« ホーム »

自分で考える!

あれ、ニャン太郎のやつfacebookを始めたのか


自分で考えようと決心した途端に

力が沸いてくる。

勇気が沸いてくる。



あなたが

自分の意見を言うのには勇気がいるとか、

怖いと感じるのは、

本当に自分で考えていないからだ。



本当に自分で考えるとき、自分が勇気そのものになっている。

外から勇気を探す必要などなくなる。



不安なのは、借り物で考えようとするから、

だから間違っていないか不安になるのだ。



自分が考えの主体になれば、比較するものはなくなる。

間違いを心配する必要もなくなる。



あなたにとっての真実なら、

それが間違いだと誰が言う権利があるだろう。



あなたは自分の考えに完全にコミットしているから、

そんなことは考える必要がなくなる。



知識が頭の中で渦巻いているようでは、

自分で考えることなど出来ない。



それらが収まるところに収まるよう、

自分でかき回さないことだ。



濁ったコップの水をきれいにするには、

何もしないでいることが一番、それ以外にない。



あなたがこれは正しいだろうか、

間違ったことを考えていないかと心配になるのは、

あなたの中にチェックする人をもう一人抱えているからだ。



その人は、たいていは誰か他人のふりをしている。

それは外にいる人だと、あなたは思い込んでいるのだ。



しかし、そんな人が誰もいなくても、

あなたの中にいる監視人が他人のふりをしてあなたを不安がらせるのだ。



あなたが、本気で自分で考えようと思って、

すべてにコミットする気になれば、

監視人はいつの間にかいなくなる。



コンピュータのプログラムでは、通常、例外はデフォルトとして処理される。

つまり、想定した条件のどれにも引っかからないものは、

デフォルトの動作をすることになる。



そしてデフォルトの動作というのは、問題を起こさない安全な行動なのだ。

あなたがたとえ条件を入れるのを忘れたとしても、

安全で問題のない処理をするように作られている。



その意味では、デフォルトの行動を書き忘れたり、間違えたりすることの方が問題になる。

条件については、多少なら少なくても大きな問題はない。

せいぜい少し気の利かないプログラムに見えるだけだ。

しかし、デフォルトの処理が間違ってしまえば、それはバグになる。

ユーザーは許してはくれない。

プログラム全体がぶっ飛んでしまうからだ。

「何も反応しないんですけど!!!」



この場合の「想定した条件」とは、あなたにとっては、

普段、間違えないようにと気を配っていることを表している。

もちろん、すべてなどチェックできない。

せいぜい今のあなたの気がつく範囲のチェックが出来るだけだ。



どうせあらゆることをチェックすることは出来ない。

それよりも、本来のあなたが一貫していること、

しっかりしていることの方が大事なのだ。



チェックに引っかからないとき、あなたは何も考えずに

デフォルトの行動をとっているだけだ。

それは心配しなくても、間違いのない行動をとっているのだ。



すべてをデフォルトに任せられると思えるのは、

あなたが外側からの知識に惑わされなくなったときだ。



必要なチェックは、外を探さなくても自分の中で出来ることに気がつくだろう。

そもそも、いままでも自分の中でチェックしていただけなのだけれど。



そして、そのときあなたは自分で考えるようになる。



あなたは、いちいち自分で考えているなどと意識することもないだろう。

考えることが、すべてあなたそのものだからだ。



そのとき、すべてはただ起こっては過ぎていくものだと感じられる。

必要なものがあるなら、それは向こうからやってくる。

あなたが受け入れられるようになったとき、そのときその姿が見えてくる。



考える自分、チェックする自分、怖がる自分、・・・

いろんな自分を作り出さないことだ。



そうすれば、あなたはひとつのものとして行動する。

なんの無駄な行動も、無駄な気遣いも必要がないものだったとわかってくる。



そしてもちろん、そのときこそ、最高の効率で行動できる自分がそこに現れる。



Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
いつも楽しみに読んでます!
軽い精神疾患をもってるので、心に響きます。

毎日ブログ更新してるので
よかったら遊びにきてくださいね!
また遊びにきます!

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX