« ホーム »

意見のくい違いについて2

ilm2007_02_0088-s.jpg


前回の『意見のくい違いについて』では、このような点を取り上げました。

◆意見が食い違うとき、どちらも自分の方が間違っているとは思いたくないし、それに納得する理由がなければ、引っ込めるわけにはいかないのは当然のこと。

果たして1つの正解を出さないといけないものなのかどうかを考えてみる。

その結果、お互いがムキになって自分を主張しなければ、「考え方が違うのだから仕方がない」ということで、すんなりと矛先を納めることができることも考えられます。

このとき、どうしてもそれが難しいと感じるなら、問題は意見の違いではなく、あなた自身にあることも考えられます。その点は後半の主題でお話ししましょう。

◆私たちは、主な点で意見が一致した人たちに対しては、実際以上に自分とその人は同じ考えだと思いたがる傾向があります。
ここまで同じ考えの人なんだから、この点についても私と同じに違いないと思い込んでしまうのです。

最初から意見が水と油であるとわかっていれば、いつまでもこだわらないのですが、上記のような、考えの近い人どうしの方が、かえって話がややこしくなることが多いのです。

親しい関係であればあるほど、悪くするとその意見の不一致をやっかいな事態に発展させてしまう可能性もあります。
つまり、「裏切られた」と思ってしまう人も出てくると言うことです。

ですから。相手が親しい人であるほど、「この人なら私の意見に何でも賛成してくれるに違いない」といった幻想を作らないことです。

◆他人からのノーに対する自分の感じ方は、自分自身への信頼のバロメータである。
意見の違いを直ちに相手からの脅威と感じてしまうようなら、自分の側の問題、自分自身への信頼に不安があることと関係しているのです。

さてそこで、今回は最後の部分、相手からのノーがどうしてそんなに痛手になるのか、その原因や対策を考えてみたいと思います。

冷静に考えるなら、公平な立場でとらえるなら、相手が自分の意見に賛成するか、しないかは、五分五分だと言えるでしょう。

どんなによく知っているつもりの人でも、相手は自分とは違う経験でできあがった、別の人格であることを忘れてはなりません。

ですから、半分はノーを言われても当然と思うくらいでなければなりません。

しかし、親しい人であるほど、自分の考えを否定したり、自分と違う好みを持つことを嫌ってしまう。
「あなたは、ノーとは言わないと約束して!」と期待し、期待が希望的観測になってしまうのです。

それは、ひとことで言えば、相手への依存が存在すると言うことです。

あなたは、相手の人格の一部を自分と混同してしまう。
自分がこう考えているのだから、相手もそう考えていると決めつけています。

そして、もしそれと違う答えが返ってきたりすると、「いったい何が起きたんだ!」と驚き、そのときはじめて相手は自分ではないことを思い知らされるのです。

それでも、あなたは諦めきれず、相手が何とか自分の一部のままでいて欲しいと願う。
それが通じないとなると、今度はあなたは相手の裏切りを非難するようになってしまうのです。

「だって、私があなたの言うとおりにしているのだから、あなたも私の期待に応えなければならないでしょ。それが約束じゃない」と。

しかしそんな暗黙の了解があると信じていたのは、あなたの側だけだったのです。

自分にこのような依存が残っていると思うなら、問題は意見の違いなどではなく、あなた自身の依存にあること、それと正直に向き合うことを考えなければなりません。

勝手に約束が出来上がっているという幻想を捨てなければならない。

相手の一部を自分自身だと思い込んでいることに気づいて、「あなたはあなた、私は私」であることを認めなければなりません。

ある意味では、依存関係は信頼関係のように見えます。
しかし、依存と違って、信頼の方は、自分勝手な期待を土台にしてはいない。

お互いを信頼している関係なら、相手の意見が違っても、その関係は揺らがない。
相手が自分の期待通りに反応してくれることは、ラッキーなおまけのようなものだと思っているでしょう。

依存関係では、期待ばかりし、叶わないと裏切りだと責める。
信頼関係では、まずは自分を頼りにして、相手の賛成や手助けは幸運だと感じる。

幸運は求めるものではない。
相手には相手の好きなままに振るまわせてあげましょう。
あなたは自分を信頼して、やれることをやるだけだ。

結果は誰にもわからない。
何が起こるか楽しみにしていましょう。
いい結果でも、悪い結果でも、あなた自身への信頼には影響を与えない。
あなたは、自分はやることをやっていることを知っている。
それで充分じゃないですか。

結果指向になってはならない。
そんな指向にはまってしまえば、結果次第で、あなたの価値が上がったり下がったりし、相手を救いの神にしたり、裏切りものにしたりと忙しい。
あなたや相手への信頼関係はずたずたになってしまう。

意見の食い違いなど、当たり前のこと。
そもそもあなた自身が意見をころころ変えてしまうことを、しっかり見ていればわかることじゃないですか。
それは、あくまで五分五分だ。
賛成や援助は、期待していない幸運だと思えばいい。

どこまで期待するか、そのバランスを、その一線をどこに引くか、
それが人間関係を、信頼関係にするか修羅場に変えるかを決めてしまう。

満足を知るものはいつも豊かでいられる。
どこでやめるかを知るものは、危険に陥らない。

『知足、知止』老子


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
15位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX