« ホーム »

許すことは不公平なもの

phm21_0009-s.jpg


人を許すこと、あるいは自分に被害をもたらした出来事を忘れること、これらは簡単に納得できるものばかりではありません。

多くの場合、私たちは相手を怨み、復讐しないと納得がいかないと思ったり、自分に起こった理不尽な出来事を忘れるには、受け入れがたい怒りをどうすればいいのかと叫びたくなるでしょう。

しかしいくら納得がいかなくても、復讐しないといられないからと言って、恨みを持ち続ければ、相手よりも自分が先に倒れてしまうでしょう。

それは心の内面だけでなく、文字通り自分の身体をも滅ぼしかねません。

となれば、「納得できるまで諦めない」ではなく、納得できないままでもそれと付き合っていく方法、方向転換する知恵を持たなければならないでしょう。

納得できる解決が見つかってこそ解決だ、それ以外に決着はないと言い張ることは簡単です。
しかし簡単ではあっても、いつまでも答えは出ない。

理不尽なことを飲み込んでも自分を生かす方法を見つけることこそ、知恵というものではないでしょうか。

許すこと、そのまま受け入れることは、多くの場合不公平なものです。

私は人を裏切ってはならないが、私を裏切った人は許してしまわないとならない。

私は借りたものを確実に返すべきだが、返さない相手には目をつむってそれを許さなければならない。

そういうこともあるわけです。

そして、それを受け入れることで、初めて次の段階に進めるのだと気がつかなければなりません。

しかし、理不尽な事態をどう受け取るかには、非常に個人差があります。

その違いを生み出すのは、どのように事態に対処するかという点で大きく変わります。

まず、最初に起きたことを受け入れるという段階があります。

この段階では、あまりにも受け入れがたいからと言って、受け入れることを拒否する場合もありますが、いつまでも現実を見ないままではいられない。

見ないままでいたいとしがみつけば、それに伴った多くの自分を犠牲にしなければなりません。
いろんな面で無感動、無感覚になった自分を抱えることになるわけです。

恨み続けることが全てに優先になってしまい、他の人生を放棄することになりかねません。


次に、起きたことを受け入れた上で、それをどう解釈するかという点があげられます。

この段階では、人によって非常に差が生まれてしまいます。

それはあるべきではなかった。
起きたことを許すべきではない。
だから誰かが責任をとらなければならない。
責任をとれる人がいないことなら、天を恨み、神を疑い、自分は世界を受け入れないと言い続けなければならない。

こういった考えを、どれだけ強く持ってしまうかということが、大きな違いを生み出すのです。

「起きたことは仕方がない。もう忘れてしまった。」と即座に言ってしまう人から、「この恨みは一生かけても晴らさないわけに行かない。それを私の生きる糧とする。」と思い続ける人まで、大きな開きがあるのです。

誰もが納得するような答えはありません。
そこには、答えなどなく、ただ何を受け入れるかがあるだけです。

誰のせいでもないと思える人には、責任をとるべき人も、恨みを抱く人も最初から存在しません。

そこまで行かなくても、無理は感じるけれど、何とか自分を納得させて、どうにもならないことを受け入れようと決心することも出来ます。

そして、その決心が次のステージに自分を導いてくれることを、見通す知恵を持てるかどうかが重要なのです。

現実は不公平なものだし、理不尽なことも起こりうる。
それを怨んで生きるか、忘れて次に進む道を選ぶか。

どちらを選ぶかは、他の誰でもなく、自分が選ぶことであり、自分の責任なのです。

そして、その差は天と地ほど違うものになるでしょう。

許すことは、優しさの表れではなく、いつまでも不満を言う自分を断ち切る克己心や、やると決めたことを徹底してに遂行する持続力も必要になります。

心情は揺れ動くもの、一度変われば元に戻らないというわけにいきません。
ですから、許すことにはそれが全てではないにしても、心情に流されない変わらない自分を維持することが必要なのです。

一生許さないでいるか、一生許し続けるか、
そういうことかもしれませんね。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

やっぱり、このブログ100000000以上の価値がある笑
というか値段は付けれませんが、老子がここにいる。
結局、自己責任と自己選択だけなんですよね。
他人の話をすることが現代人の『常識』になっているようですが、それこそが光から目を背けた闇なのでしょうね。
攻撃的な者は、助けてと言っているもう一人の自分を許せない。
そして、繰り返すことが闇にそそのかされている証なのでしょう。
やっぱまだ、パオさんの優しさには敵わないや笑
もっと修行せねば。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX