« ホーム »

断ることが、新しい本当の出会いの機会を見つけるチャンスを生み出します

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s.jpg

世の中にはどうやって接すればいいのかわからない人がいるものです。
もちろん最初は、相手のことがわからず、自分の先入観や枠組みに入れてしまう癖が影響している場合もありますが、いくら頑張っても、相手は打ち解けず、むしろ自分を見せるほどあげ足をとられるような気になってきます。

たとえば敵対的な人たち、こうした人たちは相手が誰であっても攻撃的になるようです。

しかしそのような人たちが攻撃を続けるのは、相手に弱さを見つけたときであり、相手がそれに反応してくるときだということを知っておく必要があります。

相手は最初はあなたの反応にかかわらず、一方的に攻撃しようとします。
しかし誰か特定の人を狙っているのではないので、あなたが自分にそのような原因があるからだと悩むことはありません。

またその人は、誰かを攻撃することで満足を得られるわけではなく、どうにもならなくてそのような形で自分を表現するしかなかったのです。

したがってあなたの方は、相手のいいなりになる必要はありません。

攻撃相手であるあなたが自分に弱みがあることを認めて反応すると、相手の狙い通りになってしまいます。

 しかし、あなたが自分にはそのような攻撃を受けるいわれはないと思って平然としていれば、相手は攻撃目標を見失っておとなしくなります。

攻撃する人は、自分が攻撃する側の役割を演じることで相手との関わりを持とうとしていますが、相手が犠牲者の役割を受け入れないでいると手応えを失って、それ以上どうしていいのかわからなくなります。

相手が思っているとおりに反抗してくれば、そこを狙って攻撃しようと待ち構えていたのですが、それをかわされてしまえば、もはやひとりでゲームを演じることは出来なくなるわけです。

あなたが攻撃的な人の役割に反応すればするほど、相手のゲームは白熱していき、彼のエゴは増大していきます。

ひとしきり相手を攻撃し尽くして疲れ果てるか、相手が降参するまでこれが続きます。
 
しかし攻撃側にとっても、そのあとの状態というのは、またやってしまったという惨めな気持ちを感じて終わってしまうのです。

本当は自分を受け入れてほしいと思っているのですが、素直に受け入れることができず、たとえ相手を機嫌悪くさせても、反応してくれる相手がほしいのです。
これが、その人が長年に渡って身につけてきた、偽物の交流方法なのです。
ただ単に無視されるよりは、その方が自分を慰めてくれるように感じます。

嫌がられることのほうが、無視されるよりはましなのです。

どちらのためにもならないゲームには、例えその時は相手が不満そうでも、こちらは断固として関わらないのがお互いの利益になります。

たいていの人は非難され攻撃されてしまうと、何かしら自分に非があるのではという気になってしまうものですが、それが攻撃的な人が誰かれかまわず標的にしようとする理由でもあります。

言われのないことには、断固犠牲者にはならないという姿勢を崩さないことです。

そうすれば、あとでかかわらなければよかったと後悔することもなくなります。
あなたの方の、たとえ被害を受けても、無視されるよりましだという渇望に頼ることもなくなります。
本当の交流は、駆け引きではないことに気づけるようになるのです。

断ることが、新しい本当の出会いの機会を見つけるチャンスを生み出します。



ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







よそ者と私

a1380_000394.jpg

アウトソーシング(外部委託)ということが一時期はやりのように叫ばれたが、その成果は上がったのだろうか?

自分でできないことでも、外部に委託してやってもらえば、そしてそれを積み重ねたら、自分は何も出来なくても、あらゆる最強の武器を備えた人になれる。
そんな考えも生まれてきそうだし、実際もっともらしくも聞こえるが、やはり自分の中にないものは、うまく使いこなすことは出来ないように思う。

たとえば、あなたが何かの専門家だとする。そして、明らかに中身を知らないと思われる人がやってきて、言葉だけは立派にテクニカルな用語を並べ立て(私だって知っているのだよ)、「君たちは言われたことだけをやって成果さえ上げてくれればそれでいいのだ」と言われたとしたら。

短期間なら、それでもいいかもしれないが、とてもこの人のもとで仕事を続けたいという気にはならないだろう。

アウトソーシングばかりで築きあげた構築物は、しょせん根無し草をかき集めたものに過ぎず、背骨が通っていないのだ。

たとえ、自分が得意でなくても、それを自分も体験してみることは必要だ。
いい結果が出せるかどうかは問題ではない。自分も、その世界に触れてみることが意味があると思うのだ。

ひとりの人間のこころの中の世界についても、それは同じだろう。
自分が、いままであちこちで拾い集めてきた概念を、よそ者のまま、分かった気になって振り回していては、あなたはやがてちっとも自分自身を生きてはいないことに思い至ることになる。

知らないうちに、あなた本来の自分は、よそ者に侵食され、覆い隠されてしまうからだ。
成果があげられることなど、ほんの一時的なことにすぎないが、そのために入り込んだよそ者は、あなた自身の存在を見失わせてしまうかもしれないのだ。

よそ者は、つまり、まだあなた自身のものになっていないものは、あなたには使いこなせない。
それらは、あなたの世界にとって、存在していないものと同じだ。
それらを右から左に動かしたところで、あなたの外の世界でなにかが起きているのと同じなのだ。

自分を生きてこなかった年月は、むなしい。取り返せない。しかし、すべてはいまここにあるし、いつまでも変わり続けるのだ。地に足をつけて自分を生きてみたいものだ。




ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







考えが浮かんできたら、ただそれがどこから来たかについて突き止めてください。~パパジ

私がニャンコ先生だ

「静かになるためにプロセスは存在しません。

あなたの心を邪魔するのにはプロセスを必要としますが、
静かなままでいるためにプロセスは存在しません。
サットサン(真実を求める人々の集まり)にとどまって、静かなままでいてください
常に、あなた自身による自身に対する愛を持っていてください。
どのような試みや努力によってもそれに勝つことはありません。
単に静かなままでいてください。 考えが浮かんできたら、
ただそれがどこから来たかについて突き止めてください。」
~パパジ

"There is no process to become silent.
To disturb your mind you need process,
but to stay silent there is no process.
Stay in satsang, stay quiet,
always have love with your own Self.
You are not to win it by any attempt or effort.
Simply stay quiet. If any thought rises,
simply find out where it came from."
- Papaji


あなたがいつも関わっているのは、プロセスです。
それを解決しようとして、思考を使い別のプロセスを生み出し、いつまでもプロセスから逃れられなくなったまま、解決を探しているのでしょう。

静かに止まったままでいることなど、考えもしません。
それは放棄で、いけないことだと信じ込んでいるからです。

解決できないと、あなたは考えろ、考えろと自分を急き立てます。
まわりの人からも、そう呼びかけられていると信じ込んでいます。
そうしないでいると、あなたは逃避していることになると怖がっているのです。それは社会から見放されるのと同じような恐怖を生み出すのです。

しかし、あなたは静かなままでいることもできるし、そうしていても何も問題は起きては来ないことに気がつくでしょう。
さらには、そこにしか、抜け道はないことにも気づくでしょう。

あなたは、怠けてはいけないと、プロセスを起動しないでいられない勤勉な人なのでしょう。しかしその勤勉さは、社会から見放されてしまうという恐怖の反動です。恐れからもたらされる行動は、決してそれから逃れる道を教えてはくれません。恐れはそれがどこから来たのかを突き止め、その存在を容認し、あえてそのままでいようとするしか抜け道は無いのです。




ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







私はこれこそ確かだといえるものを何か知っているのだろうか?

a0002_004059.jpg

この1つの問いかけに答えてみてください、
「私はこれこそ確かだといえるものを何か知っているのだろうか?」
これは非常に強力です。

あなたがこの問いかけを深く考え始めるなら、実際にあなたの世界は破壊されます。自分だと思ってきた感覚を、意味すると思ってきた全体を破壊します。あなたが自分自身について知っていると思ってきたものすべて、あなたが世界について知っていると思っていたものすべて、前提としてきたもの、信念や意見、それらは、あなたが教えられたか、真実であると告られてきたものです。これらの誤った認識に気づくまで、意識は夢の状態の中の囚人で居続けるでしょう。

~アジャシャンティ(oceanandwave経由)
    

This one question,
“What do I know for certain?”
is tremendously powerful.

When you look deeply into this question, it actually destroys your world. It destroys your whole sense of self, and it’s meant to. You come to see that everything you think you know about yourself, everything you think you know about the world, is based on assumptions, beliefs and opinions ~ things you believe because you were taught or told that they were true. Until we start to see these false perceptions for what they really are, consciousness will be imprisoned within the dream state.
-Adyashanti (via oceanandwave)


あなたはテレビのドラマを見て、うん、そうだ、世界はこんなところなんだと再認識したり、そういうところだと信じていたと思います。

「これは違うんじゃないか?」と思ったことも、それもまた他で教えられてきたことに基いているのです。

一体、あなた自身が見つけたと思える真実はあるのでしょうか?
深く掘り下げるほど、それらの根拠など、どこから来たのかわからなくなってしまいます。

いや、これは絶対だと言い張りたいことがあるとしたら、あなたはそれ以上掘り下げることを途中で拒否してしまったのかもしれません。

執着したくなる考えほど、あなたを意固地にさせ、考えることを拒否させます。
利益をもたらすと考えていることは、逃してなるものかとしがみつきます。

拒絶したくなる考え、執着したくなる考えほど、あなたを縛り付け、結果的に自由を奪っているのです。

あなたを知らない世界に放り出させるような考えは、怖くて見るのも嫌になるのです。

何かにしがみつかなくなるほど、あなたは自由になり、楽になり、怖さが消え去るのを感じられるでしょう。
その怖さとは、あなたが逃げようとするほど、あなたをがんじがらめにしてきたものだったのです。

「逃げる必要はない!」、こう言い切れる時ほど、あなたが自由で、楽になるときはないのです。

怖さはしがみつきが作り出します。逃げ道を作っておこうとするときに、その余地が作られるのです。

皮肉にも、あなたは楽になりたいばかりに、逃げ道をせっせと築き上げてしまいました。
守りのための万里の長城が、あなたを動けなくしてしまったのです。あなたを囚われの身にしてしまったのです。

誰かに言われたことに対して、思わず守りの体制を作りそうになる時を、見逃さずに観察してください。あるいは、むきになって相手を罵倒する誰かの中に潜む、恐れを見つけてください。そこに、恐怖のもとが存在しているのです。

あなたが怖がらなくなる時、怖がらせる人もいなくなります。そのもとを、あなたが手放したからです。




ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







去る者は追わず来る者は拒まず

m010078.jpg

去る者は追わず、来る者は拒まず。

そして残っているものを見なさい。
ラマナ・マハルシ

"Let come what comes, let go what goes. See what remains."
- Ramana Maharshi (via thecalminside)

Perhaps nothing remains, because what comes and goes is all there is.


後に残っているものは、おそらく見ようとしても何も見えないでしょう。
それは説明できるものではなく、現実に溶け込んだ状態とでもいうものです。

自分が何かに一体化して存在するとき、それを説明する人はいません。
それを見ている人も、聞いている人も、感情を感じ取っている人もいません。

後になって、初めてそれを説明できるのです。
そして、その時にはすでに自分(思考)に戻っています。

振り返って説明したくなるのが思考なのです。
思考が関与しなかった時に起きていたことを、なんとか説明して自我の一貫性を取り戻したいわけです。

説明したくなった時に、それを禁止してもうまく行きません。
それもまた起こるに任せましょう。

やがて、そういう時間を持たなくても、何も問題ないことがわかってきます。
自然にその時間をはなれても平気になり、それが思考にとらわれない状態を増やしていきます。

自分を説明する時間が、自分を取り戻すことだと勘違いしないことです。
それは、全く逆なのです。

「思考には、少しの力もありません。 あなたには、力があります。
そして、思考を確認して、それを信じるとき、あなたは思考に力を与えてしまいます。」
~ムージ(thecalminsideを通して)
"No thought has any power. You have power. And when you identify and believe in the thought you give power to the thought."
- Mooji (via thecalminside)



ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX