« ホーム »

後悔しないための考察

phm20_0400-s.jpg



後悔とは、2つ以上の選択肢があるとき、後から自分の選んだ選択よりもいいものがあったと思うことです。

後悔することは、単にやり方を間違えたこととは違います。
間違えたことはやり直せますが、後悔にはやり直しがきかないという思いが含まれているように思えますね。

ところで、私たちは後悔したときに何をするでしょうか。

自分の選択が間違っていたことを責めること、あるいは状況によっては、その選択に影響を与えた誰かを責めたり怨んだりすること。

これがほとんど主体になってしまうようです。

「だって他になにができる?」

この時の私たちがやっていることを振り返ってみると、選択を間違えたことや自分を責めるばかりで、どうしてその選択の間違いが起きたのか考えることをあまりしていないのではないでしょうか。

選択についてもっと考えることはないでしょうか?

では、そのときどのように決めているかを考えてみましょう。

そのときの自分が持っている情報や、その時点での自分の信念が、決定の要因になっています。
つまり、たまたまそのときに持っていた材料だけに頼っているのです。
極端に言えば、そのときの気分に左右されて決断しているかもしれません。

このちょっとギャンブルがかった決断を、もっと後悔しないものにするに、こういうことは考えられないでしょうか?

『どうなれば自分は後悔しないか』という基準になるものをあらかじめ決めておくということです。

そのときの気分で決断するやり方は、どうしても長期的に見たときの判断とずれが生じてしまいます。

ですから、ある程度長期的に自分の人生を見通して、その視点から、『どうなれば自分は後悔しないか』という基準を考えておくのです。

さてここまでたどり着いても、まだ難しさは残っています。

それは、『どうなれば自分は後悔しないか』を正確に知るには、出来る限り自分に正直になる必要があるということです。

特にいまの私が社会的な望ましさや、他人の考えに頼ることが多いほど、自分の正直な望みを見いだすのが難しくなります。

そして、そういった基準で判断すれば、後悔することも当然多くなってしまうのです。

さらには、他人の考えに従ったという意識があると、その後悔を他人のせいにして自分の決断の責任を回避しようとする傾向も出てくるでしょう。

目の前の利益がいくら魅力的でも、何かに依存した選択は、いずれ後悔することになります。基準自体が移り変わってしまうからです。

移り変わることのない基準は、自分の中にしかありません。

言い換えれば、出来る限り自分にコミットして、正直な自分の決定を行うほど、後悔することは少なくなっていくということです。

これはひとつのオプションではありますが、「自分が正直に決断したことは後悔しない」と決めてしまえばいいのです。

そのやり方なら、必ずしも強がりではなく、本当の意味で後悔しないでいられる可能性は高いでしょう。

自分で選択するということは、自分が生きるということそのものです。

人生の末期に人が後悔することとしてよく言われることは、こういうことです。

「もっとまわりの人と一緒に過ごせば良かった」
「働きすぎずに、自分のやりたいことに時間を使えば良かった」
「自分の本当の気持ちをもっと大事にして生きれば良かった」

ここから見えてくる『どうなれば自分は後悔しないか』の基準にすることとは、どれだけ自分に正直に選択を行うかということではないでしょうか。

どれだけ自分に本当にコミットして、大切に選択するかです。

未来に飛んでしまわないで、今日のこの日の選択にもっと注意を払い、惰性で物事を決めてしまわないことです。

後悔が多いと感じる人は、どのような基準で選択しているかを振り返ってみることです。

本当に後悔するようなことは、滅多にあるものではないし、自分に正直に生きた結果であれば、それはいつまでも続くことはないのです。




Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
17位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX