« ホーム »

いつ、というのが止んだ時だ

cte048m-s.jpg 


Q. ですが、わたしの見るところでは、ある人は悟っていて、ほかの人は悟っていません。これは思い違いでしょうか。

A. もちろん、思い違いです。自分を個人だとしている限り、そこらじゅう個人だらけです。ある人は美しく、ある人はそうでもなく。ある人は悟っていて、ある人はそうでない。自分が自己であると悟ると、自己を見るようになり、どこにも自己しか見えません。ほかの言い方では、生徒が自分を生徒、個という実体だとしている間は、自分の師も個という実体だとして映し出します。自分と自分の師はひとつだと気づくと、生徒はいなく、師はいなくなります。敬意ある友情しかなく、よろこびの共有しかありません。時間の中にある事象として気づきを得ることを想像することは、悟りへの障害になります。「真実を知るときはいつ来るのか?」という問いに対し、賢者アートマナンダ・クリシュナ・メノンはこう答えました。「いつ、というのが止んだ時だ」

~フランシス・ルシール『今、永遠であること』

『今、永遠であること』というタイトルは、「いつ、というのが止んだ時だ」とわかったときなのかもしれない。

「今ここ」という言葉は、いろいろな文脈で使われるが、それは先延ばしするなという戒めでも、過去を振り返るなという戒めでもない。
まさに「今」しかなく、「今だけが永遠なのだ。」

もう一つ、「自分が自己であると悟ると、自己を見るようになり、どこにも自己しか見えません。」というのも、同じように、私たちは、想像できないし、考えてもわからないことだといえるだろう。

『今、永遠であること』とは、どのように考えてもわからないのだ。考えて理解するのを止めた時、それは見えてくるかもしれない。もちろん、考えるのを禁止してみても、それは考えでしかないのだが。




ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







もう一つの「あなた」は思考がつくり出したもので真のあなたではありません

a0001_017437.jpg 

Many people try to become wiser and more loving, and they remain in a constant battle with themselves. This approach never works because it assumes a separate ‘you’ who wants to be a better person. It is the you that is the dream, a thought only. In taking yourself to be a separate entity, you blind yourself to the Truth of your being, which is love and wisdom.
- Adyashanti

多くの人が賢くて愛情深くなるように努力し、彼らは自分自身と絶えず戦い続けています。このアプローチは、より良い人間になりたいと望むもう一つの「あなた」が前提になっているため、決してうまくいかないのです。それはあなたの夢であり、思考だけから成り立っています。あなた自身を別個の独立した存在にしようとすることは、愛と知恵からなるあなたの真の存在を盲目にしてしいます。
 ~  アジャシャンティ

しかしこのアプローチは、この「あなた」とは今まで生きてきたあなた、社会に適応してきたあなたには、本物に見えてしまいます。
これこそが自分だとしか思えません、それが思考の産物だなどと、どうやって信じられるでしょう。そんな戯言よりも、いかにしてこの思考に沿った理想の自分になれるか、それだけが目の前の課題になってしまうのです。

これもまた、そんなあなたには信じがたい信念のひとつですが、努力しようとする「尊いあなた」が、多くの場合あなた自身を苦しめる原因となっているのです。



ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントにお答えします

すぐにコメントにお答えようとしたのですが、ブログの操作がうまく出来ないようなので、こちらで回答させていただきます。

結果の非難 

> はじめまして。
> 会社の人間関係で困っており、解決策を見つけたいと思っています。
> 分かりにくい文章だと思いますが、どうかご助力願います。
> 私は20代半ばで今の会社へ転職し1年半ほどです。
> 問題というのは、入社して研修2ヶ月までは普通に世間話をするような、何も問題も無かった上司なのですが
> 突然罵声を浴びせる様になり、態度も挨拶を無視したり仕事を振る事もせず、仕事がないか聞いても自分で考えろ!などと怒鳴り、上司のミスで私が困る事があっても謝る訳でもなく私に嫌みを言ってくる様な始末でそれが現在まで続いています。
> その上司がどういう人なのか先輩に聞いてみると、どうやら自分の中で何かしら気にくわない事がある人は徹底的に嫌い、態度に出す人との事でした。
> 私と同時に入社した同期も、2人いたのですが、1人は私より先に目を付けられ2ヶ月で辞めてしまい、もう1人は最初はお気に入りで可愛がられていたのですが何か気にくわない事を見つけたのか半年ほどで態度を急変し嫌な事をされ辞めてしまいました。
> 私はこの状況をなんとか改善したかったので、社長補佐と面倒をよく見てくれていた先輩に相談したのですが、どちらも堪えるしかないという意見でした。
> その代わり、その上司に私にできる仕事はないか聞いてくれたり、仕事を教えてくれたりしてくれています。
> そのような状況が続いていたのですが、今から半年ほど前にその上司に酷いことを言われ、遂に堪えられなくなってしまったので直接社長へ相談しに行き
> 言葉遣いに気をつける事と、仕事を振るという事を社長との間で約束した様なのですが変わった事といえば多少、本当に微々たる変化ですが言葉遣いが変わった程度です。

なるほど、訴えたいお気持ちは充分に理解できるのですが、ただこういった状況にある時、「上司が悪いのに、こちらは悪くないのに」という気持ちのままでいると、だんだんと相手を見返してやりたいとか、相手が悪いのだと証明したいという気持ちが強まってきて、自分の側も冷静にものを考えられなくなってきます。
そこに陥ってしまうと相手の悪い点を探すことばかりに夢中になってしまい、客観的に考えることが難しくなっていきます。

こんな時考えていただきたいのが、今日のブログで書いたこと「自分の内面で平和を見つけられない限り、私達に平和は訪れない。」 タオに生きる http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-1962.html
ということなのです。

「この外側の出来事は、例外であって、この問題を、あるいはこの人をどうにかしないと、私たちの平穏は得られないのだ。これは例外だ!これさえ解決すれば平和になれるのだ!」と考え続けていれば、自滅してしまいます。

「繰り返し、このチャレンジに正面から取り組み、このトリックに騙されて入り込まないように軌道修正が、再決断が試されるのだ。平和は、外側からは得られない。これをいつでも思い起こすこと、そこに戻れるかどうかなのだ。」

ということに気づいてほしいと思うのです。

たかが嫌な上司が一人いるだけで、自分の平和を台無しにしてしまっていいのか?
このことを思い起こしてください。
状況は常に変化します。自分がどんなにどうにかしようと思っても、起こることが起こるのです。
ならば、逆らわずに、ありのままのことを自分の方に引き寄せましょう。

そうすれば、自分の平和が戻ってきます。外側のことに巻き込まれない自分を保つことが出来ます。


ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







自分の内面で平和を見つけられない限り、私達に平和は訪れない。

m010606.jpg 


The person who finds peace inside and lives it, is the one who teaches what true peace is.
- Byron Katie 

自分の内面で平和を見つけられない限り、私達に平和は訪れない。
そのことは、私たちも充分に知っているし、そのように考えられるときもあるのだが、この確信も、何かが起こるとすぐに揺らいでしまう。

この外側の出来事は、例外であって、この問題を、あるいはこの人をどうにかしないと、私たちの平穏は得られないのだ。これは例外だ!これさえ解決すれば平和になれるのだ!

このように考え出すと、いままで平和の中にいると思っていた確信は、すぐに揺らいでしまう。とにかく、今はこれをなんとかしないといけない、他に道はないという考えが、内面の平和にこそ解決があることを、どこか遠くに押し隠してしまう。

そういったときこそ、あなたは試されているのだ。
道は2つだ。ふたたび、内面の平和こそがすべて解決する道だとお見起こせるかどうか、あるいは目の前の外側の問題をどんどん巨大なものに仕立ててしまうのか、ということだ。

私たちは、何度も何度も、こうしたチャレンジに直面してきたし、これからもその試しの時は訪れ続けるだろう。

繰り返し、このチャレンジに正面から取り組み、このトリックに騙されて入り込まないように軌道修正が、再決断が試されるのだ。

平和は、外側からは得られない。これをいつでも思い起こすこと、そこに戻れるかどうかなのだ。


ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







傷つけられた私の怒りと復讐

a0002_004057.jpg 




あなたは誰かがちょっと触れただけで、傷つけられたと感じてしまう可能性があります。

それは、あなた(エゴ)が他の人はあなたを傷つけるものだと思い込んでいるから。

あなた(エゴ)は自分の傷を持ち歩いて、誰かを待ち構えています。
あなたにちょっと触ったら、
あなたに何気なく声をかけただけなのに、
誰かがあなたの傷にさわったと感じてしまう。

しかしあなたにはそう見えても、誰もあなたを傷つけようと思ったりしていません。
それどころか、誰もが自分の傷を守るのに忙しい。
人を傷つけている暇なんかありません。
ひたすら自分の傷を守るのに忙しいのです。

「あなたの傷の扱いに注意しなさい。
それを大きくするようなことをしてはいけない。
それにさわらないで癒されるにまかせるのです。
あなたが根源に向かっていれば傷は癒されます。
あなたが頭(エゴ)で考えなければ、それだけ傷は癒されます。
あなたが頭を空っぽにすれば、そこには傷は何も存在しない。
頭を使わずに生きなさい。
トータルな存在として生きて、物事をそのまま受け入れるのです。」

「一日だけ、24時間だけすべてを受け入れることにして、なにが起きるか確かめてみましょう。

侮辱されてもただ受け入れて、それに反発しないでいる。
すると何が起きるでしょう?
あなたは突然、いままで感じた事のないような、エネルギーが復活してくるのを感じるでしょう。」

誰かがあなたを侮辱する。
あなたは惨めに感じ、混乱させられて、どうやって相手に復讐してやろうかと画策を始めてしまう。

昼も夜もそのことばかり考え出す。
1ヶ月、1年と復讐を考えて、よく眠れず、夢でもそれが登場してうなされる。

あなたの貴重な人生は、この復讐のために台無しになる。
あなたは、いまを生きてはいない。
あなたは、復讐劇の中に生きていて、現実の生活はおまけに過ぎない。
復讐することが生きることの代わりをしてしまう。

楽しんでなんていられない。
いまを生きてなんていられない。
そんなことをしたら復讐の手がゆるんでしまう。
復讐こそが、我が人生なのだ。

それもこれも、誰かがあなたを侮辱したことが始まり。
あなたのエゴがかってに戦いを始めてしまった。

そこでただ聞き流して、受け入れて、何も反発しなければ何も起こらなかった。
そうすれば、得られたはずの膨大なエネルギーが、あなたが頭を捨てれば蘇ってくる。

エゴの復讐劇に乗っかるのをやめるだけでいい。

もともとそこには、何もない。
あなたを侮辱した人は、何か理由が有ったのかどうかもわからない。
本人すら、何でそんなことを言ったりしたのか、覚えているかどうかも怪しいものだ。
もちろん、あなたを苦しめてやろうなどと思っていることはまずなかっただろう。
そんなことよりも、自分の傷を心配する方がよっぽど気になっているのだから。

人が傷つくようなことを言ってしまうのは、自分の傷が刺激を受けてしまったからに過ぎない。
自分の傷を触られそうだと感じるとき、慌ててしまう。
それを守ろうととっさに身構え、なりふり構わず必要なら相手を攻撃する。

なにが逆鱗になるかは、ひとりひとり違っている。
しかし、何も知らずに相手の逆鱗に触れてしまえば、あなたは反撃を受けてしまう。
それが今度は、あなたの逆鱗と結びついてしまう。
げきりんは、一時的にあなたを無敵モードにしてしてしまう。

そうやって、あなたはそれに立ち向かってしまった。
エゴにそそのかされて。
「こんな侮辱は許されてはならない。正義を守らねばならない!」

あなたは、全体として生きることを捨ててしまう。
あなたの関心は復讐にある。「この私の傷を見てみろ!どれだけ傷ついたと思っているんだ」
傷に障るたびに、怒りが生々しく蘇ってくる。

おそらく、相手も、そして誰も忘れてしまった出来事のために、
あなたは自分の他の生き方を捨ててしまった。
エゴと復讐に生きることに、いまを生きることを捨ててしまうのだ。

復讐劇をやめてみる。
誰かが侮辱しても、あなたを押し倒してきても、今日は何もしないでうちに帰ろう。そして、いつものように思い出したり、何かしてやろうと考えるのをやめてしまう。
そうすれば、何も起こってはいなかった。
あなたが傷をいじり回すのをやめたら、傷は自然に消えていく。
観察日記をつける必要も無い。
あなたは傷のことなんか忘れてしまう。
そして、あるときふと気がつく。
たしかここに傷があったような気がしたけど、いまはなにもない。
勘違いだったのかな。

そんなことよりも、復讐をやめて蘇ったあなたのエネルギーで、いまを生きることの方が忙しくなっているのだ。
復讐しようとしていた時を振り返って見れば、いかにあなたが馬鹿なことをしていたのかに気がつくだろう。

「だれもあなたを破壊することはできない、ただあなたを除けば。
 だれもあなたを救うことはできない、ただあなたを除けば。
 あなた自身がユダであり、あなた自身がイエスなのだ。」


Angry All The Time? Try Osho's Anger Management.OSHOtimes





ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX