« ホーム »

痛みを感じよう~解放されるために

phm23_0966-s.jpg


人間の身体は、痛みや不快さを訴えることで、私たちが大きな傷を負うことを防いでくれます。

たとえば、身体をぶつけたり、熱いものにさわったりしたとき、痛みを感じて反射的に身体を反らさなければ、もっとひどく負傷してしまいますね。

内的な身体の不快感も、私たちに病気かもしれないと教えてくれます。

そういった生体からの危険信号がなければ、生存できる可能性は著しく損なわれます。

そのことは、精神的な面でも同じだと言えます。

身体的な症状ほどはっきりとは見えませんが、心の痛みにもっと耳を傾けずにいれば、それは徐々に私たちの心の状態を歪めていきます。

しかしそれは、身体の痛みほど顧みられなかったり、あるいはそれが正常だと思い込んでいるために、もっとそれを推し進めようとしてしまうことも多いのです。

身体の痛みでさえ、大したことないと言って無視する人もいるくらいですから、心の微妙な変化に至っては、それが明らかに苦痛になったり、負担になってこなければ、放って置かれることがほとんどです。

ですが、たとえ重い症状にまでならなくても、その訴えに耳を傾けるだけで、私たちは問題のない状態というものを、ようやく取り戻すことが出来ます。

あまりにも苦痛になれてしまっているので、それがあることすら忘れています。
それがあることは健全な精神にとって必要なものと勘違いしている人も多いのです。

自分自身が積み上げてきた拘束から、本当に自由になれたら、どれだけ気分がいいものか、どれだけつまらない諍いを作らなくて済むか、どれだけ不安から解放されるか。
それはどんな気晴らしよりも、あなたに利益をもたらします。

そのためには、画一的な方法でアプローチするよりも、もっと身近な自分の心の訴えに注意を向けるだけでいいのです。

これくらい平気だと思わずに、心の痛みに向き合ってみましょう。

なにが、あなたにとって重要であるかは、あなた自身にしかわかりません。

他の人にとっては、つまらないことが、あなたにとってはとっても不安であったり、恐れの原因であることは、当たり前のように存在します。

社会や文化が教える方向性から外れたものほど、それらが無視されたり、どうでもいいことのように扱われてしまうのです。

社会の常識や、まわりの人達が何というかを気にせずに、素直に正直に、あなたにしかわからない痛みに向き合ってみましょう。

それは、あなたにとっては、誰がなんと言おうと、一番大事な課題なのです。

我慢強い人ほど、また自分の感情を軽々しく見せないように育ってきた人ほど、それに気がついたり向き合うことが最初は難しいものです。

ですが、その我慢強さこそが、その人の痛みの扱い方そのものを表しているのです。

1つ我慢を外すと、連鎖反応でガラカラと崩れて、自分の弱さが明らかになるかもしれません。
それは、我慢強い人というイメージを作ってきた人にとっては、とても恐ろしいことと映っているでしょう。

ですが、それは恐ろしいことではなく、本来の自分への解放です。
繕うことに費やしてきた、膨大なエネルギーを、もっと自由に生きることに使える可能性を示しているのです。

しかし、あなたが変われば、今までの仲間は、いい顔をしないかもしれません。
中には、前のあなたの方がよかったと言ってきたり、あなたから去っていく人もいるでしょう。
ですが、それは自然な変化です。

一時的に仲間はずれになることを怖れずに、あなたの本当に必要な自分を大事に扱い続ければ、まもなくあなたのまわりには、あなたにふさわしい人が近寄ってきます。

今までの仲間は、以前のあなたの強迫的な抑制と釣り合っていた人達であって、あなたの解放という意味では、あなたの変化を阻止しようとする人達だったのです。

その代わりに、あなたがあなた自身を犠牲にしなくても付き合っていける人達が、現れてくるのです。
あなたのまわりに集まってくるのです。
自然に、努力せずに、無理せずにです。

仲間はずれになることは、ほとんどの人にとって非常に恐ろしいことです。
それを怖れるあまり、嫌なことを我慢していることが、いたる所で蔓延しています。
それを守ることが、人間関係のルールであるかのように勘違いしています。

あなたの痛みは、あなたにしかわかりません。
勇気を出して、それと対面してみることです。
それが、もう我慢できないものになる前にです。

怖さは一時的なものです。
しばらくは、誰にも頼らずに、意見を聞いたりせずに、それと向き合ってみましょう。
あなたを本当に支えてくれるものは、外側のどこかではなく、ずっとそこで呼ばれるのを待っていたのです。

特別なものを獲得することで、あなたが立派になったり、何者かになれるというのは幻想に過ぎません。

そうではなく、余計なものを解放してしまうことこそが、待ち望んだあなたを、表舞台に出してあげられる唯一の方法なのです。

それこそが、常駐化していた、慢性化していた心の痛みを、痛みと感じられるようにしてくれます。

それが正体を現したとき、身体の傷ほど時間はかかりません。
それとわかった瞬間に、それはその存在意義を終えて消え去るのです。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX