« ホーム »

人生ってソフトクリームみたいなもの

お手上げの子供



"LIFE IS LIKE AN ICE CREAM CONE...

YOU HAVE TO LEARN TO LICK IT!"

Charlie Brown

”人生ってソフトクリームみたいなもんさ・・・

なめてかかることを学ばないとね!”

チャーリー・ブラウン

スヌーピーたちの人生案内 チャールズ・M・シュルツ (著), 谷川 俊太郎 (翻訳)
出版社: 主婦の友社 (2007/11/28)



「人生をなめる」という言葉は、悪い意味に使われる場合、現実を実際より過小評価していて、自分の実力はそれに届いていない場合に使われます。

つまり「なめる」とは、過小評価、値引きして考えるという意味です。

力が及ばないのに、それとわからず、自分の側の努力や準備を怠るというのが、悪い意味での人生をなめた態度です。

しかし、一方では人生をなめてかかる必要がある場合もあります。

それは、先ほどは現実を過小評価していたわけですが、逆に過大に評価しすぎて、自分の実力を発揮しないまま、何もしない状態に陥ってしまう場合です。

こちらの方も、現実に同じくらい存在する、間違った態度だと言えます。

なぜなら、正当に評価できていれば、自分の力を発揮させて、自分自身にとってもまわりにとっても役に立つ結果が望めるはずだからです。

現実を評価するには、小さすぎても大きすぎても問題を生じます。

ありのままの大きさで見ることができて、始めて土俵に立つことができるのです。

後者の場合、少しなめてかかるくらいで、ちょうど、うまく自分を乗せて動き出すことが期待できます。

しかしもちろん、そうしたから必ず自分が勝てるわけではありません。

それは、スタートです。やっと同じ土俵に上がれたと言うことまでです。

ですが、それをやらない限り、何もしないことになり、自分にとっても、まわりにとっても人生を無駄にさせてしまいます。

さてここで終わったのでは、当たり前すぎておもしろくないかもしれませんから、後者の「人生をなめる」やり方がどのように役立つかを少しだけ考えてみましょう。

よくTVの刑事ドラマなどで、悪者役の人物が言う台詞に、「よくもなめたまねをしてくれたな!」というのがありますね。

これは何を意味しているのでしょう?

これは、「しまった。ばれてしまった」と言っているのです。

ばれずに押し通せば、実体のない有利さを利用できたのですが、相手がなめてきたので、対等な関係であることが明るみになってしまうのです。

つまり、あいてはこちらをなめてかかって、ブラフ(はったり)を仕掛けていたのです。

実際には、相手の方が権力を握れる正当な理由などないのです。

「私に従っていないと、困ったことになるよ」という様々な脅しやブラフを相手は仕掛けてきます。

それに乗っかっている限り、私は弱い立場のままです。

ほとんどの場合、弱い側の立場の人間が相手との関係を正当に評価し始めれば、権力バランスは崩れてしまうものです。崩れると言うよりも、もともとの正当な関係に戻ると言うことです。

ですから、チャーリーの言う「なめてかかることを学ばないとね」というのは、相手のはったりを見破って対等の立場で相手と接することを学ぶと言うことです。

パワーハラスメントとは、必ずこういった権力構造が土台にあるものです。

ブラフを仕掛けることは、相手にとって最大の弱点でもあるのです。

ブラフを見破れば、相手は元々なかったものをいつまでも主張することはできません。

なめてかかるべき時には、そうあるべきなのです。

"人生ってソフトクリームみたいなもんさ・・・

なめてかかることを学ばないとね!"


Facebookページ:→ 『人生を変える「いいね!」セッション』

PDFでいつでも読めます:↓ ↓
lifehint30.png


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
24位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX