« ホーム »

与えるものが受け取るもの~その機能不全の原因とは

YouTubeの動画はこちらから
エックハルト・トール~「与えるものが受け取るもの」 - YouTube


エックハルト・トールさんの動画はYouTubeでもたくさん紹介されていますが、この動画はそんな中でも日本語のナレーションと癒される映像で出来上がっていますので、気が向いたら見直してみるといいでしょう。

「与えるものが受け取るもの」というテーマ、私たちが普段から受け取ることにばかり目が向き、自分が与えているかどうかについては、あまり考えなかったり、自分には与えるものなどないと思っている。

さてそこで、そもそも考えるべきなのは、何を与え、何を受け取りたいと思っているかではないでしょうか。

あれが手に入ったら、これを差し出してくれる人がいたら、私は幸せになれるのに、と考えているその対象とは何で、それが欲しいと思うようになった経緯はどこから来ているのかを、あまり考えようとしていません。

老子の言葉に『知足者富 足りることを知るものは豊かである』というのがあります。

「足りることを知る」などと言うと、すぐに禁欲的であるとか、清貧のようなことに飛びついて考えそうになります。
しかし、その時「何が足りる」と思っているのか、そこを考えてみることも必要ではないでしょうか。

先ほどのように、「あれが手に入ったら、これを差し出してくれる人がいたら、私は幸せ」という考えの時、欲しいものとは、エゴが要求してくるもの、思考が作り出した「欲しがるべきもの」と言えるのではないでしょうか。

あなたが社会の中で生きて行くうちに、「私が欲しがるべきもの」とは何であり、あるいは一般に人が欲しいと思うものはこういうものということを、その社会、その時代ですり込まれてしまいます。

まさにその刷り込みで、それこそが自分自身の本当の望みのように思
い込んでしまうことが、実際簡単に起きているのです。

それは、社会のシステムが、それに従った方が楽に生きられるように誘導どうしているとも言えます。

たとえば、あなたがサラリーマンであれば、会社の目指すことに沿って行動する方が、昇進するなどのメリットもあるし、居心地もいい。
あえて、自分の考えは違うなどと反旗を翻すのは、リスクや抵抗ばかり大きく見えて、賢い判断ではないと思ってしまうのです。

いつの間にか、あなたが考えるべきは、いかにシステムに沿って自分
の能力を発揮できるかに乗っ取られていきます。
その代償として自分の「力を持たない」欲求などは、奥の方に押しやられて、いつのまにか思い出すことに罪悪感を感じるようになってしまいます。

話を元に戻すと、老子の「知足」とは、このような思考の作り出した要求に見切りをつけることだと考えてみるとどうなるでしょうか。
そうすれば、それは、あなたを全面的に押さえつけることではなく、思考の作り出すあなたから離れて、本来の自分を取り戻すことを意味していると考えることも出来ます。

実際エゴの作り出す要求に振り回されることから解放され、自分の中からのささやきを、もっと力強い声に高めていけば、あなたは変わります。
あなたはむなしい要求を振り回して、「与えて欲しい」「与える人が現れて欲しい」と叫んでいることもなくなるでしょう。

エゴの重要な役割の一つは、あなたに不足しているものを、何とかして手に入れることであり、寝ても覚めてもそれを忠実に実行しようとします。
それはもともとは必要だったけれど、いつのまにかあなたの思い込みによる目的のための目的になってしまうのです。

そのような要求をいったん脇に置き、もう十分役割は果たしたと思えるとき、あなたが本当は、そんなにいろいろなものを求めてはいなかったことに気がつくでしょう。

あなたが欲しがるものの多くは、それがないと大変だという思い込みから来る恐怖に根ざしています。
その恐れさえリセットして考えれば、欲しいものは全く様変わりしてしまうでしょう。

あなたは自分には、人に与えられるような大したものはないと考えている。
しかしその考えも、あなたの今まで「欲しがるべき」ものを裏返して考えているからです。
あなたが本来持ち合わせているものとは、だんだん関係が無くなってしまったのです。

その結果、あなたは本来自分が持ち合わせている、他の人への影響力や魅力といったものがあったことを、忘れてしまっているのです。
他の人が欲しがるような特別な能力ばかりに目がいっているのです。

あなたがそこにいるだけで、ほっとしている誰かが、そこにはいるということ。
自分では役に立たないと思っている、あなた独自の考えが、他の人には貴重なものであるということ。
そういったことに気づかないまま、自分には与えるほどのものも、その資格もないと何となく思い込んでいるのです。


☆~必ずヒントが見つかります⌒☆
メルマガ購読・解除
 
ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


スポンサード リンク









抵抗するのを止めてみよう

5527f650fd8d4b6bcb668b557b87ca6a_s.jpg


あなたが何かで悩み苦しんでいるとき、そこには抵抗が存在するでしょう。その抵抗はたいていの場合自分でもはっきり気がついていないことが多いのです。

抵抗するなと言っても、なにも他人からの理不尽な要求を拒否するなと言っているのではありません。
そうではなく、自分自身の内部での葛藤を止めようと言っているのです。

片方では、あなたは「こうあるべきだ。もっとこんな人間にならなければいけない。今の自分では不充分だ。いつかこうなれたら自分はOKになれるのだ。」と主張します。

しかし、もう一方の自分は、「嫌だ!そんなことはしたくない。」と、前者よりは弱々しくですが、言いたいと思っているのです。

これらが葛藤を起こしているので、あなたは苦しさを感じ思い悩むのです。

前者の主張は強く、何度もあなたを駆り立てるので、あなたはいつも心穏やかになれません。

この葛藤は、どうやったら終わりを告げるのだろうと考えますが、たいていの人は、そこでこう考えてしまいます。
「頑張れば、もっと強い人間になれる。そうすれば、この苦しさから逃れられるだろう。」
そして、なんとか前者の主張に答えられる人間になろう。「もっともっと頑張るのだ!」と苦しい戦いに挑もうと無理をします。

こうして葛藤が、いつまでも続くことになるのですが、それを解決するには、頑張るしかないとしか考えられません。

抵抗するのを止めてみたら?」という考えは、思いつきもしないのです。

もし今の自分が変えられなくても、このままの自分でいたとしても、問題なくやっていけるのだ。という発想が生まれて、それが理解できたなら、あなたは解放されます。

目の前の事態に抵抗したり、悪戦苦闘しなければ、苦しさから逃れられないと信じ込むのをやめて、ただ抵抗することを手放してみましょう。

そうすれば事態はそれなりに起きていきます。怖れているような、大変なことになどならないものだと分かってきます。

自分の思いと外界の状態とが食い違うとき、外の世界を自分の思っているように変えたいと思うとき、ありのままの状態に抵抗したくなるのです。

そして、抵抗しないでそのままでいることに、後ろめたさすら感じたりする人もいることでしょう。

ですが実際には、あなたの抵抗が充分強ければ、現実があなたに合わせてくれると信じているのは錯覚でしかありません。

抵抗して苦しんでいれば、現実が根負けして、あなたの思い通りになってくれるわけではないのです。

起きることは起こるのです。

あなたがムダな抵抗を止めて、ありのままを受け入れるとき、今まで費やしていたエネルギ一が解放され、ようやく今ここを充分に感じられるようになります。

あなたは抵抗を手放せば、楽になると薄々感じているのですが、今まで教えられてきたことや、社会や文化がそれでは許してくれないように思い込んでいます。

本当にその抵抗は必要なのでしょうか?
それともありのままでいることが怖いだけではないのしょうか?

ただ手放して、起こって来ることに任せてみることなど許されないと信じ込んでいないでしょうか?

今無意識に怖れを感じ、その結果無理に抵抗しようとしていないか振り替えってみてください。

自動的に反応して抵抗してしまうのをやめて、それで何が起きるのか試してみましょう。

怖れていることなど起きなかったことを確認し、起こるままに任せてみることに慣らして行きましょう。

元々必要のなかった抵抗をやめて自由になりましょう。
思い悩んでいたことも、必要なかったことに気づくようになってくるでしょう。


☆~必ずヒントが見つかります⌒☆
メルマガ購読・解除
 
ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体


スポンサード リンク









自分には「権利」があるという感覚を捨てましょう~ムージ

6453e090b9523bab9432e3fcd5fadebe_m.jpg


「Mooji
いままであまりあなたが聞かれていない話を、今からしようと思います。
そのために私自身を例として、ご説明しましょう。
あなたがすべてのことを味わいたいのなら、あなたの生き方の中で自分には「権利」があるという感覚を捨てましょう。
全く権利などない。どんなことについても、いかなる権利をも持っていない・・(と思うのです)
そうすれば、すべてのことは贈り物に変わります。
あなたが自分は受け取るに値する人間だと何に対しても考えなければ、すべてのことは贈り物です。
考えないでただ試してごらんなさい。
それがただあなたのためになるのです。どう?OKですか?
これは政治的な決断ではありません。
自分はもらえる権利があるというこの感覚を放棄し、人生というものがあなたに何かを与えてくれるべきだと思わないでください。そうすればそこに残されたあるスペースを感じ取ることが出来るようになります。
たぶん、最初は、「ああ、神さま、私には権利のために立ち上がることも許されないというのですか?それはあまりにもひどい仕打ちです」というように壊れてしまいそうに感じるでしょう。しかしそれでも、その感じを超えていくのです。
もっと偉大なもののために、いままでの感情をいけにえにささげてしまいましょう。
あなたは神のこころを使って考えはじめなければなりません。
神には権限がありません。
神はすべての権利を必要としません。
あなたも神のようでなければならない。
あなたには権利があるというこの感覚をあきらめるのです。
あなたはすべての道を味わってみたいと望むのでしょう?
ならば、プライドも放棄しましょう。
将来をも、またあきらめるのです。
あなたが未来を放棄するなら、過去も放棄するようになります。
あなた自身にも誰にも、このことを言う必要はありません。
そして、こんな依存関係をあきらめるのです「私のためにだれかここにいて奉仕してくれるだろうか?」
次のような未来への投影も捨てましょう。
「はい、2年経てばきっと、私は堅牢な人間関係を持てていて、自分のアパートを所有することになります。」
そんなことには何も大切な価値などありません。
それはちょうど、あなたがおめでたい人になり続けるようなものです。
あなたはだまされ屋さんになどなりたくない。
これよりもすばらしいものがあり、それがやってくるのです。
あなたは完璧な冒険とパワーを逃します。それはあなたが自身のために選択しようとしはじめれば、聖霊がそうさせるのです。
あなたが自身のために選択しようと感じていれば、彼はあなたが自身のために選択するままにしておきます。
しかしあなたが権利への感覚を放棄すればすぐ、あなたが「あなたは私に選択肢を教えてくれた。あなたが私の選択です」と言うようになれば、もっと違った何かが起こるでしょう。
この世界では、誰もあなたにこういったことを言ってくれません。
そこでは、あなたは誇りを持って、こう主張すべきだ「聞きなさい。私には権利がある!」と教えるのです。
私が権利を持っていると、世界は私に間違ったことをたくさん行ってしまいます。
プライドをあきらめなさい。
女性であることのプライドを。
美しくあることへのプライドを。
何かを達成することへのプライドを。
あなたが特定の宗教や民族に属していることへのプライドを。
これらの事のすべてを放棄するのです。
それらは悪魔に属していることです。
それらはあなたには属していないことなのです。
そして、残されたものを経験しましょう。
偉大な空間があなたの心の中に開きます。
巨大な謙虚。
巨大な受け入れ、愛、英知、そして自由。
あなたは宇宙と統合されたという感覚を経験するようになります。
そして、地球上の力は、何者もあなたを操作したり結合することはできません。
なぜなら、あなたは「なにものか」であろうとするあなた自身をすべて空っぽにしたから。
なぜ何者かになることをそんなに大事だと思うの?
しばらくの間は、私たちは人間性のその状態を味わう必要があるでしょう。しかしあなたは純粋さに戻る時が来なければならない。
純粋のあなたに戻るのです、本来の存在に戻るのです!
あなたは「どのようにして?」と聞く。
神の足元にそれらを折りたたむのです。
これは普通の転落ではありません。
それは下に落ちていくのではありません。
それは、生ける神の抱擁に向かって、上向きに落ちていくのです。」
- Mooji
--------------------------------------------------------
“Mooji
I am going to tell you something now that you don’t hear very often in the world,
and I use myself as an example for you.
If you want to go all the way, give up the sense that you have any rights in life.
Have no right at all. Have no rights for anything.
Then everything is a gift.
When you don’t deserve anything, everything is a gift.
Just try.
Just for you. Okay?
This is not a political decision.
Give up this sense that you have rights, that life owes you something, and feel the space that remains. Maybe, initially, you will feel vulnerability like, ‘Oh my God, I can’t stand up for my rights. I will be abused.’ But go beyond this feeling.
Sacrifice it for a greater truth.
You must begin to think with your God-mind.
God does not have rights.
God does not need any rights.
You have to be like God.
Give up this sense you have rights.
You wish to go all the way?
Give up pride also.
Give up future too.
If you give up future, you give up past also.
Just for you. You don’t have to tell anybody.
And give up this dependency, ‘Who will be here for me?’
And give up projections such as, ‘Yes, in two years time
I will be in a solid relationship and I will own my own apartment.’
There is nothing so great about that.
It just keeps you being a sucker.
You don’t want to be a sucker.
There is greater than this to come.
You miss the full adventure and power
that comes from the Holy spirit if you start to choose for yourself.
If you feel to choose for yourself, He will leave you to choose for yourself.
But as soon as you give up this sense of rights; if you say,
‘You give me the sense of choice. You are my choice,’
then something else will happen.
In the world nobody tells you this.
There you have to be proud and say, ‘Listen, I have rights!’
When I have rights, the world has done me a lot of wrongs.
Give up pride.
Pride in being a woman.
Pride in being beautiful.
Pride in being accomplished in something.
Pride that you are a certain race, religion or nation.
Give up all of these things.
They belong to the devil.
They don’t belong to you.
And experience what remains.
A great space will open inside your Heart.
Huge humility.
Huge acceptance, love, wisdom and freedom
as you experience integration with the cosmic being.
And no force on earth can manipulate or bind you,
because you have made yourself empty of all that makes a ‘person’.
Why think it is so great to be a person?
For a while we have to taste that state of personhood,
but there must come a time when you return to purity.
Come back to your purity, your original being!
You ask, ‘How?’
Collapse at God’s feet. This is no ordinary fall.
It is not falling down.
It is falling upwards into the embrace of the Living God.”
-- Mooji

http://oceanandwave.tumblr.com/

☆~必ずヒントが見つかります⌒☆
メルマガ購読・解除
 
ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


スポンサード リンク









受動的な観察者

PAK85_lalamushimegane20140321500.jpg


何かのきっかけで、いろいろな自分に気がついて驚いてしまうことも時にはありますね。

「自分はこういう人間だ」と言い聞かせていたことでは説明が出来ないと、そこで戸惑ってしまうのです。

むしろ、「自分はこういう人間だ」と決めつけていたことが、大ざっぱすぎたことに気がつかないといけないのです。

では、いろんな自分が現れてもてあますときどうすればいいでしょうか。

ここでは、交流分析などを中心に自分を知る方法を考えてみます。

まず、カープマンの提唱する3つの役割について。

私たちは普段から、「迫害者」「犠牲者」「救助者」のどれかの役割を演じようとしがちで、どれを使いやすいかという、その人の得意な役割を持っています。

この場合の役割とは、ドラマで役者が役になりきっているように、ほかの人からはその人そのものに映るのですが、実際は役割を演じているのです。

しかし、役者も役になりきっていると、それが自分そのものに思えてくるといわれますが、同じように役割を演じているときには、私たちもそれこそが「私」そのものだと感じているのです。

自分そのものだと思うわけですから、その役割を批判されたり攻撃されれば、自分を守ろうと必死になります。

荘子の話に出てくる王様に奴隷のように使われる男の話。

昼間の実際の生活では王様から奴隷のようにこき使われますが、夜眠った後は夢の中で自分が王様の役割に転じて王様をこき使おうとします。

現実の場面では男は「犠牲者」を演じていますが、彼の中にはまた「迫害者」としての自分も立派に存在しているのです。

現実を離れた夢の中では、その「迫害者」が自分そのものになります。

はたして、本当の自分はどちらなのかと悩むわけですが、どちらも自分だというのが正解なのでしょう。

自分はこういうタイプだと社会に向けて表明していても、決してそれだけが自分ではないことは、まわりの人も自分自身もうすうすわかっているものです。

しかし、いったんそれから外れた自分が現れると、どうしたらいいだろうと慌ててしまうのは、自分が思い描いた自分とあまりにも同化しているためです。

それは、自分の中の一部に過ぎないという見方が出来なくなってしまうのです。

さて、いろんな自分が出来上がってくる過程をごく大ざっぱに見てみましょう。

まだ幼い子どもは、親に保護されて生きるしかありません。

ここで親が果たす役割は、養育的に子どもを扱う親と、しつけなどで命令する立場の親の2つの面を持ちます。

子どもは、自然に反応する自分の他に、親の期待に応えないと生きていけないと思って親に合わせて適応しようとする自分が存在します。

親が子どもに命令するときというのは、ちゃんとした理由が有って子どもを守るために叱る場合もあれば、単に親の側が機嫌が悪くて、つい無関係に子どもを叱ることもあるでしょう。

しかし、子どもにすれば、そんな事情はわかりません。

理由はわからないけれど、自分は叱られていて、嫌な思いをすることもあるんだと受け入れるしかありません。

反発を感じて抵抗する子どももいれば、自分の中に押し込めてしまう子どももいます。いずれにしても、理屈抜きで反応するしかないパターンを作り上げていきます。

しかし、幼い時期には子どもと親の関係は一方的であるとはいえ、親の姿を見ている子どもはそれを自分にも取り込んで行きます。

「お母さん、またテレビつけたまま寝てたよ!ダメだねえ」と子どもが言うとき、子どもは親の立場から見ているのでしょう。

子どもの中の「親」もだんだん育っていきます。

大人になるにつれて、その占める割合も増えてくるでしょう。

ここまで見てきただけでも、自分と一口に言ってもいろんな役割の自分が蓄積されてきただろうことがわかります。

王様にこき使われる男は、仕方なく従う「子ども」としての役割の他に反発を感じている「子ども」も感じ取るでしょう。

そして夢の中で自由を取り戻したときには、自分の中にとりこまれた批判的な「親」を発動することになるわけです。

言語化されていない段階での反応ほど、反射的に現れてコントロールするのは難しいものです。

しかし、だから「いつも私はこうなってしまう」と決めつけてしまうのは早計です。

すぐに反応してしまうからと言って、それだけが自分だということにはなりませんし、他の反応は自分に出来ないと決めつけなければ、他の自分を発見できるのです。

表向き従順な子どもは、適応した「子ども」をまず表に出すこどもです。

しかし、他の自分もまた立派に存在しています。

ときには、反発する「子ども」が顔を出しますが、それは自分じゃないと押さえ込んでしまうのかもしれません。

従順な「子ども」とペアを組んでいるのは、威圧的な命令する「親」です。

当然、その親像は自分の中にも取り込まれています。

「親」と「子ども」の関係は他人との交流以外にも、自分自身の中での「親」と「子ども」の対話が存在します。

従順に仕方なく従う「子ども」を演じることが多ければ、ペアを組む批判的な「親」も自分の中で育てていきます。

「犠牲者」は追い詰められれば、一転して強力な「迫害者」に変身します。

「救助者」は相手が助けを拒むと、これまた一転して「迫害者」に変身します。

まわりの人は、自分のとりやすい役割を補完するの人に見えてくるのも仕方ないことです。

自分が反発を感じやすいほど、まわりの人は自分を怒らせるように見えてきます。

自分が隠そうとしている、不都合な自分を刺激するような人が目に入りがちなのです。

しかし、それは人間の心理の弱点というものです。

ですから、そういうものだと思って、罠にはまっても自分だけの責任を感じる必要も有りません。

素直に自分を見られるようにしておくことが、そういった罠にはまらない対策になるでしょうから、嘆いたり罪悪感を抱くくらいなら、それを見抜く観察眼を磨けばいいのです。

子ども達が5,6人集まって遊んでいるのを見ていると、すぐにこの子はいじめられそうとか、この子はガキ大将っぽいなとかいうのが見えてきませんか。

だれしも自分の得意な役割を、自然と表に発散しているのです。

そして、それを補完する役割の人が近づいてくるものなのです。

キックミーと叫んでいる子どもには、いじめっ子が近寄ってくるのです。



長くなりましたが、本題に戻しましょう。

「受動的な観察者」として自分を見るのです。

さまざまな自分が存在することを認めて、「どうせ私は~な人間」と決めつけないことです。

決めつけないでいることを続ければ、こんな自分はいないと切り捨てていた自分も、自分の存在を主張し始めます。

やがて自分が思い描いてきた自己像とは、実は社会的に望ましいとされる自分ばかりを積み上げたものだとわかってくるでしょう。

押し込められていた自分を見つけ出すに従って、自由を取り戻していきます。

そんな自分は自分ではないと無理に信じようとしたり、他人に見せかける為に使っていたエネルギーがいままで自分から自由を奪ってきたのです。

それが、なにかスッキリしない自分の原因で居続けてきたのです。

「受動的な観察者」というと、いつも冷静になって白けているような印象を持つかもしれませんが、必要なときには、自分自身に入り込めるという選択の自由をもつのは、普段からニュートラルでいられる自分があるからこそです。

いつも何かに入り込んで、力が入っている人は、他の事を頼めそうにありませんよね。

近寄れば、それに賛同しないわけにいかないと感じてしまいます。

何かをしきりに訴え続ける人をよくみていれば、なぜそんなにこだわるのか聞いてみたくなりませんか。

それしかない、それを逃したら自分がいなくなると必死な裏側が見えてくるのです。

「これこそが自分だ」と言い聞かせるやり方はどんなことを生みだすでしょうか。

・それを批判されると、死活問題のようにそれを守るのに必死になります。

・それ以外の自分を認めないでいることが、柔軟な切り替えを難しくして、選択肢を狭いものにしてしまいます。

・受け入れられるのは、自分に賛同してくれる人ばかりになってきます。

・自由を制限された思考からは、偏った考えしか生まれてきません。

解放するというのは、縛り付けてきたと思い込んでいる「外側の何か」に反旗を振りかざすことではありません。

解放とは、自分の中にある縛り付けている自分の解放しかないのです。

それには、先入観を無くして自分を観察する姿勢が一番なのです。

華やかな騒がしさで自分を誤魔化していても、パーティの後の寂しさを生み出すだけです。

そういう人は、いつも仲間がいないと不安になります。

やたらと能動的になる姿勢は、何かへの反発からくるものです。

そして反発する対象がなくなったら、すぐに力を無くしてしまいます。

相手が謝ってきているのに納得しない怒った子どものように、いつまでも怒り続けるために、別の反発する対象を探し続けることになってしまいます。

ありのままに見るには、受動的な観察が必要なのです。

相手ありきの反発を捨てて、自発的な姿勢を生み出すことが必要です。



だれかを悪者にしたいと思っているのなら、まだ認めていない自分がいるということです。

敵を想定しないといけないようでは、本当の改革は出来ません。



自分自身で考えるには、一人静かに自分を振り返る時間が必要なのです。

ありのままに、受容的にです。

☆~必ずヒントが見つかります⌒☆
メルマガ購読・解除
 
ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体


スポンサード リンク









いまここに、何も問題はない

8d1b938d06e7f147393db4e715fb125c_s.jpg


私たちが何かを考えているときとは、行為がそれだけで完結しないで、残存物が残っているときです。

たとえば、朝起きてから、自分が今までに何を行ったのかを思い起こしてみてください。

たいていのことは、ただ習慣的に無意識のうちに行っているでしょう。そしてそれらのことは、いちいち何をやったか名度覚えてもいないでしょう。

行為の結果としたなにか証拠が残っていれば、それから何をしたかを思い起こすことができるかもしれませんが、必要もないのに何を行ったかを考えたりしません。

行為が完結していないときだけ、どうしようかと考えるわけです。
そして、いつまでも問題としてのこったり、自分を悩ませるようなこととは、いつまでも解決できないで、それを考え続けるからです。

いいかえれば、たいていの問題とは、どうしようもないことを、何度も思い出しては、考えていれば何とかなると信じて無駄な足掻きをしているようなものです。

問題を抱えたり、悩んでいれば、そのうちいい結果が生まれると信じ込んでいます。

しかし、それが難しいことでも、やさしいことも、それができることなら、いちいち問題化しなくても、気がつかないうちにやり遂げているものです。

それが自分にできることなら、そして自分がやることになっていることなら、任せておいてもそれらは実行されます。
いちいち考えるべき問題だなどと言いながら、いまここを離れて思い悩むこともないのです。

信頼して、やることはすべて自動的になされていると思えるとき、心は穏やかで、いまを離れて思考に入り込むこともありません。

また、考えてもどうにもならないことは、無理やりどうにかしようと思わずに、そのまま受け入れることです。

たとえば自分の身体の中の働きをいちいち考えないように、またそれがそうであることをいちいち思い悩まないように、そのまま受け入れていることを思い起こしてください。

それと同じように、変えられない出来事は、ありのままを受け入れることで、それを終わらせることができるのです。
やがては、それらは当たり前のことになり、思い起こすこともなくなるのです。

考える必要があることなら、わざわざ気にしなくても、今までの経験や記憶から知らないうちに解決してくれるでしょう。
実際いに、毎日多くのことを知らないうちに成し遂げているのですから。

いま出来ないことや、手に入らないことは、まだその機会が来ていないか、そもそも必要のないものなのです。

そのことが理解できたなら、「いまここには何も問題などない。」という言葉がそのまま受け入れられるようになるでしょう。



☆~必ずヒントが見つかります⌒☆
メルマガ購読・解除
 
ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体


スポンサード リンク









sidetitleブログ紹介sidetitle
☆メルマガ始めました☆
まぐまぐ!さんでメルマガを発行しています。
ブログよりも早く最新の原稿をお送りします。
またブログ過去記事の解説なども、より現実的な解決を踏まえて書いていきます。
メルマガならではのメリットも合わせてご利用下さい。
週1~数通のペースになります。
メルマガ購読・解除

 


音声でのご相談も行っています。
メディア心理相談~音声による相談、画面であなたに必要な言葉をお送りします

☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロマガ購読者向けメールフォームsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX