くせば、無為こそが最強に変わるのだと老子は言っています。

それが最強であるといえるのは、あなたのエゴ、つまり知識のストックから取り出したものではないからです。
もしそうなら、どうがんばってもあなたよりも強いエゴが現れて、あなたは最強になどなれない。

そして、エゴがなんと言おうと、それが意味するのは「あなたの組み立てた筋書きから外れてしまうからやめろ」と言っているに過ぎないのです。

あなたが、あなたのままであることを諦めたとき、初めてエゴをサレンダーする気になれるのです。

それは『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ』という心境に通じるものでしょう。

どのような言葉で書いても、それは明確な筋道を示すことは出来ません。

あなたの好きな言葉で表現すればいいことだけれど、親しいエゴのあなたにいなくなってもらう気になると言うことです。
それがなくても、何も困らない自分がいることを発見すると言うことです。

そして、その心境を垣間見たとき、このビデオの最後の言葉の意味もわかってくるでしょう。

"神に現れて欲しいし
自分もそのままでいたい"
それは不可能なのです


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png





関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
19位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX