« ホーム »

私とは実際誰なんでしょう?

phm21_0018-s.jpg



『私とは実際誰なんでしょう?』

あるとき私はとても機嫌が良くて、誰でもいらっしゃいという笑顔の人です。
そのとき、「これが本当の私よ」と私は思います。

あるとき私はとても機嫌が悪くて、「どうして世の中こんな人間ばかりいるんだ!」と怒り狂っています。
そのとき、「こうやって憤りを感じるのは当然だ」と私は思います。

あるとき私は自分の行動に矛盾を感じて、罪悪感と怒りを感じます。
「何でこんなことをしたんだ。あいつがいたからこうなったんだ。」と感じていますが、そのときもこれが私だと言います。

あるとき私は相手の行動に矛盾を感じて、罪悪感と怒りを感じます。
「何で君は昨日言ったことを覚えていないんだ。矛盾してるじゃないか」と感じていて、一貫している方が私だと思っています。

どのようなときも、これは別の人がやっているとは思わず、これが私だと表明しているし、さらにはそんな自分を一貫したものだと信じて疑いません。

あれもこれも私だ。そして矛盾しているように思えても、それにはちゃんと理由があるんだと言い訳します。

後から説明をつけるのは、なんとでも出来ます。
ですが、そんな苦しい説明をするくらいなら、私の矛盾した状態を受け入れればいいのですが、それをやったら「私」がいなくなると怖れるのです。

私は一貫していると主張したいために、あるいはそうしないと自分がどこに行くかわからないと怖れているために、どれだけの犠牲を払っているでしょう。

私の本当にしたいことは、「これが私だ」と考えているものに自分を合わせることでしょうか?
ありのままの自分を先行させるわけにはいかないのでしょうか。

☆~⌒☆

たとえばあなたは「みんなから受け入れられたい。人気者になりたい。尊敬される人になりたい。私が何か言えば信じてもらえる人になりたい。私が頼めばみんなそれに応えてくれる人になりたい。いつも私のまわりに人が集まる。みんなの注目は私のものだ。」といったことを夢見るのです。

そしてどうやったら、そういう人間になれるのか、探し求める旅に出ます。

時には向上している自分を感じます。
しかし、ときおり、こんな自分を本当にみんな好きになってくれているのだろうか?
影では、みんなでバカにしているというのが本当じゃないだろうか?と気分が落ち込むときがあります。

あなたが本気で自分を受け入れてもらいたいと認めるなら、その気持ちを正直に持ち続けるなら、やがてあなたは自分の背中にたどり着くでしょう。

前へ前へ進んでいたのが、とうとう一周回って、自分の後ろ姿に行き着きます。

その後ろ姿に見つけたものは、「頼むから私の方を向いて」と懇願している自分の姿です。
それを見て何を思うでしょう?

みんなが受け入れてくれる立派な自分になるのが望みではない。
私はただ今目の前のあなたにうなずいて欲しいだけだと。

あなたが見せかける自分を目指すのをやめたとき、目の前の人もまた自分と同じ望みを持っていること。それを待ち焦がれている人ばかりであることが見えるようになります。

あなたが自然に目の前の相手に応えるとき、相手もまた自然に応えてくれるのを見るでしょう。

やがて受け入れられないかもしれないという恐れは、徐々に小さなものに変わってきます。
それとともに、いつも誰かが自分を求めに来ることや、みんなが自分のまわりに集まることを期待することも薄れていくでしょう。

それは、私の恐れから作り出した無理な理想に過ぎなかったことが見えてきます。
そして、ひとりっきりで自分とともにいることも、同じように大事な時間になっていくでしょう。

相手の賛成を欲しいがために、自分を犠牲にする必要など無かったことがわかってきます。そんなことで安売りするような価値のない自分ではないと思えるとき、自分への信頼が生まれ、自身が沸いてきます。

そうすれば、何か問いかけをしたいとき、誰かの権威者を捜さずに、自分自身に問いかければいいことだと気がつきます。

依存する人を作り出さないとき、あなたは本当の自由を感じます。
自分で自由に選べることの、本当の意味を知ります。

もちろん様々な価値観も変わってくるでしょう。
今までずっと無駄なものにしがみついてきたことに気づき、何が本当に必要なものかがわかります。

『私とは実際誰なんでしょう?』という問いかけの答えは、相変わらず簡単ではありません。

しかし、今までよりもずっと「誰かではない」ことは見えてくるのではないでしょうか。



Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
15位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX