« ホーム »

自己否定と取り組む(1)

「自己否定と取り組む」というテーマで、「自己否定」や「劣等感」、「自信のなさ」といったものを掘り下げて、それを何とか解消できないものかを探ってみたいと思います。

まずは、その実態を調べてみましょう。
自己否定あるいは、劣等感といったものは、わたしたちの様々な可能性を制限してしまいます。

たとえば、新しいことに取り組もうとしても、前に失敗した経験を思い出すのでなかなか取り組めません。
臆病になって、何かと理由を考えてそのことから逃れようとします。
ちょうど小学生があした苦手な科目があるとか、試験があると思うと何とか病気にならないだろうかと真剣に考える様なものです。

気が晴れない


あるいは自己否定は自分の判断に自信を持てなくしてしまうので、誰か頼れる人を探そうとします。
自分に自信を持たせてくれる人に出会うことで、一時的に自信を取り戻せるかも知れません。
その機会をうまく利用して、自分の自己否定と直面できれば、解決の道があるかも知れません。
しかし自己否定がある程度強いと、せっかくの機会もうやむやになってしまうかも知れません。

それは、現状を変える事への恐怖が、自己否定を解消することの希望よりも上回ってしまうためです。何となくズルズルと現状維持に戻してしまうのです。

自己否定はまた、すぐにやっぱりダメだというあきらめの早さ、なにもやりたくないという無気力感となって現れるかも知れません。

疲れたサラリーマン


またどこにそのはけ口を向けるかでも現れ方が変わります。

自己否定を他人に投影することで、相手を非難してみる。あるいは、第三者的に人や物事を批評することで、自分自身への自信のなさや否定感をごまかそうとするかも知れません。

逆に自分自身へ攻撃が向けられると、自分自身を非難して落ち込んだり、自分自身を傷つける行動を取ったりします。

自分への評価の低さを人に見透かされない様にするために、先に自分のダメさをアピールする人もいます。
もっとこのように努力してみたらと言われるのがつらいからです。
あるいは、まともにやってみて失敗するくらいなら、あらかじめ失敗しておいた方が安心できるのかも知れません。

そして何よりも、自己否定は自分自身をよく評価する事が出来ないというつらさがあります。
またそれとともに、何か本物でない、満たされない対人関係に不満や失望を感じ続けるのです。

うつむく


このように、対人関係では様々なごまかしのゲームを演じること。
自分自身に対しては、やる気のなさ、無気力感、憂鬱感、自分への攻撃をもたらします。
これらをそのままにしておいていいとは思えませんよね。

せっかくの自分の人生、もっと自分を取り戻して生きたいと思います。
なんとかこれらの置き去りにされた自分を取り戻してあげたいと思うでしょう。
すねてしまった「こども」や、おびえている「こども」がそこには見つかるはずです。

自己否定と取り組むには、まずは自分自身の否定している部分を見つけること、そしてそれがどこから来て、どのような影響を与えているのかを理解することです。
相手を知らないと対応のしようが無いのです。

そのための方法を、いくつか次回から考えてみたいと思います。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
投げ出したくなる時
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-74.html
批判を恐れる心理
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-62.html
相手はみんな最善を尽くしている
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-88.html
嫌いな人とのつきあい方
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-52.html
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX