« ホーム »

あなたはあなたのままで完璧だ

phm20_0302-s.jpg

あなたはあなたのままで完璧だ
いまのままで、
なにひとつ足さなくてもいいし、
なにひとつ除去するものもない。

それ以上になる必要もない。
それ以上とは単なる言葉、思考が作り出したものに過ぎない。

ためしに、「それ以上を実行して見せなさい」と言われたら何をするだろう?

せいぜい、あなたが普段足りないと思っている自分を、もっと良くなれるはずだと責め立ててみじめな思いを味わうだけである。

だから何もすることはない。
あなたは何をする人にもならなくていい。
そのままじっとしていれば、やるべきことは為される。

いつものように、次は何をすべきかと思い煩うことも必要なくなったのだ。
すべては内発的に、瞬間瞬間で起きてくる。
あなたは抵抗しないで受け入れるだけでいい。

これで、あなたの悩みはすべて消え去った。
あなたはただ存在するだけでいいのだ。

・・・・・・・・・・・・

「しかし」
しばらくすると、あなたの中の誰かが語り出す。
「これでいいはずはない。馬鹿な考えはやめるんだ。そんなことに耳を貸してはいけない」

その内容とはなんだろうか?

それこそがあなたの普段の重荷を作り出している正体だ。

洋の東西を問わず、また時代を振り返っても、勤労を勧め、やがてそれが強制力を持つようになる。

「働かざる者食うべからず。」
「怠け者は社会から追放されて誰も相手にしなくなるだろう」
「おまえが働けば怠け者たちは、やがておまえをうらやむようになり、名誉と栄光はおまえのものだ。」
「常に自己を磨け。自己を向上させるのだ。」
「勤勉こそが人道の発露。修養の道である」
「無心の努力こそが尊いのだ」

しかし、誰も働くなと言っていない。
今のあなたが完璧であると認めると、働かなくなるだろうと思っているのだろうか?

完璧であるあなたは、強制などされなくても、やるべきことは自然にやっていくだろう。
そこになぜ強制が必要だろう。

「無心の努力こそが尊いのだ」
そう、完璧なあなたは、いつも結果など気にせず無心に取り組む。
「無心の努力」かどうか気になるのは、いつも結果を気にしている人間である。

完璧なあなたは、不要に怠けようなどと思わない。
怠けるという発想は、強制された労働の中から生まれてくるのだ。

それから、さりげなく埋め込まれているが、「怠け者は社会から追放されて誰も相手にしなくなるだろう」という脅迫の言葉である。

仲間はずれになっては大変だ。
そんなことは小さな子どもの頃から思い知らされている。

これは非常な恐怖だ。
これを持ち出されると、怠けてなんかいられない。
しかし恐怖が原動力の行動は、かならず行き詰まり破綻する。

いくら怖くても、それだけで走り続けられる人などいないからだ。
もちろんそんな状態を望む人などいないだろう。

完璧なあなたは、仲間はずれなどになったりしない。
仲間はずれを怖がるのは、自分に対する信頼のなさの裏返しから来ている。

「こんな私は、そのままでは受け入れられるはずがない。」という思いから、あなたはある程度仲間から歓迎されだすと、自分からそれを拒絶しそこから逃げ出してしまう。

自分を罰しないといけないと思ってしまうのだ。
「こんな私がこれほど受け入れられるはずがない。化けの皮がはがれないうちに自分から離れておこう。」

自分を受け入れられないことも、自己評価の低さも、すべては自分を勘違いしているに過ぎない。
どこかで拾ってきた自己イメージを後生大事に持ち続けることをやめることだ。

完璧なあなたは、これまた完璧な相手から受け入れられないはずがない。
受け入れてくれないのなら、相手も自分を受け入れられない人間だからである。

一生懸命だれかを仲間はずれにしたがる人間とは、自分を受け入れられていないから、いつか自分が標的にされるのを怖がっているのだ。

そんな人から受け入れてもらわなくても、気にすることはない。
完璧なあなたは、完璧な誰かがそのままで受け入れてくれるからだ。

ついでに付け加えると、「名誉と栄光はおまえのものだ」は完璧なあなたにとっては、そのままで受け入れればいいことだ。
もっとも、完璧なあなたには、そんなものを持ち出して自分の価値を計る必要などそもそも感じないはずだが。

「何かをしたなら~」と言う条件は必要ない。
完璧な自分を受け入れられない人は、「何かをしたなら~」と条件をつけることで、かろうじて受け入れられる自分を作り出せると考えるのだ。
「どうだこの成果を見ろ!すごいだろう。だから私を認めてくれ!」という悲痛な叫びなのだ。そして叫び声コンテストを開いて慰め合うのだ。

完璧なあなたには、そんな条件は必要ない。

「でも私は完璧なんかじゃない」とあなたは言いたいだろうか?

そこには勘違いがある。

あなたが完璧なのは、あなたの力で獲得したものではない。
あなたが何をしようと、しまいと、もともと完璧だということ。
むしろ、あなたが余計なことを考えなければ、そのままで完璧なのだ。

生まれたときにはあなたは自分を完璧だと思っていた。
疑いもしなかった。

やがてあなたは自分をはかる「道具」をどこからか拾ってきた。
それを使うと、なんと自分は完璧ではないと示しているではないか。

しかし比較する道具など、完璧なあなたを測定することは出来ないのだ。
そんなものは無視すればいいだけだ。

完璧さを知る人は、比較など使わずにあなたの完璧さを読み取ってくれる。


あなたはあなたのままで完璧だ
いまのままで、
なにひとつ足さなくてもいいし、
なにひとつ除去するものもない。
それ以上になる必要もない。




Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX