« ホーム »

迷うことが生きること

phm11_0061-s.jpg



手抜きをせずに生きていれば、人は何度も迷うことはさけられない。


逆に言えば、なにも迷わずに昨日と同じことを繰り返し、迷わない自分、確立した自分を誇らしげに自慢している人は、変化を見るのを拒絶しているだけかもしれない。


社会的な役割という面から見れば、その都度ころころ変化するようでは困る。
しかし、そうした役割と自分自身を同一化してしまってはならない。


自分自身の日々の変化を受け入れることを拒否するようなやりかたで、自分を確立してしまうのは、どこか生きることをやめているに等しい。


君の頭と心のなかが
きりきり舞いをしているなら
それが何よりめでたい話、
恋にも迷いにも縁のきれた人間は
墓に埋められてしまうがよい。

ゲーテ



ゲーテのような人達の確信を持った言葉を聞くと、さぞ確立された信念を持っている人なのだろうと考えがちだ。


しかし、この言葉は、そのゲーテ自身が常に迷いながら、変化を拒まずに生きて行く中で、さまざまな表現を生み出してきたことを語っているように思う。


安定とは、動き続ける中でこそ生まれてくる。
動かない安定など、生命を持たない物に過ぎない。


いつでも成り立つような固定した指針を求めることは、変化を拒む自分を作り出し、変わらない自分を維持するためには、現実の方をねじ曲げることに繋がる。


いかにも自信ありげな、堂々とした言い回しに騙されてはならない。
それは、単に政治的に正しいということに過ぎない。


迷っている自分、さまよう自分を恥じることはない。
それだけ真剣に生きているということなのだから、むしろ誇りに思えばいい。


人間は努力するかぎり迷うものである。 

ファウスト





迷うことを恐れない人は、柔らかくいられる。迷うことを恐れる人は、がちがちに堅い甲羅で自分を固めようとする。


柔らかく、時には優柔不断にも見えるような節操のなさも、ある意味では『無常』の存在である私たちにふさわしいと言える。


天下の至柔は、天下の至堅を馳騁す。 

世界で最も柔らかで弱々しいものが、世界で最も堅くたくましいものを思い通りに走らせる。

老子第43章



形を持たない水は、堅固な岩の隙間にもぐりこんで、やがて岩をも破壊するのだ。



迷ったらどうするかには、いろいろ一家言があるもの。


◆迷ったらとにかくやる!

やらずに後悔したくない。
迷うのは出来る可能性があるから。


◆迷ったらやめる

迷うのは本当には欲しくないからだ。
迷って決めても結局いい結果にならない。やめておけばいいことだ。


◆迷ったら負けだ

自分を信じて、すぐに決めろ!


◆迷ったら立ち止まれ

焦らずに、もう一度考え直せ。
待てば海路の日和あり。


◆迷ったらこうすると決めている

人それぞれの、いろんな信念やおまじないがある。



おもしろいのは、どれも正しい(時がある)ということ。


だから、迷い方に迷うのは、ばからしい。


その場、その時の迷いに従ってこれで行こうと決めればいい。どれを選んでも、どれが正解だったかは最後までわからない。


避けたいのは、「何もやろうとしないで、言い訳ばかり考えること」、
あるいは、それと同じくらいやっかいなのは、
「これしかないと決めつけて変化を拒否すること」。


期待したとおりにものごとが運ぶことなど、それほど喜ぶことでもないのかもしれない。
期待したときの自分も、やがて変化するものだから。


努力している限り、迷うことは『それが何よりめでたい話』だ。
そう思って、大いに変化と運命を楽しもう。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

大概、死んでるんですよ。
私も何回か殺されかけました。
常識という魔物は、常識外のものたち…

特に新しい生命『赤ちゃん、子供』を…
死んでいるものは心地よいと思考が勘違いさせるようですね。

どうでもいいから、楽しめ。
こう言った釈尊の言葉

迷い続けたからこそのものだと感じます。

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX