« ホーム »

私とつき合う全く新しいアプローチ7~『和解しよう』

phm21_0142-s.jpg


7回目に当たって一区切りつけるために、最初に戻って「自分を知ること」と「自分とどうつき合っていくか」という点に戻りたいと思います。

「自分を知ること」は、自我そのものに入り込んでいるときには出来ません。
それはそういうときには、自分が誰かということなど忘れて、対象に関心が向けられているからです。
ものごとはそのときの自分の信条に基づいて、どう変化するのか予測され、特に今の自分がどう感じているかは関係なくなっています。

ですが、そう思うのは自分だけで、他の人から見ればそれはあなたそのもの、あなただからそう行動していると見えているでしょう。

このアプローチの核心は、そんな自我に取り込まれた状態を離れて、世界全体を見ることにあります。

やがて、自我に入り込んでいても、「今こうしているのは誰?」という問いかけを割り込ませることが出来るようになるでしょう。

そこで見えてくるものは、過去の記憶や信念に振り回されている姿と映るかもしれません。

しかしそこで、どうあるのが正しいのかを知りたがる自分が出てくれば、あれはだめ、ここを変えてしまいたいと、再び改造計画を練る自我を作り出してしまうことにもなりかねません。

改善するだけが生きることではないでしょう。

良くも悪くも、あなたは自我と共に生きていくのです。
それを嫌ってしまうようでは、それこそいいことばかりのふりをしている方がましかもしれない。

評価しないで、そうである自分をそのままに見てみるとき、はじめて自分を見ること、知ることが出来るのではないでしょうか。

いいとか悪いとかという評価は、それこそ後知恵でしかありません。
そのときの社会や時代を反映した評価でしかない。

わたしは、今の自分を受け入れるしかないのです。
それも喜んで、よくこんな自分でいてくれたと思えるほど、いろんな角度から自分を見てみることです。

その時々で、最善だと思うことをやってきた結果が今の自分なのですから、もっとこうすればよかったと言って価値を下げるのは厳しすぎます。

他人から見たベストプレーヤーになることがあなたの役割ではないはずです。

自分のいいところを見て、自信を持ちましょうというゲームには乗せられないことです。
ありのままの自分をどこまで受け入れられるかだけが、「自分とどうつき合っていくか」を決定するのです。

評価する姿勢をやめたとき、自我は抵抗する理由が無くなり、あなたそのものと一体化するでしょう。もともとそうであったように。

外側の世界と付き合うとき以外は、評価することをやめてしまえば、守る必要がなくなった自我は、無駄な努力をやめて役目を終えていきます。

あんなに外側にある脅威と見えていたことも、自我の沈静化によって消え去るのを見れば、世界があなたを作り出すのではなく、「世界は私が作り出したもの」であったことを確信するでしょう。

そして、それをきっかけに、今まで手に入れなければ大変だと考えていたものが、ドミノ倒しのように、次々に意味を失っていくのを見るでしょう。

「そうなったら何をすればいいの?」と悩む必要はありません。
その質問は、あいかわらず自我が作り出す質問だからです。

やることは向こうから起きてきます。起きることも、起こす人も、起こす対象も、すべては同じところから出てくるのです。
それに名前や役割を割り振っていたのが、今までの見方だったわけです。

それは今まで通り存在するし、自分もやり続けるでしょうが、もはや役割は私そのものではないことがわかってやっていくのです。

さて、アプローチの3から6で扱ったような視点は他にも色々あると思います。
機会があれば、また紹介できるでしょう。
それまでは、ひとまず7で区切りと言うことで。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

一区切り。
いい言葉ですね。

自分も休みたいし、泣きたいし、色々な感情を顕にして何も考えないで『空』を保ちたいものですね笑

己を知る

という事は、己が恥ずべき自我を認めねばならぬ瞬間を己が勝ち抜いていくしかない、己だけの闘いなのでしょうね。

謂わば己との闘いな訳で『他』との闘いな訳ではないようです。

現実逃避や妄想の根源はここにあり、良かれ悪かれ『他』に行ったら最後。

一生翻弄されるようですね。
気づくのはナニモノにも翻弄されない己のみで良いそう思います。

では、お体を御大事にブログ楽しみにしてます。おやすみなさい
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX