« ホーム »

ストレスに強い生き方

jpn063-s.jpg


かなり前になりますが、「ストレスに強い人は...」と題して文章を書きました。
それをベースに、ストレスに強い生き方、そして状況に振り回されない生き方について、考え直してみました。


ストレスに強い人は、結果だけでなく、「その過程そのものを楽しむことができる」人であると言えます。

逆にいえば、ストレスを感じやすい人とは、まず先に結果が気になってしまって、
過程を楽しむ余裕は持てません。

そして結果ばかり気になるので、気軽に取り組むことができず、ぎりぎりになって、やっとの事で重い腰を上げるということになりかねません。

ですから、そういった人は、夢のような結果を待ち望んだり、ドラマの様に結末が先にわかるような展開が起きないかと、現実離れしたことを望んでしまうのです。

ドラマの脚本ではあらかじめ結末が先に出来ていますから、途中の経過がどんなに困難なものであっても、結果はハッピーエンドになる様に出来ています。

しかし結果がどう転ぶか分からない現実では、ドラマのように過程をまねたところで、結末はどうなるか解りません。

ですから、結果はわからないものだということをまず認め、変化していく状況に応じて、その都度対応しなければならないものだという、当たり前の現実を見なければなりません。

では、「過程そのものを楽しむことができる人」とは、どのように結果をとらえているのでしょうか?

おそらく、結果が分からないことでも今迄の経験から、過程をきちんとやっていけば
結果というのは何とかなるものだ、という自信があるのだろうと考えられます。

そして、結果そのものにとらわれて、思い悩む時間も持ったりしません。

予測できることと、予測不可能なことをはっきり区別して、後者については、それ以上考えることをあきらめるという、割り切りが出来るのです。

しかし、いまの自分は、まだまだ結果が気になってしょうがない、という方のために対処法を考えてみましょう。

1.ゴールをしっかりと見ようとしているだろうか?

「なんとなく、漠然としか対象をとらえていないのではないだろうか?」
という問いかけをしてみましょう。

不安というのは、原因がはっきりしない恐れからやって来るものです。

「結果がどうなるかを怖がるあまり、自分が何を目指しているのかを、はっきりさせない様にしてはいないか?」と問いかけてみましょう。

まず、曖昧な形ではなく、対象を分析して具体的な行動に分解できるまで、かみ砕いてはっきりした見えるものにしてしまうのです。

そうすれば、怖がっていた対象も、単に具体的なことをこなしていけばいいのだと分かってくるものです。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ということもあります。

怖がっているなら、正体をはっきりさせましょう。
またその過程で、自分がそれに立ち向かうのだという腹も据わってくるのです。

2.今、ここの体験を大事にする。

結果ばかり気になっていると、気持ちが未来に飛んでしまっていますから、「今、ここ」の体験を味わうことが出来なくなってしまいます。

1で書いた様に、漠然としたものでなく、過程の連続だととらえられれば、
過程そのものを楽しむことも出来る様になってきます。

「今・ここ」を楽しめず、未来の結果だけを追い求めているから、いつも不満や焦燥感を感じることになってしまうのです。

「もともと、私は何の為にこんなことをやっているのか」ということをもう一度しっかり見直してみることです。

そして、いまとりあえず出来る事に集中するのです。

また、今、ここの体験を大事にして、未来に飛んでしまわないようにすれば、過程にしても結果にしても、また、まわりの環境も自分自身も、常に流動的で変化しているものだということを、とらえることが出来ます。

3.予測不可能なことは、考えることをあきらめる。

いまの時点で予測できないことは、いつまで考えても結論は出てきません。

考えても解らないことは、きっぱり切り捨てる勇気をもち、またユーモラスに笑って済ませる余裕も時には必要です。

そして結果にとらわれずに、新しいことに挑戦していくこと自体が、経験を積み重ねることからくる自信を強めることにつながります。

今回もまた、何とかなるものだという予測が立てやすくなって、いい循環が出来上がってくるものです。

また数をこなすことは、少々不完全な部分があっても、寛容になって来ることが出来ます。

以上は、以前に書いた文章で取り上げたことですが、今回これにもう一つ付け加えたいと思います。

4.等身大の自分を知ること

いまの自分が、たとえ期待通りな姿ではないにしても、それをごまかさないで、ありのままの自分を認めることです。

見栄を張って人に対して大きく見せているところがあるにしても、自分自身を偽ることは出来ません。

いまの自分に出来る範囲をしっかり見すえること。

また、まわりがいいという言っているという理由から、自分もそうなりたいのだと思い込まないでください。
本当に自分が望んでいることを、正直に認め、それが他の人と違っていても、自分はそれを望んでいるんだということを、しっかりととらえなければなりません。

本当に自分が望むことをやっているときは、迷いがありませんし、自信を持って取り組むことが出来ます。

まわりの期待に合わせてやっているのと違って、充実感もありますし、たとえ100%出来なくても、それがいまの自分の出来る範囲なのだと認めることも出来ます。

その結果、成果を気にしたり、不安を持ちながらやるのでなく、ストレスも感じずに、確信を持って取り組むことが出来るのです。

蛇足ながら、本当にやりたくないことを、人の意見に合わせてやっていても、ちっとも楽しくないし、それで結果が良く無かったりしたら、二重の悲劇になってしまうでしょう。たとえうまくできても、心からの充実感はおそらく得られないでしょう。

無理をしないで、等身大の自分が本当に望むことをすることです。
それがもたらすものは、お仕着せのゴールなどよりも、ずっと自分が待ち望んでいたものになることを発見するでしょう。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX