« ホーム »

付き合いたい人・逃げ出したい人、さて自分はどうだろう

ilm2007_02_0125-s.jpg

世の中には、一緒にいるとだんだん自分が調子を崩してしまうタイプの人がいるものです。

一方では、自分の潜在的な良さを見つけてくれたり、励ましてくれる人、自分が考えていることを黙って批判せずに見ていてくれる人などなど、自分が成長するのを助けてくれる人もいます。

それらは一見明らかなようでもありますが、気がつかないうちに影響を受けているという場合もあります。

私たちの心情からすれば、この人を信じたいと思えば、何もかも肯定したいかもしれませんが、やはりすべてが一致するわけではないし、誰かに依存することなく、自分を持っていることも必要でしょう。

好き嫌いだけで判断するのではなく、長期的に見て自分にとってプラスな面を持っているかどうか判断することも必要です。

もちろん、あなたにとってプラスだから、誰にでも合っているとは言えないし、あなたにとっては、あまりメリットはないけれど、他のタイプの人にはとても役に立つ存在であることも考えられるわけです。

ですが、最初に言ったように、「だんだん自分が調子を崩してしまうタイプ」というのは、ひとつの手がかりかもしれません。

私たちは、ずっと変化しないでいるわけではありません。
たえず、成長し、かつては理想だったことも、今は興味が無くなって、他の関心を追い求めているかもしれません。

その意味であまり固定した理想にこだわったり、自分を決めつけないことであり、またそれは同時に他人に対する姿勢でも気をつける必要があるでしょう。

かつてはあなたの助けが必要だった人も、これからは自分でやりますと言い出しているとき、あなたがまだ「私を必要なままでいて」と思ってはならない。
それは、寂しい面もありますが、一緒に喜んで送り出すべきです。

そうしないと、あなたは相手を依存させ続けるゲームに入ってしまい、あなた自身の共依存的な要素をふくらませてしまうことになります。
さきほど、好き嫌いだけで判断しないと言ったのは、そういう危険が潜んでいるからです。

人を助ける場合には、自分も絶えず成長し続けなければなりません。
時には昨日までのルールを捨てる必要も出てきます。
それが出来ないのに、他人に関わるとき、場合によっては自分の問題のために、他人を巻き込んでしまっている場合もあります。


ところで残念なことに、組織の中ではパワハラ、モラハラといった問題は厳然と存在し、犠牲になっている人も多いのが現実です。

問題が小さいうちは、一気に解決する方法もあったかもしれませんが、複雑に組織化した中では、それを壊すことは簡単ではないし、個人が立ち向かえることではないかもしれません。

個人に出来るのは、自分がそれに手を貸さないことであり、そうではない関係を自分たちが作り上げることだと思います。
組織や社会のために自分がいるわけではないのですから。

ilm2007_02_0086-s.jpg

他人をけなす、悪口を言う、誰かが弱っているときにこきおろして喜ぶ、自分より弱い存在がいることで自分を安心させようとする、他の人のいる前で部下を非難し暴言を浴びせる、いなくなった瞬間に陰口を言う・・・

そんな人たちには、付き合う必要はないし、断固拒否する方法を探し求める必要があります。
もちろん簡単ではないでしょうが、それでもそんな人たちの影響を受け続ければ、やがて自分がダメになっていきます。
そうなってからでは、ダメージは大きすぎるのです。

考え方は人それぞれですから、それ以上のことは言えませんが、たかが会社のために自分を犠牲にするなんてばかばかしいことだと思わないでしょうか。

対抗するには、それだけの犠牲を払う必要があるか判断することです。
それよりも、大事なのは、自分が本当はどうありたいのかと言うことです。

犠牲になっているうちに、自分の望むことを書き換えてしまっているかもしれません。
ですが、犠牲者になり続けることは出来ません。
最初は同情されても、あなたがいつも犠牲者の言葉を発し続ければ、あなたは別の形でやっかいな存在になってしまいます。

どこかで脱出することは、自分の責任であることを辛くても認めなければなりません。

加害者にも犠牲者にもならないこと、それが普通であると認識することは、当たり前なはずだけど、残念な現状があることも事実なのです。

少なくとも私はどちらでいよう、それは明らかですよね。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 言葉

> こけおろして は
> こきおろして が正しいようです。

ご指摘ありがとうございます。
「扱き下ろす」が正解なのですね。

No title

paoさんへ・・・以前投稿させて頂いた者です。その節はご返答ありがとうございました。以降、paoさんのコラムは私に何が好きで嫌いか、自分にとって本当に大切なものは何なのか、を明確に教えて下さいました。年末にあたり、自身を色々反省していて再度投稿させて頂きました。以前自分の気持ちの整理とばかりにpaoさんのご迷惑も顧みず、図々しく何度もコメントさせて頂いた事、心より お詫び致します。不愉快なコメントがありましたら今までのnobuと風子、このコメントのすべてを削除して頂いて構いません(勿論、掲載して頂いても構いません)。良いお年をお迎え下さい。ありがとうございました。

Re: No title

> paoさんへ・・・以前投稿させて頂いた者です。その節はご返答ありがとうございました。以降、paoさんのコラムは私に何が好きで嫌いか、自分にとって本当に大切なものは何なのか、を明確に教えて下さいました。年末にあたり、自身を色々反省していて再度投稿させて頂きました。以前自分の気持ちの整理とばかりにpaoさんのご迷惑も顧みず、図々しく何度もコメントさせて頂いた事、心より お詫び致します。不愉快なコメントがありましたら今までのnobuと風子、このコメントのすべてを削除して頂いて構いません(勿論、掲載して頂いても構いません)。良いお年をお迎え下さい。ありがとうございました。

コメントありがとうございます。
nobuさん、風子さん、別に迷惑じゃないですよ。
自分を振り返るきっかけにもなると思いますから、必要ならご利用ください。
では、よいお年を^^

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX