« ホーム »

心は常に借り物、事実は常に独創的

phm20_0261-s.jpg


心が考えることは、常に借り物で出来上がっている。
いくら考えても、記憶の中を堂々巡りするだけだ。

しかし、あなたは考えずにいられない。
明日までに答えを出さなければ・・・
あなたは、諦められない。やめるわけにいかない。

とうとう、あなたは疲れ切って、考えるのをあきらめる。
もうこれ以上考えても、解決は出てこない。
これは、「解なし」が答えだ。
諦めるしかない。なるようになるしかない。

しかし、事実は常に独創的だ。
何でもありでいられるとき、はじめて事実に近づける。
それは、今まで考えていた自分からすれば、とんでもないことだった。
とんでもないから、考えもしなかった。

☆~⌒☆

あなたは、人とどう接すればいいかと、いろいろ考える。
しかし、考えていては、結局その人と出会わないままになるだろう。
その人とは会わずに、考えている自分自身と出会って帰ってくるだけだ。

情景を想像してみよう。

あなたは、ある人が目の前にいて、何かを口にする。

「あんたは、すばらしい人だ!」
何がすばらしいかなどと考えてはいけない。
そして、その後の自分の状態を覚えておく。
それに続いて、何を言いたくなるかを想像してみよう。

今度は別の言葉だ。

「おまえの顔なんか見たくない!出て行け!!!」

何で自分が怒っているのかなど考えてはいけない。
そして、その後の自分の状態を覚えておく。
それに続いて、何を言いたくなるかを想像してみよう。

この違いから、あなたが人とどう接したいか、
言葉で説明できない答えがそこに現れる。

あなたは恐怖と戦ってはならない。
勝ち目はない。
しかし、それを戦略として考えてはならない。

情景を想像してみよう。

あなたの目の前には箱がある。
あなたはその箱について、アドバイスを受けている。

「その箱には、あなたの怖いものが入っています。」
「そして、決して開けてはなりません。」
「開けたりしたら、恐怖が飛び出してきますよ!」

あなたは、決して開けてはならないと思うほど、恐怖が増大してくる。
そう思いながら、じっと箱を眺めるしかない。
箱の中で何かが大きくなっている様な気がしてくる。
その後の自分の状態を覚えておく。
それに続いて、何を言いたくなるかを想像してみよう。

今度は別のアドバイスだ。

「その箱は空っぽだよ。怖いものなんか何も入ってなんかいないよ。」
「騙されているだけ。自分でそう思い込んでいるだけだ。」
「嘘だと思うんなら、箱を開けてみな。」
「躊躇しないで、パッと開けてみるんだ。」

あなたはその箱を思い切って開けてみる。
ほんとだ。何も入っていなかった。
箱を逆さにして、とんとん叩いてみる。
やっぱりからっぽだ。
その後の自分の状態を覚えておく。
それに続いて、何を言いたくなるかを想像してみよう。

この違いから、あなたが恐怖とどう付き合うか、
言葉で説明できない答えがそこに現れる。

独創的な答えは、常にその時だけのイメージだ。
それを言葉にして、メモしておこうなどと考えてはいけない。
捕まえておこうと思ったら、二度と使えない陳腐なものになってしまうから。

何度も使ううちに、独創性はどんどん消えていく。
代わりに、その思考は心に蓄積されるだけだ。
「あのときは、うまくいったのに、感動したのに!何でダメになったの?」

使い回しのダメでもいいことと、
その時だけの独創的なことを使い分けるのだ。

独創性が消えてしまわないうちに、それは終わりにしてしまおう。
そうすれば、また、一回きりのすばらしい経験が待っている。
使い回しの、うんざりする生活の中に、独創性を盛り込もう。

いつもいつもつまらないというのは、あなたが作り出した表現だ。
いつもいつも、いつもの古ぼけたやり方を使い続けようと言っているようなもの。
それが、独創的なイベントを起こらなくしてしまう。
しかし、いつもいつも同じものなど、一つとしてないのだ。
あなたが心で使いまわさない限り。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
11位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX