« ホーム »

私はこういう人になりたい・・・~夢見る人

phm21_0063-s.jpg

私はこういう人になりたい・・・
でも現実とは遠い。
どうしたら、そうなれるでしょう?

こんなことを思っている人はよく見かけます。

しかし、聞いているうちに共通して感じるのは、「~になりたい」にリアリティを感じられないと言うことです。

その人達にとっては、「~になりたい」は夢です。
夢自体が悪いわけではないでしょう。
しかし、現実に何かが起こるためには、働きかけなければならない。

そのための具体的な道しるべが、TODOであったり目標であるわけです。
しかし「夢見る人達」の多くは、夢は大事に持っているけれど、それと現実との間の目標になるものが見えてこないのです。

「夢見る人達」がやっているのは、その言葉通り、夢を眺めているだけ。
現実との接点を作り出すための動きはまるで感じられない。

動かないでいて、どうして夢が近づいてくるのでしょうか?
たしかに、動かなくても、夢の方から転がり込んでくることもないとは言えません。
しかし、「夢見る人達」は、偶然がもたらす夢では困る、確実に夢がかなう方法が知りたいのだという。
だけど、具体的には動かない。

そんな人達にとって魅力的なのは、「引き寄せの法則」だとか「信念の魔術」的なもの。
夢さえ堅固に念じていれば、夢の方から自分に近づいてくると言う発想です。

今あげたような法則も、全く根拠がないわけではなくて、人間の心理の一面を言い表しているのです。
しかし、それが成功法則的なものと結びついて、だんだん訳のわからないものになってしまった。

私はこういう人になりたい・・・
でも現実とは遠い。
どうしたら、そうなれるでしょう?

「夢見る人達」は、「どうしたら~なれる」ではなく、「なぜ現実とは遠い」のかを考えなければなりません。

なぜ現実と接点が取れないのか、それは、そんな現実を見たくない自分がいるからです。

たとえば、「私はもっと気軽に人とつきあえて、陽気で明るい人になりたい」と言う人がいます。

だったら、そうなればいいのだけれど、その人には、今の自分が大事なのです。

他人の言動を見て、「こんな軽薄なことをしゃべっている」と批判したくなる自分がいる。私はこんな人になりたくないと思っている。
それこそが今の自分なのだと認めなければなりません。

一方で陽気さにあこがれ、一方でそこにある軽薄さを嫌う。
それこそが、今の自分の現状なのだと。

現実との接点をもつには、まずは前面にある陽気さという夢ではなく、後ろに隠れている軽薄さを嫌う自分との折り合いをつけなければなりません。

夢見る人達は、片側だけを見ている。
反対側の自分を認めない、見たくもないと思っている。

だから、見ないで叶う方法を教えてくださいと言うのです。
見たくない自分を、魔法のように消し去る呪文が知りたいのです。

具体的な行動指針を示してくれる、いわゆる自己啓発本は、
「きっと、見たくない自分を見ないまま、いつの間にか変えてくれる」
と信じたいのです。


出版社でビジネス書を担当する編集者のA氏は、これは子どもだけの問題ではなく、いまの大人たちにも言えるという。特に、30歳前後の「自己啓発書依存症」の人たちには、その傾向が強いそうだ。

「学歴が高く、そこそこの会社に入ったんだけれども、いまひとつパッとしない人たちが、『成功したい』『愛されたい』という欲望を抱いて、成功者の法則を説く有名人の追っかけをするんです。本を大量に買ったり、高額なセミナーに参加したりしますが、自分は一向に有名にならない(笑い)。それでも彼らは『いつか夢は必ずかなう』と疑いません」

弘兼憲史が「夢はかなう」に苦言 「早く現実を教えた方がいい」 : J-CAST会社ウォッチ <http://www.j-cast.com/kaisha/2011/11/16113356.html?p=all>


これをしなさい。
あれをしなさい。
これも忘れないこと。
あれも忘れないこと。
いいと思うことは何でも取り入れなさい。
悪い自分は切り捨てなさい。
情報を集めなさい。それじゃあ足りません!もっともっと!


いいことばかり、これでもかと寄せ集めた本を読んで、それを実現した人物をイメージできるでしょうか?

そんな人は実在できない。
そんな足し算で出来上がった人などいるわけがない。
イメージできない人になれるわけがない。

必要なのは、いいことを積み上げることではない。
隠してしまった見たくない自分がいる。
その自分への贖罪のために、
後ろめたさのために
これだけやれば、許してもらえるだろうと、
いいことをせっせとやっていても
何も変わらない。

夢の方だけ見るのを、さっさと諦めることです。
今の自分は、これが現状なのだと認めるのです。
これだけでしかない。
しかしこれだけある。
こんなにある。
そこから始めてみよう。
今できる現実の方をまず見てみよう。

一方で陽気さにあこがれ、一方でそこにある軽薄さを嫌う。
軽薄さを嫌う自分を大事にしてみましょう。
そこにある自分は、決して嫌いではない。
どこかで、嫌なものだと分類して封じ込めてしまっただけ。

それがわかった途端に、あなたの悩みは消え去ります。
自分が何が嫌いなのか、それは思っていた事と違っていたのです。
あなたの嫌いは、実は好きなことだった。
あなたのあこがれには、実は嫌いなものが含まれていた。

現実と直接触れたとき、夢を隠れ蓑にしていた自分が見えてくるでしょう。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX