« ホーム »

過去のおばけ

128550223381316124698.jpg


今日は連休の初日。
朝ゆっくり目覚めてみると、外はとてもいいお天気です。

外を眺めながら、いい気分で、とても平和な時間を過ごしていると感じます。

ふと、この平和な時間はいつまで続くだろう?と考えた途端に、心が動揺し、わけもわからず不安な気分がおそってきました。

まるで外の天気とは正反対に、突然、空が真っ黒になり、雷が鳴り、嵐でもやってきそうな気分になってしまいます。

むねが締め付けられるような、直ちに何か対処しないといけないと駆り立てられるような、しかし何が原因かわからず、どうしていいかわからないまま身動きがとれません。

こんな時は、あなたの過去の未解決な問題の記憶が呼び覚まされ、それが引き起こすだろう問題ばかりが、先行してあなたのこころを占領してしまったのです。

あなたは、突然起こったこの気分に、わけもわからず、自分は鬱になってしまったのだろうかと心配します。

しかし、これは人間が記憶を頼りに生きているかぎり、誰にでも起こるごく普通の心理作用に過ぎません。

過去の楽しいことを思い出して、急にうきうきしてくるのと同じこと、それがいやな気分になる過去の記憶だったというだけです。

『いまここに生きよう』とよく言われるのは、いま、この場所には何も問題など無いからです。
いまやるべきことがあるなら、あなたは考えていないですぐにそれをやってしまうでしょう。

それが出来ないのは、未来、たとえば明日にならないと出来ないことであるか、過去、過去に起きてしまったことはどうがんばっても、いまそれを変えてしまうわけにはいかない、という過去と未来に関わるどちらかであるわけです。

未来に関しては、今できる準備を一通りやってしまったら、もう忘れてしまいましょう。
まだ何か出来るはずと考え出せば、いくらでも課題はひねり出せるでしょうが、私たちが生きるのは、『いま』だけだということを思い出して、一線を引いてしまいましょう。

未来といま、この2つの間で、ちょうどいいバランスの折り合いをつけてしまい、あとはいまを生きることに戻ればいいのです。

そのバランスが良くないと、いまを犠牲にして未来への準備ばかりになってしまい、その結果、本当の自分を生きていないと感じたりするのです。

過去の方は、未来とは違って、1つの大きな相違点があります。

それは、過去に起きたことは確定したことであり、いまどうがんばってもそれを変えることは出来ないと言うことです。

『変えられないことは、受け入れるしかありません。』
このあたりまえの事実、しかし、あたりまえでありながら、なかなか受け入れられずにいるために、いつまでもズルズルと引きずってしまうということも多いのです。

過去の事実を受け入れてしまえば、その時点で、いま、それはもはや問題ではなくなります。

ところが、過去の問題点は、思い出そうとすれば、すぐに姿を見せるかと言えば、そうでない場合も多いのです。

その問題が、見たくないこと、直面したくないことであるほど、無意識にその記憶を封じ込めて、思い出すことを遮ってしまう働きが起こります。

思い出して直面することで、ふたたび悲しい思いをしたり、あるいは、自分とはこういう人間だと言い聞かせているイメージに合わない自分を見ないといけないなど、何らかの拒絶する理由が存在するのです。

ですが、そうやって直面するのを避ければ避けるほど、その問題はより巨大で曖昧なお化けのような存在になっていきます。

曖昧で、正体がわからないから、お化けなのです。

ですが、心配はいりません。
その正体を隠そうとしているのもまた、自分自身だからです。

その正体を明らかにすることは、かならず自分自身だけでも解決できるのです。

ただ、力まかせに過去を掘り起こそうとしても、抵抗にあってすぐに行き詰まってしまうでしょう。

正体を見せない過去の記憶は、階層化されているとイメージするといいと思います。

比較的、その抵抗がゆるやかなものから始めれば、ひとつ解決することで、次のレベルの自分が明らかになっていくといった感じです。

そして、ゆるやかではあっても、1つの抵抗を取り除けば、ずっと見通しは開けてきます。

また、隠しておかないと大変だと思い込んでいたことが、明らかにしてみれば、決して怖いものではなく、またずっと気分が晴れてくる体験だとわかれば、次の段階への抵抗もずっと穏やかに変わってくるのです。

そこで感じた開放感こそが、過去のゴーストバスターズの原動力になります。

問題を抱えて、それを大切な自分の証であるかのように感じさせているものは、現状を維持したい自我の抵抗に過ぎません。

あなたはもともと、秘密など作りたくはないのです。解放されたいと思っているのです。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX