« ホーム »

目的はないが意味のあること

656c0c6a2e6f920d13af897614603cfc_50.jpg


瞑想には目的はない。

瞑想はあとで成果を確認するようなターゲットを持たない。

そんな目的のないことをなぜやろうとする人がいるのか?
あるいは、時として自分もやってみたいと感じることがある、と気がつく人もいるかもしれない。

この疑問は今の社会に生きる人にとって、無理もない当たり前な疑問だ。

それは、私たちが「目的のあることに向けて動くこと」に意味があると教え込まれてくるからだ。

何事もあらかじめ目的があるはずだ。
そうでないことをやるのは、時間を無駄にすることだと考える。

無駄とは、「役に立たないこと。かいがないこと。」を意味する。
そこには、何の役に立ったのかという目に見える成果が要求されるということだ。

それは、体にしみこんでいるかのように、当たり前のことなので、勤勉な人ほど無駄な時間を過ごすことに罪悪感を覚えるし、無駄な動きをする人を見てイライラしたりする。

もちろん、その反応の仕方は、きわめて正常なことである。
そのように作られてきたのだから。

そのような人から見れば、目的のない、成果を持たない、あるいは根っこを持たない行動である「瞑想」とは、意味のわからない存在である。

得体の知れない人間達が行う宗教儀式か何かのように見える。

しかし、成果主義の人間にとっても、自分の尊敬する人が瞑想をしているとか聞くと、心穏やかではない。

「瞑想なるものをしてみんとて」と動き出す。

そして、やる以上は、かならずそこには目的や具体的な成果が発見できるはずだと考えるようになる。

一方、買い手があるところ、売り手市場も現れる。
瞑想の仕方を教えますとか、瞑想によって仕事効率のアップを図ろうとか言い出す人が当然のように現れる。

「金を出す以上成果を見せなければならない。」
「だれが何の意味もないことにお金を払えるか!」と言われるのも当然だから。

本来の「瞑想」とはかけ離れたところに、何らかの意味や成果を見せる方法を作り出さないといけなくなる。

ものごとは、何であれ右に進むか、左に進むかで結果は変わってくるのが普通だ。
何かをやれば、何らかの変化が起こる。
因果関係は、後付けでいろんな意味を付け足すことができる。

さて、そんな擬似的な瞑想商法のことは置いておいて、瞑想には本来の意義が存在する。
と言うよりも、瞑想することそれ自体が目的でありゴールなのだ。

それは目的の達成とは関係のないことだ。

社会的な価値観が見いだせなくても、その人にとっては重要な意味を持ち、またそれを自らやってみたいと思わせる何かがあるはずである。

瞑想の本当の意味が顔を現すのは、あらゆる動機を巡り歩いて、あらゆる目的の探索をやり続けて、どこまでやっても究極の目的など見いだせないと悟ったときだろう。

動機にもとずく行動をどれだけ行っても、その枠組みで見いだせない不満や、合目的的な行動、成果主義の行動にむなしさを見いだしたときだ。

動機を探っても見つからないが、根源的にやってみたいという欲求が生まれてくるような何かを、見たり言葉にすることができないが感じてみたいとき、瞑想への欲求が生まれるのかもしれない。

そして、その質的に全く異なる経験をした人は、いままで持っていた価値観を、様々なところで書き換えることになる。

つまり、今まで「何で?」と問いかけて答えがわからないことに、無駄というレッテルを貼ってきたわけだ。どことなく後ろめたさも感じながら。

いまや、それらに意義があったことがわかってくる。
それらが一気に色づいて見え始めるのだ。

動機では説明のつかない、根っこも成果である花も実も見えない様な何かに、確かに意義があることを感じ出す。

そうやって、目的はないが意味のあることの存在に気づくことは、今まで価値を見いだせないままでいたことに豊かさを与えてくれる。

それらは、もともと豊かな存在として、いつもそこにあったのに、忘れたり、あえて見ないようにしてきたことを思い出す。

いつも無駄な行動をしていないかを監視してきた自分も、役割を徐々に交代していくだろう。

「また無駄な時間を使ってしまった」と思わないようになる。
何が無駄なのか動機だけでは計れないからだ。


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

豊かな存在

もともと豊かな存在として、いつもそこにあった

これがわれわれの本質なのでしょう
そして、みなグッドタイミングで、この事実に
気づくのでしょう


ありがとうございます
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX