QLOOKアクセス解析
« ホーム »

嫉妬をやめて自分の持っているものを楽しみましょう!

m010149.jpg 

なぜ嫉妬してしまうのでしょうか。

そもそも嫉妬とはどういうものでしょうか。

あなたが自分以外のものにあこがれて、今と違う自分になりたいと思うのが嫉妬の原因ではないでしょうか。

何かに、あるいは誰かにあこがれて、自分もそうなれたら、いまの苦しみはなくなり、充実した人間に自分もなれると思っています。

そこにある思いとは、
1.あの人のようになれたら、自分は満足するに違いない。
2.自分にはそれが足りないから、いまが充実しないのだ。
3.今の自分が欲しいものは、あの人のようになれることだ。
というように、自分にかけているものがあると思い込むことと、それが手に入れば自分は満足し充実した人間になれるという、一方的な思い込みです。

そこで見落とされて思い込んでいるのは、「自分もそれがあれば充実できるのに」と思いや、「それさえあれば、自分を変えられるに違いない」という思い込みがすべてを支配してしまうことです。

本当にそれが自分にあった望みなのかということは、あまり考えていません。
あるいは、何かが変われば、いままで持っていたものが犠牲になってしまうかもしれないことを想定していないのです。

たとえ、その期待をまねて自分が変わったとしても、その影に隠れて失ってしまった自分に後悔するかもしれません。「こんなはずではなかった」と思うかもしれません。

その理想を手に入れることで、失ったり、二の次になってしまった自分の望みに初めて気がつくのです。

自分が本当に望んでいることや、自分自身を振り返ることを先にやるべきだったことに気がつくでしょう。


今の社会は、そのあこがれるものをまき散らすことで成り立っています。

あなたに「何をしなさい」と訴えるのが得意で、しかし「どのようにしなさい」とは教えてくれません。

「何をしなさい」はそこら中にあふれています。

「あたらしい○○欲しいでしょ?」

「もっと楽に手に入る方法がありまっせ」

あなたが、SNSでほかの人の書いた記事を眺めていると何に出会うでしょう?

「わたしは○○を手に入れたよ。とってもよかったよ。」

>そうか、それなら私もほしいな。

>あの人はラッキーだな。自分もそうなりたいな。それに比べて。。

あっという間に嫉妬の原因を収集しはじめていることになるでしょう。

情報はたくさん集めれば良いとは限りません。

「たくさんあった方が、より正確な情報を見つけられるはず。」という論理を信じているかも知れません。

しかしそれによって、いかに有害な情報のシャワーにさらされることになるかを考える方が大事ではないですか。

子どもがおやつは一杯ある方がいいというような論理ではなく、すぐにあなたを嫉妬まみれにしてしまうものは、有害だから避けるべきと思った方が良いのです。

それとも、あなたは、そんなものに影響されない人間になるんだと修行でもする気でしょうか。

有害だと認めたら、防御すべきでしょう。インフルエンザがはやっていると聞けばマスクをして、うがい・手洗いを考えるでしょう。

無防備に嫉妬の原因に飛び込んでいく必要はありません。

遮断できることは遮断して、自分以外のものになるのではなく、ありのままの自分を振り返って受け入れることを考えみる。

それをしないから、たちまち社会の「何をしなさい」攻撃にやられてしまうのです。同調していないと罪悪感を感じる様になるのもすぐでしょう。

「嫉妬はよくありません。嫉妬しない人間になりなさい。」という意見は一見まともに思えますが、これ自体が嫉妬の一部なのです。

なぜなら、自分以外のものになりなさいと言っているからです。

嫉妬している自分に気がついたのなら、それも今のありのままの自分の姿であると、素直に認めることからスタートするしかありません。

「嫉妬しないでいられる人」を目指すにしても、実際になるのは不可能でしょう。

そんな現実離れをしたことを願うのではなく、新たな嫉妬を作り出さない生き方を見つけることの方が現実的で大事なことではないでしょうか。

自分以外のものになることで幸せになる、と信じるのをやめることです。

ありのままの自分を受け入れられるようになることが、すなわち嫉妬に縁のない生き方を作りだしてくれるのです。

そしておそらくそれが唯一の嫉妬を防止する方法なのでしょう。

また、そこから今度は「ありのままの自分を味わう」余裕が初めて生まれてきます。

嫉妬しているより、そのままの自分の生み出す世界には本物の充実感があることがわかってくれば、外を探し回っていたことのばからしさがわかってきて、自然と足は遠のきます。

自分が無理しないで、ありのままでいることで満足できることが、たくさんあったことにようやく気がつくのです。

無理に何かを取り入れるよりも、いま持っている自分をもっと充実させることを考えてみましょう。

隣の芝生に憧れるより、自分の庭をもっと耕してみましょう。
自分にふさわしい、もっといいものが、たくさん見つかるでしょう。

ないものに憧れるより、すでに持っていたものを見なおしてみましょう。
毎日おもちゃ屋さんを眺めに行く子どもは、家に使わないままの何があったかを見ようとしていないのです。

手に入れないと満足できないと思い込まずに、どうやって持っているものを楽しむかを考えることです。そこには、同じだけ、あるいはそれ以上に、あなたにふさわしいものが眠っているはずです。

 



ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







我々が物語の中の役者ではなく、物語の証人であると認識すれば・・・

3doorhiraku20140830500-thumb-1000xauto-5325.jpg 

いったん、我々が物語の中の役者ではなく、それの目撃者であると認識すれば、全ては変わるだろう。
~ラム・ダス

Everything changes once we identify with being the witness to the story, 
instead of the actor in it.
- Ram Dass

http://aspiritualwarrior.tumblr.com/

役者であるとは、その役になりきって、自分自身のつもりでそれを演じます。
どこかで自分が演じていると感じながらも、物語は自分に降り掛かったリアルさを感じます。

同じように物語と接しても、あなたはそれをどこか外側から眺めている証人になれば、あなた自身がかかわっているのではないとわかります。

リアルさは同じくあります。
あなたはその中で生きています。
しかし、巻き込まれてしまわずに、証人として存在するとき、全ては違って見えてきます。

あなたは役を演じながらも、それを超えたところから自分を認識し、世界を受け入れます。
役者でありながら、同時に観劇する存在として世界を見ます。

演じている横で、それを見守る存在であるとき、世界は全く変わって見えてくるでしょう。


ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







自分自身が不完全であるのを許してください

自分自身が不完全であるのを許してください。 

自分自身が不完全であるのを許してください。
Allow yourself to be imperfect.

残りをよりよくさせようという思いを捨ててください。 

残りをよりよくさせようという思いを捨ててください。
あなたに出来ることのベストをつくすのに集中してください。
Drop wanting to be better than the rest.
Focus on being the best that you can be.

残った結果をより良くしたいと思うのは、誰しもしかたのないことかもしれません。
しかし、あなたに今できることは、たった今ここでやっていることだけです。
それがより良くなるかどうか、失敗を絶対におかさないでいるかどうか、その保証はないのです。

保証するとは、ことばで言えるだけ、完全な結果とは、ことばで言えるだけ。
あなたに今できることは、たった今ここでやっていることだけです。

その違いを理解しましょう。
そうすれば、あなたはやるともなく、やれることを果たせるでしょう。
あなたは、ただやれることをやっています。
やっていると意識すらせずに、いまのあなたのベストを尽くせているのです。

「結果がすべて」ということばを勘違いしないように。
結果はあなたには、どうにもできないことです。
意識しようと、しまいと、あなたはやれることをやります。




ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







受動的にありのままの状態とともにいる

m010617.jpg 

何かを考えずにはいられない、とか、頭のなかが空白になっているのに気が付くと、すかさず思考に入り込もうとしたり、私たちは空っぽでいることが苦手だったり、不安を感じてしまう人も多いでしょう。

空白でいることは、努力しても、いや努力するからこそ、そこから思考に戻されてしまいます。

空白とか、空っぽとか、真空状態になると考えるから難しくなるのです。

ただ、いま、ここで起こってくることと共に存在すると考えれば、自然と空っぽでいられるようになります。

考えまいとするのでなく、考えていない自分で存在できるようになります。
ふと何かの考えに、気を取られるとその思考に溶け込んでしまうのですが、考えることさえもそのまま放っておきましょう。

やがて思考も、ただ通り過ぎていくものだとわかってきます。

同じことを考え続けるのは、ありのままではなく、そこに努力が入り込んでいるのです。

努力や思考を排除しようとするのは、真空を作りだそうとするのと同じように、たちまち空気が入り込もうと圧力がかけられてしまいます。余計に思考が主導力を持とうとしてしまいます。

それよりも、思考をただ通りすぎるのに任せてしまいましょう。来ては去っていくものと思って、そのままにしておけばいいのです。

以下の「観察するということ」で書いたように、受動的にありのままの状態とともにいるようにしましょう。

無抵抗でいるとは、抵抗しようとするのをやめようと思うのでなく、流れと一体になるのです。

短期的に見れば、無理やり力で変えたほうが早いと考えてしまいますが、長期的に見れば、大きな流れに乗っかることで、一体化出来るのです。

---------------------------
観察するということ
---------------------------
瞑想の本質は、空っぽでいられることにあるのかもしれません。

空っぽでいることの軽さを体験すれば、わざわざ煩わしいことに飛び込んでいく、ばかばかしさが見えてきて、徐々に遠ざかっていきます。

しかし、だれもが空っぽでいることに不安を感じます。
子どもが夢中で遊んでいるとき、「遊んでばかりいないで、勉強しなさい!」と言われたときのような後ろめたさを感じるのです。

大人になると、いろいろもっともらしい理由付けをしますが、起源はこんなところにあるのでしょう。必然性はなくても好き勝手を制限することが自分を守ってきたという理由で、何となく不安になって、何かをやっているふりをし始めます。

自堕落でいることと空っぽでいることは全く違います。


自分を観察することを取り上げてみましょう。

「そんなこと言われなくても、私は毎日、自分を観察しているよ」
といわれるかもしれません。

しかし、観察していると思っても、実際にやっているのは自分の中での誰かと誰かの対話になっている場合が多いのです。

たとえば、自分Aは「今日はこんなにがんばった。ほめてよ」というのですが、自分Bは「それ位ではではまだまだ、世の中競争は厳しいんだから」といわれて、もっと自分に厳しくしようと反省してみたりするわけです。

しかし、これは内省とでもいうもので、ここで言う観察とは全く別のものです。

また、このようなやり方では、自己を観察しているようでも、予め持っている狙いに合ったことしか見ようとはしないものです。

そして、内省をいくら繰り返しても、いま気づいている自分の範囲を超えた発見はありません。

 

観察は自己を受容することにかかせない手段です。

観察とは普通、目でみることだけを意味しますが、ここでいう観察とは、あらゆる感覚を全て使って自分を観察するのです。

観察とは、何事にも執着しないで、また何かの結果を出そうというはからいの気持ちを持たずに、ただ感じることを受け入れることです。

何かに偏らず、その行為で結果を出そうと思わず、ただただ考えていること、感じていること、聞こえていることが過ぎて行くままにします。

やることは、ただ観察することです。
感じてくるものが何であれ、「それとともに在る」ようにします。

あなたの頭が判断しようとしたり、価値の比較を始めようとしても、それに従わずにただそれを見守ります。

何かを変えようとせずに、ただ起きてくることを受けとります。
徹底して、受動的な姿勢を維持します。

ただ受け取っていると、そのうちあなたの感じとっていることが、考えているのか、感じ取っているのか、身体の感じることなのか、どれともわからない、別の印象を感じる様になるかも知れません。

そのように感じてきたとき、もしあなたがそれについて考えようとすると、それはもう思考に切り替わってしまいます。
そうならないように、何もせずに受動的な姿勢を維持しましょう。

思考は、訳のわからない状態が続くことが苦手です。

そのような自分が管理できない状態が存在することが許せないのです。

だから、だんだん思考がコントロールをこちらに返せと訴え始め、あなたは落ち着かなくなってきます。

しかし、それでも何にもとらわれずに、受動的に感じることを受け流していきます。

 

すでにお分かりかも知れませんが、「観察すること」とは、言い換えれば「瞑想する」ということです。

瞑想と言ってしまうと、難しくて手に負えないと感じるかも知れませんが、ここで言っているように、ただただ見ているだけの観察と考えればいいのです。

最初は、刺激を少なくするために、身体を動かさずにやった方がいいでしょうが、別にどのような姿勢でやろうと、あるいは散歩しながらやるのでもかまわないでしょう。

あなたの思考は、「もっといいことがあるよ」と訴えてくるかも知れません。

しばらく時間を使ったから、いつものように意味のあることに切り替えよう、時間の無駄だよ、と脅しをかけてくるかも知れません。

あるいは、足がしびれてきたとか、かゆくなってきたとか、身体が訴えを始めるかも知れません。

こんなの退屈だから耐えられない、もっと刺激のあることをしようと言う訴えも、全て受け流します。

それらに対して、価値判断を加えずに、ただ観察します。
批判的な思考も、そのまま受け入れます。

結果を期待せずに、あなたがこれで充分だと感じるまで観察を続けましょう。

最初は、何かの思考の力が強くて、あなたを思考に引きずり込んでしまうかも知れません。

その時はその時で、失敗を嘆くことはありません。

あなたを引っ張り込んだ思考こそは、あなたが普段もしばしば入り込んでいる、あなたにとって重要な思考である可能性が高いからです。

そのような思考に気づけただけでも、大きな収穫です。

思考を始めると、その前にあなたが何をやっていたのか忘れてしまう可能性もありますが、それでも「その思考が何であったか」だけでも覚えておこうと、言い聞かせておきましょう。

先程も言いましたが、観察することを続けて、ひたすら受動的な受容に徹すると、イライラを感じ出すかも知れません。

今までなら、あなたはそれを感じると、思考に走ることでそれを回避しようとしてきた筈です。

しかし、観察を続けるあなたは、それらもそのまま受け取り、観察するのです。
今まで支配してきた、その不快感にたいして、何もせずに見ているという態度を崩さないことです。

うまく受容に徹することができれば、それだけであなたはそれをコントロールする側に回れるかも知れません。

問題には対策や行動で答えるという今までの発想を捨て去ります。
ただ何もせずに、観察するだけという解決を、あなたのレパートリーに追加するのです。

最初は、うまくいっているのか、だめなのかも解らないかも知れません。
しかし、繰り返すことで、ただ観察するということを身体で覚えるのです。

いつもなら、ここで思考に支配されてしまったのに、今日はただ何もせずにいられたという感覚を身につけることです。

「そんなに暇じゃないよ」と言いたくなるでしょうか。
「ひま」という言葉は、あなたにどんな感じを与えているのか観察してみましょう。

「暇つぶしなんかするのは怠惰なことだ」という強迫観念でしょうか。
「自分はいつも努力している」と認めたがっているのでしょうか。

「時間はあっても、いまの自分が変わるかもしれないからやりたくない」といっているのかもしれません。
今のままを維持していないと、どこに飛んでいくかわからないことが不安なのでしょう。
あるいは、今までやってきたことが無駄だとわかったりしたら大変だと思うのです。

やる前に、こんなことをして何になるかと考えても答えは出ません。

答えが出るようなら、それは単なるあなたの思考という行為でしかなかったのです。
あなたが、結果を期待して観察ごっこをしたために、期待した結果が導かれただけということです。

そしてそれは、あなたがいままで何度もくりかえしてきた、解決に結びつかない思考ではないでしょうか。
そうなったからといって、こんなことは無駄だと投げ出さないで下さい。

観察によってもたらされる、新しい感覚はそのような予想できるものではありません。

思考ではなく「観察すること」を繰り返すことでそれをあなたのものにしましょう。

それが何をもたらしてくれるかは、あなた自身にしかわかりません。

「今までの結果を期待した思考ではもはや答えが出ない」、そうあなたがあきらめる気になったら、それが絶好のチャンスです。

ただ「観察する人」になってみましょう。



ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







異なる展望から我々に人生を見せてくれる16の提示

m010179.jpg 

異なる展望から我々に人生を見せてくれる16の提示
16 Quotes that Show Us Life from a Different Perspective
WRITTEN by ANGEL CHERNOFF

1. 彼らが持っている良きものから利益を見いだすのを拒否する人々からは、幸せは逃げてしまいます。
人生があなたに否定的なあらゆる理由を与えても、あなたはポジティブに考えてください。
あなたが人生がたった今そのようになっていると思っていることを捨てて、それが実際にそうであることだけを評価してください。

2. 最も豊かな人は、最も多くを持っている人でなく、最少限のものだけ必要とする人です。
豊かさとは、心の持ち方です。
より少なく望んで、今日という日をより評価してください。
あなたの人生に感謝してください。
あなたの健康、あなたの家族、あなたの友人とあなたの家を感謝しましょう。
多くの人々は、これらを持ってさえいません。

3. あなたが成長して本当にあなたであるものになることには勇気が必要です。
変化を恐れないでください。
あなたは何か良いものを失うかもしれません、しかし、ほかの何か大きなものも、得るかもしれないのです。

4. 大部分のあなたの恐れは、現実に存在するよりも、あなたの心の中で非常に大きくなっています。
あなたがそれらと向き合うなら、すぐにあなたは自分自身でこれを知ることができます。

5. 2つの良い選択を持てるだけ、あなたが幸運であるなら、常に、あなたを最もこわがらせる人と一緒に行ってください、なぜなら、そのひとこそあなたが成長するのを手伝ってくれる人なのです。

6. あなたのうしろで閉じたドアについてはストレスに感じないでください。
新しいドアは刻々開いています、そして、前進し続けるならば、あなたはそれらに出会います。
そして、あなたが踏み出していると、明日について心配することで、今日という日を、しばしばあまりに浪費してしまっていることを心にとめておいてください。
ただ現在にとどまってください。
明日という日は、正確にそれがそうあるべきように現れます。

7. あなたが選ぶ展望しだいで、あらゆる窮状は、ひどい成績の弁明となるか、優秀さの機会にもなりえるのです。

8. 困難なときでも、ともかく微笑をまとっていてください。
微笑むことは、かならずしもあなたが幸せなことを意味しません、時には、それは単にあなたが強いことを意味します。
そうすれば、あなたはそうなります。

9. 成長とは痛みを伴います。
変化は痛みを伴います。
しかし、結局、あなたが属していないところで、立ち往生してしまうほどの痛みはありません。
何もしないで疲れてしまうより、意味がある仕事をして消耗する方が、常によいのです。

10. あなたが最も望むもののために頑張ることができる才能を評価してください。
そして、あなたが他に何かしていたいと自分に言い聞かせない限り、何も本当に「仕事」ではないのだと思い出してください。

11. あなたがしなければならないことをしてください、しかし、余裕も残してください。
柔軟にしてください。
がちがちのプランであなたの人生を予約しすぎてしまわないでください。
時には、大きなチャンスは計画されないところで起こります、そして、大きな後悔は正確に計画されたことに達しないことによって起こります。

12. 他人のことばで怒る代わりに、彼らのために聞くことを選んで、注意して、何とかしてより強くなってください。

13. 人生はあなたのために欲しがっている人々を必ずしも与えません、それはあなたにあなたが必要とする人々を与えます… 学んで、成長して、恋に落ちて。

14. 我々の間で最も強いものは、あなたが見ることができるような強さを示す人々でなく、あなたが何も知らないところで驚くべき内部の戦いに勝った人々です。
ですから、人々に親切にしてください。
あなたは人々の痛みを必ずしも見ることができません、しかし、彼らは常にあなたの親切を感じることができます。
人々に親切であることは、平和に生きる方法であり、美しい遺産を残すやりかたです。

15. 3つのものは、あなたを最終的に定めます:
あなたが何も持っていないときの忍耐、あなたが何でも持っているときの態度、あなたが手を差し伸べられる時に助けた人たち。

16. 控え目にしてください。
よく教えをきいてください。
世界は、世界に対するあなたの見方より大きいです。
新しい考え、新しいステップ、新しい展望のための余地は、常に存在します… 新しい始まりです。

1. Happiness escapes from those who refuse to see the good in what they have.  When life gives you every reason to be negative, think positive.  Let go of what you think your life is supposed to be like right now and sincerely appreciate it for everything that it is.

2. The richest person isn't the one who has the most, but the one who needs the least.  Wealth is a mindset.  Want less and appreciate more today.  Be thankful for your life.  For your health, your family, your friends, and your home.  Many people don't have these things.  (Marc and I discuss this in more detail in the "Simplicity" chapter of 1, 000 Little Things Happy, Successful People Do Differently.)

3. It takes courage to grow and become who you really are.  Don't fear change.  You may lose something good, but you may also gain something great.

4. Most of your fears are much bigger in your mind than they are in reality. You'll see this for yourself as soon as you face them.

5. If you're lucky enough to have two good options, always go with the one that scares you the most, because that's the one that is going to help you grow.

6. Don't stress about the closed doors behind you.  New doors are opening every moment and you will see them if you keep stepping forward.  And as you're stepping, also keep in mind that we often waste too much of today by worrying about tomorrow.  Just be present.  Tomorrow will reveal itself exactly as it should.

7. Every difficult situation can be an excuse for poor performance or an opportunity for excellence, depending on the perspective you choose.

8. Even when it's tough, wear a smile anyway.  Smiling doesn't always mean you are happy, sometimes it simply means you are strong.  And YOU ARE.

9. Growth is painful.  Change is painful.  But in the end, nothing is as painful as staying stuck somewhere you do not belong.  It's always better to be exhausted from meaningful work than to be tired of doing nothing.

10. Appreciate the gift of being able to work hard for what you want most.  And remember that nothing is really "work" unless you tell yourself that you would rather be doing something else.

11. Do what you have to do, but leave space too.  Be flexible.  Don't overbook your life with rigid plans.  Sometimes great moments happen unplanned and big regrets happen by not reaching exactly what was planned.

12. Instead of getting angry over the words of others, choose to listen, be mindful, and grow stronger one way or another, because of them.  (Marc and I build mindful communication rituals with our students in the "Love and Relationships" module of Getting Back to Happy.)

13. Life doesn't always give you the people you want, it gives you the people you need… to learn, to grow, and to fall in love.

14. The strongest among us aren't those who show strength you can see, but those who have won incredible inner battles you know nothing about.  So be kind.  You can't always see people's pain, but they can always feel your kindness.  Being kind to people is a peaceful way to live, and a beautiful legacy to leave behind.

15. Three things ultimately define you: Your patience when you have nothing, your attitude when you have everything, and who you help whenever you are able.

16. Be humble.  Be teachable.  The world is bigger than your view of the world.  There's always room for a new idea, a new step, a new perspective… a new beginning.

http://www.marcandangel.com/2016/07/17/16-quotes-that-show-us-life-from-a-different-perspective/





ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
22位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX